News Ticker

大山ヒルクライム

会社に入ってからの自転車に乗り始めたきっかけは、皆でGWに「しまなみ海道」を走ることだった。現にコレまでのGWはしまなみ海道や小豆島、そしてとびしま海道などの瀬戸内海周辺を走ることが多かった。

この時期に海岸線を走ること最高!!と思っていたのだが、今年は前述の東京旅行の為に会社のしまなみ海道は行くことが出来なかった(結局は雨天で中止になったようだが・・・)

 

それならと、乗鞍ヒルクライムに行くメンバー4人(Fさん、Oさん、Yさんと私)で別の日に登坂練習をしに「大山周辺」に行ってきた。

集合は鬼のトイレが目印の「溝口展望駐車場」 1 ここは溝口ICからすぐの場所にあり、集合場所としては最高。 1 (1) 遠くに大山を見ることができる良い場所。

この場所からの眺めが富士山の形に似ていて「伯耆富士」と呼ばれているそうな。何処の場所にもこのような呼び名は多くあり、大分の由布岳は「豊後富士」と呼ばれている。

ルートはここからちょっと上り、東のほうに進む。その後にヒルクライムの開始となり、大山寺まで直登。その後は大山の西側を走るルート。   1 (2) ここの坂は平均で7%くらいで標高差約500mをのぼる 1 (3) どんどん近づいていく。

まだ雪が残っているんだな   そして、疲れながらも大山寺付近に到着 1 (4) 1 (5) さすがにここまで来たら寒かった。長袖で良い感じ。

会社の保養施設が大山にあり、過去に二度ほど大山頂上まで上ったことはあるが、いつも夏だったのでこの時期に雪が残っていることに驚愕する。 大学時代には、蔵王や谷川岳でGWスキーをやったことはあるが、鳥取県にもこの時期に雪があるとは・・・

走っている途中で、残雪でスノボやってる人らもいた   ここからは西に進路を変えて、大山の西側を走り、幾つもの沢を越える 1 (6)     途中の展望台では大山を見るために多くの車やバイクが集まっていた。 1 (7) 1 (8) ちなみにOさんのバイクが変わっていた(驚)

以前もTREKだったが、今回もTREK。 色が昔からの希望だった「黒一色」。あまりの変化の無さに最初は気づかなかった。

バーテープを変えたと聞いていたのだが、あれはマヤカシだったみたい。

確かにバーテープは水色のツートンカラーになっているが、それ以外も変わっているとは・・・。

 

この場所を更に下った後は、この道の一段下を駐車場まで戻るルート。ルートを考えるときには、「下るだけ」と聞いていたのだが・・・

「全然、違った・・・orz…」

アップダウンがあり、中々進まない。でも、今日の前半に7%くらいの坂を登っていたので、2−3%の坂は平坦に見えるマジック!! 坂よりも向かい風のほうがきつかった。

そして到着。 距離:約45km 獲得標高:約1400m 7月に向けて更に練習しなければと思う今日このごろ。 体重も減ってないし。

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す