News Ticker

小豆島 寒霞渓に上ってきた

6月14日 に小豆島に行ってきた

ルートは2011年11月と同じ、

日生港〜小豆島 大部港〜寒霞渓北から直登〜小豆島北東部〜大部港

 

今回の同行者は、ジョジョジョさんとそのお友達で1年ぶりにお会いしたTさん。

Tさんとは1年ぶりですが、前回はちょこっとしか走ってはいないので、今回のような距離を一緒に走るのは初めてです

 

日生港に7時に集まり、7時半のフェリーに乗り込む

P1010308

 

約1時間のフェリーに揺られ到着したのが大部港。

P1010310 P1010311

 

フェリーの中でもルートについて話していて、寒霞渓を直登するのか、北東を走った後に寒霞渓にするのかを迷っていた。

結論としては、初めに走ったほうが脚が疲れていなくて良いかもということであった。

 

と言うことで、坂をいきなり上ってく。奇しくも2011年の時と同じだが、今回は赤穂から日生までのアップを行わなかったこと。文字通りにいきなりである。

昨日に走った「七曲り」のダメージが残っているようで、初めはユックリと上っていく。特にこのコースは頂上までの約9kmのうち、初めの5kmの斜度がキツく、あとがゆるやかな上り。

裏乗鞍の短縮版ということで、初めはとばさないように慎重になったほうが良い

 

そして上っていって

P1010312P1010319 P1010316 P1010313

寒霞渓近くのT字路に到着

P1010320

前回は・・・この場所に猿がいっぱいいて恐怖を覚えていた

でも、今回はいない。全く。どうした猿。

 

その代わりに霧がかかっている。

本日が来るまでに天気予報とにらめっこしていたのだが、徳島県より南は雨が降っていて、この小豆島も元々は天気が悪かった。

 

その梅雨前線の北の雲が小豆島にかかっていて雲 or 霧になっているみたい。

 

当然、寒霞渓でも

P1010322

全く見えん。何もかも見えない。

 

ということだが、とりあえず記念撮影して

P1010325 P1010326

南側に下る

ちなみに、寒霞渓では標高700mもあり、その霧の存在により結構寒かった。でも、南に下るにつてどんどんと蒸し暑くなってくるのが分かる。

 

完全に標高0mになってからは、まずは醤油ソフトを食べに行き

P1010332 P1010331 P1010327

その後は、草壁港まで戻り「三太郎」にてうどんを食す(写真なし)

讃岐うどんみたいなコシはそこまで無いけど、のどごしがツルッとしている。また食べたい食感。

 

昼食が終わったあとは、小豆島の北東部を走る

P1010333 P1010334

 

とりあえず南風台で記念撮影し、福田港に向かう。福田港はジョジョジョさんが来たかった場所。←その理由を、そのうちジョジョジョさんがブログに書かれるのではと思う。

 

彼が写真を撮ったりしているうちに、私は食い気に走る

P1010337 P1010338

焼きたてちくわは熱かった・・・

 

そこを後にして、

P1010340

ひたすら走り大部港に帰還、フェリーにて日生に帰る

 

Tさんは寒霞渓やうどん屋でおみやげを買い、バックパックに入れ、それを担いで走っていた。かなりの重量はありそうだが、それでも私と同じような速度で走っていたので脱帽です。かなりの確率でジテツウされている実力が出ていると思う。

 

ジョジョジョさんも、毎日にようにローラーに乗っているようで、1年前よりも確実に速くなっていることが分かる。

 

今後も3人でどこかに走りに行くことを約束し、今回のライドが終了。

 

 

と言うことで、次はアワイチ(?)

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す