News Ticker

備前♥日生大橋

備前♥日生大橋。

 

何故、♥があるのか?理解に苦しむ今日このごろ。

 

年始から連続していた出張の嵐も終焉に近づき、23日に会社の仲間らと自転車に乗ってきた。

これまで満足した練習もできていないので、リハビリ練習と言うことで時々追い込んだり休んだりしながらとなる

 

場所は、冒頭にもある「備前♥日生大橋」

ここは岡山県にある瀬戸内海に浮かぶ鹿久居島と日生をつなぐ橋である。結構前から工事はしていて、この4月にめでたく完成。

 

仲間の多くは吉永町に集まり日生まで走ってくるが、私は自宅から直接来たほうが早いので日生に直行。

P1010210

久々にこの峠走った気がする。全く走っていない脚が既に悲鳴を上げている

 

日生には9時半頃集合だったのだが・・・、ちょっと早くついてしまったので「五味の市」の直前にある山に上ってみる

P1010211

ここは橋を見ることができるのだが、橋を終えた後に坂が見える。

P1010213

会社で聞いた話によると、橋−鹿久居島−頭島と結構アップダウンがあるみたい。

山を降りる途中には猫隊長が出迎えてくれた

P1010219

なにか良いことがあるかもしれない・・・

 

 

その後、集合地点である五味の市に到着。

今回の参加者は、Oさん、Yさん、Kさん、YM−Y君、F君、YM-S君、私の7名

Kさんは、私が自転車を再開した頃にはマウンテンバイクに乗っていて、その後は小休止をしていたが最近になってロードを購入。久々のポタろう会です。

 

そして、五味の市から橋に向かって走りだす

途中で皆で写真撮ったり、自分だけで写真撮ったり

P1010227

 

そして、入り口に到着

P1010228

 

看板があったのでなにげに撮したが、これCGだった。しかも、海に橋が映るようにしている芸の細かさもある

 

P1010229 P1010231 P1010234 P1010235

 

まだ新しいアスファルトの匂いがする橋を走り、その後一旦下りとなる。

ちなみに、写真の正面右側に上っている道を見ることができるのだが、一旦下ったあとにあの坂があるので、見た目よりも上る必要がある

 

で、ここで、ビックリすることが発生した。

なんと、YM-Y君のチェーンが切れた。

 

昨年の日生ライドではYさんのタイヤが破裂するというビックリなことが有ったが、今回はチェーンである。

幸い、ミッシングリンクを持っているので。と思い、結合に必要ないチェーンを外そうとしようとするのだが。。。

P1010240

P1010239

 

全く切れん。

(人力で外れるようでは危なすぎる気もするので、ここはひとまずあきらめる)

 

これではミッシングリンクも意味が無い。ここで学んだことは、自分が装着しているミッシングリンクが壊れた時には予備のミッシングリンクが役に立つが、通常のチェーンが切れた際には、やはりチェーン切りが必要だってことです。

しかも、最近のミッシングリンクはちょっと固いのか素手では結合が困難なこともあり、ペンチも持ち歩かなければならないのかもしれない。

 

いろいろ知識はあるのだが、結局は役立たずだったことを詫び、YM-Y君をその場に残し、短い時間の頭島ライドを決行

P1010241 P1010243 P1010242

 

鹿久居島も頭島もまだまだ探索できるところはあると思うので、次の機会に残しておきます。

 

そして、Yさんの車でYM-Y君をピックアップし、五味の市に戻って昼食とした

P1010248 P1010249

 

昼食の際に、橋の名前を写真に撮ることを思い出したので、そのまま吉永に向かう皆とは別れて私だけもう一回橋に上ってきた

P1010252 P1010250

 

やっぱりがある。

 

但し、英語名では「Bizen Hinase Bridge」であり、♥は無かったことを付け加えておく。

 

練習不足を痛感するポタリングだった。一緒に裏乗鞍に参戦するOさんにも全くついていけず、2ヶ月弱の更なる精進が必要と考える

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す