News Ticker

PINHEAD LOCKS:ホイールをロックする事による効果

ホイールのレパートリーも増えている今日このごろ。

 

坂や決戦時には「Fulcrum RACING ZERO」

坂がない時には「Fulcrum REDWIND XLR」

ポタリングや練習には「Campagnolo ZONDA」

 

と言う様に使い分けを考えているが、レーゼロばっかになりそうで怖い。でも、ブレーキシューの減りが予想以上なもんで、できるだけ使い分けるほうが経済的な感じを受けている。

 

で、こんなホイール事情なんで、ホイールの盗難があったら目も当てられない。もちろん一番大事なのはフレームなのだが、ホイールももちろん大事。

 

と言うことで、駐車時には以下の3点セットを基本としている

  • 地球ロック
  • ダブルロック
  • ホイールにまでももちろんロックを通す

でも毎回ホイールまでロックを通すのは時間がかかってしょうがない。

 

と言うことで、今回はホイールをロックするものを購入してみました

その名は「PINHEAD LOCKS」

P1010185 P1010184

簡単にいえば、クイックリリースを鍵付きにしたもの

P1010187

このセットには専用のクイックリリース前後用とシートポスト用、そして鍵が付いている。

 

FULCRUM専用のクイックリリースから変更することには気がひけるのだが、そのホイールを守るためにもしょうがない

これがクイックリリース。

P1010191

棒とワッシャと何かの固定治具みたいなもの

片方に鍵穴(?)みたいな部分がある

 

これが鍵

P1010192 P1010193

左側の円筒形の部分をクイックリリース部に押し当てる形になる。ここが、個々事に特殊な形状になっていて、鍵の役目を担っている。

ちなみに、右側は栓抜きの様だ。最近栓抜き使ってないけど、これからの自転車に乗っている時に一度くらいは遭遇してみたい。

 

そして、取り付け方は

もとのクイックリリースを

P1010194

 

外して抜く

P1010195

P1010197 P1010199

そこにスペーサらしきものをハメる

P1010201

次に回り止めのようなものをハメる

P1010202

次にワッシャをハメる

P1010203

ちなみにこのワッシャは凹凸があり、かならず凸面を外側にすること

 

そして最後に鍵部を取り付けてロックする

P1010205

ここで注意しなければならないのは回転角度。

最低でも半回転(180度)回すこと。

最大は1回転半(540度)まで。それ以上は回さないこと。

私は1回転にしましたが、固定状況を見てコントロールするようにします。

 

逆から見るとこんなかんじになり、ナンカ変なスッキリした感じになった。

P1010209

ちなみに純正からのクイックの変更は固定が悪くなることも予想されるため自己責任にはなります。以前も会社の自転車乗りの先輩がサードパーティ製に変更した後、走行中にリアが外れることが有りましたので注意が必要。

 

最後に、この鍵は世界でただひとつの形とは言えないが個別番号が振られているので、そう簡単に同じ鍵形状のものは無い

P1010190

逆に鍵がなくなったら大変なので、直ぐにこのURLに行って登録しなければならない。ここではスペアキーも売っているので、時間とお金の都合が合えばもう一つ買ったほうが良いかも。

 

これでホイール盗難にはある程度の効果を示すことができるかもしれない。但し、これも気休めではあるので、地球ロックとダブルロックをやめる予定はない。

 

ただね、レースとかだったら普通のクイックリリースの方が良いかも。パンクしたらめんどくさいし。でも、最近はレース会場でも盗難があるようなので、ちょっと純正に戻すのはためらうね。

 

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す