News Ticker

ロードバイク 布教の会 in 淡路島

ある日、TさんからのFacebookの投稿で・・・


今週の土曜日は、最近ロードバイクに興味を持った女友達と淡路のイザナギコースをユルユル走る予定です。彼女はロード初めてでバイクもレンタルです。ロードバイクの魅力を伝えて、女性ローディー誕生!って流れにしたいので、当日お時間ある方いらっしゃいましたら、一緒に自転車の魅力を伝えてくれませんか⁉︎


という内容が流れてきた

 

ロードバイクが初めてで、イザナギコースがいくら平坦とはいえ約55kmを走破するなんて・・・

ちょっと不安だったが、布教活動には参加せねばと思い、会社の後輩のA君(乗鞍にも上った期待の新人)を誘い、淡路島まで車を走らす。

 

集合場所は「Bicycle Hub Awaji」

P1030513改良

淡路島唯一のロードバイクがレンタルできる場所。

 

そして、そこには初見で55kmは走りそうにない、とてもキュートな女性が居た。ますます不安になる私。

この時、うちの嫁さんよりも走らないんではないか・・・と思った。

(昨夏、嫁さん用に自転車を買ったものの、玄関のオブジェになっていますが・・・)

 

でもサイクリングウェアに着替えると、ローディーに変身です。コレでやっと半分くらいは大丈夫かという気になってきた。

 

 

その他の参加者は、淡路島を知り尽くした漢:「ずーたにさん」

はじめまして m(_ _)m

乙女な膝をお持ちだということですが、大きな荷物を持って大阪から自走で来るのに「乙女膝ですか?」

 

あとは布教活動 主催者のTさんとそのご家族。奥様のサポートカー有りということが非常に素晴らしい!これらのサポートにより、更に走行距離が伸びる気がする。

 

 

このメンバーで10:30スタート、17:00までに返却を目指して先を進むことにする


Hさんは普段も自転車は乗らないということで、最初の方はとてもぎこちない。

P1030516

しかも、レンタル屋さんではアームカバーが無かったことから、日焼けの心配が・・・

われらオヤジ軍団は日焼けなんてあまり気にしないのだが、日焼けすると疲れてしまうので皆アームカバーを装着している。でも、Hさんは持っていない・・・

と言うことで、ずーたにさんが先を走り、アームカバーを買ってくれることになった。幸い、レンタル屋の近くにはお店も多く、直ぐに入手することが出来たみたい

 

そして、贈与式が始まる

P1030519改良2

これで日焼けの心配もなくなり、先に進む。

(この後には、ずーたにさんからのサドルクッションの贈呈式も行われました)

P1030520 P1030529 P1030526

海沿いは良いもんです。

水は綺麗で風も気持ち良い。と言うことで最高です

P1030533改良2 P1030535 P1030534

この頃になると、Hさんの走りも安定し、トラブルがなければ走破できそうな感じがしている。

だが、問題は暑さである。この日の淡路もとても暑く、適度な休憩が必要となってくる。

 

淡路島の東側を堪能したあとは、淡路島横断のために西に進む

が、

その途中にある「たこせんべいの里」は外せない(らしい)

P1030538

多くの観光客を飲み込み、たこせんべいを売る建物。ココでは買わなかったがこの辺りはやはりタコが有名なことには間違いがない

ここで結構休憩した後に、近くにあるレストランで昼食とする

P1030542

10:30頃に出発したはずなのに、まだ20kmにまでも届いてないのに、もう13:30である。昼食を食べたとはいえ、ちょっと遅れ気味?

まあ、遅れそうになったら今回はサポートカーもあることだしと、ずーたにさんの助言でこの旅を楽しむことにする。

 

旅を楽しむということで、近くにある「伊弉諾神宮」もお参りする

P1030549改良 P1030554 P1030544

伊弉諾神宮での「ポケモンGO」はダメらしい。文章もちょっと事務的?

まあ、しょうがない。別にポケモンGOの中毒者ではないが、もうちょっとこう「ウィットに富んだ表現」がほしいところだ。

 

この場を十分に楽しんだ後は走るだけである。

この場所まで、20kmちょいを3時間半走る。

と言う事は残りの35kmを3時間で走らなければならない(レンタル屋のCloseが17:00なため)

これまでの平均時速は約21km/hrなことを考えると、休憩を含んでなんとななるレベル。もちろん余裕はあまりないが、淡々と走る必要はある。

 

と言うことで、西側の海水浴場やアナゴ焼きには目もくれず、淡路島西側を北上する

P1030573

P1030575改良2

この辺りになるとだいぶ余裕が出ているのだが、それはずーたにさんの適度な休憩提案のおかげであり、私は後ろからギアがどうかとか、ケイデンスがどうかとか言っているだけであった。あまり役にはたってない気が・・・

 

せっかくのカメラ係を志願したのだが、後半はその回数も少なくなりダメダメになっていく。

 

 

で、ここでHさんが何故ロードに乗ってみたいと思ったか?だが、

それは弱虫ペダルの影響だそうだ。その影響は計り知れなく、ロード乗りが増えていっている事実はあり、とても良いことだと認識

私が子供の頃は「キャプテン翼」がはじまったばかりであり、その影響でサッカーを志す人が多かった。大学の頃は「スラムダンク」の影響によりバスケが流行り、そして今は「弱ペダ」の影響でロードが流行る。

とてもよい流れだとは思うが、ケイデンスを120以上にしたってあまり意味が無いのではと思う今日このごろ。ものすごいパワーがなければ空気を下に押しているだけであるのに。

 

 

まあ、そんなことを言ってもしょうがないので先に進む

P1030577 P1030584

淡路島北端に近づくと、Tさんの目が輝き、A君の提案により「松帆の郷の坂」を上るが、A君に負けたorz…

2度ダンシングで抜こうとするも、若いパワーで被せられて終了。

 

まあ、良い

今日はサポートである・・・

私よりもサポートに徹したずーたにさんは、一足先にフェリーで「だるま珈琲」に向かう

 

 

 

そして、淡路島の北端を過ぎ、岩屋港の横を走る頃にはある程度余裕を持ってゴールすることが確実になった。

明石海峡公園付近では「フェス」が行われていた見たく、ものすごい大きな音の音楽が流れていた。それはそれで非日常で良かったが、付近の道路にはコーンが等間隔で置かれていて走りにくかったみたい。

その為、HさんはA君と楽しくおしゃべりしながらサイクリングを楽しんでいる。また、先行したTさんが記念撮影をしてくれたりし、ゴールに近づいてもなお、サイクリングの楽しみが継続している事がわかる

 

で、最後くらいはカメラ係になろうということで、先にゴールしカメラを掲げる

 

 

 

 

そして、ラストスパート!

Tさんの追い上げ(後ろ)にも屈せず、Hさんは笑顔でゴール!

P1030586-Edit-Edit-Edit-2改良2

元気だ!

自分が長距離を初めて乗った後はこんなに元気であっただろうか?と思う。Hさんに会った際には「大丈夫か?」と思ったことを恥じている自分がいる。

信念(執念?)があればだいたいのことはできることが証明された。これが弱ペダ効果か?

 

 

走行距離 :約55km

走行時間 :約6時間30分(休憩込み)、約3時間(実走行時間)

平均時速 :19km/hr

 

ゴールした後は、ずーたにさんが先行していた相生の「だるま珈琲」に向かい、そこでも美味しいコーヒーを飲みながらの自転車談義、筋肉談義を楽しみ、その日の旅が終了した。

Hさんには、今後のことについては「ゆるり」と考えて貰いたいものである。

 

 

今日の淡路は熱かった!色んな意味で。皆さん、またどっか行きましょう!

 

※ 9月にも北淡を再訪します!

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す