News Ticker

SRAM REDへのビッグプーリー取付

梅雨の時期、みなさんどうお過ごしですか?

 

私は、(自分を鍛える以外の方法で)どうやったら自転車を速くできるかを日々考えています。

いろいろとネット上を彷徨うこと数週間、ある方のブログで「ビッグプーリー」なる物が流行っていることを知った。この改造により6Wも軽減できるようです。パワーメーター無いのでその程度がどんなくらいかは全く分かりませんが。

 

原理としては:

チェーンの走行を考えると・・・

1. プーリー部分の回転数が最も高く、プーリーの直径を大きくすることでプーリーの回転数を落とし、その部分の回転抵抗を小さくすることができる。回転抵抗の低減に関しては、セラミックベアリング等の低抵抗のベアリングが使われる所以ですね

2. プーリーの直径が小さいことで、テンションプーリー部分はチェーンの抱き角が大きくチェーンが急角度に曲がっている。このことでチェーン自体に抵抗が生まれてしまう。コレについてはチェーンのピンの間隔を短くすることで抵抗は軽減するであろうが、ロードバイクに適用することは出来ない。

 

と言うことで、テンションプーリーの直径を大きくすることに行き着く。これはフルームやコンタドールらプロの選手たちも愛用する手段だそうだ。

 

ただーし、

 

市販されているビッグプーリーキット(BERNER、CDJ)はとても高くウン万円もする。上記のような説明だが、実際に効果があるかどうかわからないものに投資することは無理。

と言うことで、更に調べてみると「SRAMのリアディレイラー」にはなんの小細工も無しに「15Tのプーリーを取り付けることができる」と言う記述を発見。

と言うことで、毎度のamazonさんでKCNC 15Tを購入。

1 (1)

早速、プーリーを箱から出してみる

1 (2)

何とかなりそうな予感。でもぎりぎり。

従来からあるプーリを外して比較するとこんなに違います

1 (3)

プーリーは奇数が良いらしく、右側が11Tで左が15T。この間には13Tがある。

そして取付

1 (4)

意外とすんなり取り付け完了。

でも、、、

この後、、、

チェーンつけたら、、、

見事に右下部の爪と干渉しました orz…

 

と言うのが、前述した「ジョジョジョさんとの初ライド」前日のお話です。

ジョジョジョさんからのメールを発見したのが朝3時。それから急いで従来のプーリーに取り替えてライドに出発しました。

 

このプーリーをどうしようかと悩んでいたが、改造魂に火がついたままでお蔵入りさせることは出来ない。

私は過去から周りの人がしないことをするのが好きでした。シマニョーロやってみたりFOCUS Izalco買ってみたり、その他にもいろいろと。

と言うことで、改善策を探していきます。

 

またここでもGoogleさんやYahooさんのお世話になり、SRAMにビッグプーリーを取り付けた人の写真をよく見ると、チェーンと干渉していたツメ部分が折れ曲がっていることに気づき、やはりそこは何とかしないと取付ができない事がわかった。

でも、ここでも関門が出てくる。私のSRAM REDのこの部分はカーボンで出来ている。折り曲げたら割れてしまう。無理にやっても良いが、どんな悪影響が出てくるかわからない。

 

解決策を寝ずに考えたところ(嘘)、解決するかわからないが削るしか無いことに行き着く。

1 (5)

夜なべして削っていきます。

爪の肉厚は当初4mmくらい有ったものを、確認しながら2mm弱まで削ります。

 

そして完成

1 (6)

ガイドプーリーとの隙間も大丈夫

チェーンを空回ししても外れることはない

チェーン回転中にリアディレイラーを動作させてもチェーン落ちはない

 

いずれも、負荷のない状態での確認だが意外といけそう。

1 (7)

爪とチェーンまでの隙間はギリギリだが、何とかなりそう。

でも、ここでも一つの疑念が浮上する。当初の原理のところで、ビッグプーリーを取り付けることでチェーンの曲がり角度が小さくなって、そこから発生する抵抗が小さくなる。というのが有ったのだが、テンションプーリー部分の角度はたしかに小さくなっているのだが、ガイドプーリーとテンションプーリー間の角度が増している感じがするのは私だけであろうか?

 

まあ、なんにせよ改造が終わったことで満足です。そして、これで少しは抵抗が減ってくれると大満足です。

1 (8)

 

外に走りに行ってその感触を確かめたいが、今は雨が降っていて無理なんで、その感触と不具合については走った後に追記します。

 

さあ、乗鞍まで3週間。

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す