News Ticker

フレンチプレスで珈琲を飲みはじめた

これまでにも珈琲を飲んではいたけど、もっぱらインスタント

最近はインスタントを使った「バリスタ」で飲むだけで十分な感じがしていたが、こんぴらさんに行った帰りにコーヒー好きの先輩に連れられてコーヒー豆(この時はお店に挽いてもらった)を買い、先輩に方法を教えてもらうことで珈琲にも興味を持ってしまった

 

と言うことで、まずはお買い物

 

淹れ方はフレンチプレス。これで珈琲の油分も取り入れることにした

 

コーヒー豆を保存し、家で挽いたほうが長持ちするし、匂いも良いとのことなので、手動ミルを購入

電動のほうが楽だけど、時間に余裕がないときはインスタントで済ますので、取扱も簡単で電動カッター方式よりは珈琲の状態が良い手動に決定

 

次はヤカンである。家にも普通のやかんはあるが、如何せん注ぎにくい。

と言うことで専用のヤカンを購入。これがスグレモノで注ぎ口が細く、先に出ているので普通のヤカンよりも使いやすい。カップラーメンにお湯を注ぐにも重宝することがわかった!

 

最後に、コーヒーかすの処理やハンドドリップをしてみたくなることを予想し、この容器も購入。珈琲が冷めたとしても電子レンジ対応なので、直ぐに温めることができる。

でも、淹れたてを飲んだほうが良いとは思うけど。

 

さて、次はコーヒー豆である

先週に急遽決まった東京出張の際に買ってくることも考えたが時間が無かった

で、途中下車する姫路で購入することも考えたが、よくわからんかった。

 

最終手段として赤穂のお店で調べたら・・・、家から歩いて行ける距離にコーヒー豆を販売しているお店があることがわかる。いつも、会社に行く時に前を通っているところだった

そこは「菫屋珈琲房」。ずーっとドッグカフェだけだと思っていたけど、今はコーヒー豆販売だけみたい。

そこで、いろいろ聞きながら、種類の異なる豆を購入

 

————————————————————————————————

そして、ついにコーヒーを淹れる時が来た

まず、豆を計量。今日は酸味がある「サンディエゴブエナビスタ」

いろいろなサイトで調べて、フレンチプレスではお湯100mlに対して、大体5gの豆を使う

今回は500ml用意するので、25gを計量

 

それをミルに投入し、お湯を沸かしている最中に手動ミルでゴリゴリする

この挽いた直後の豆から出て来る匂いが何ともいえない。

この匂いだけで珈琲を入れる事の半分を満足している気がする

 

それをフレンチプレスの容器に入れて、お湯を入れる

が、まずはちょっとのお湯を入れて30秒間蒸してみる

ガスがよく出ているのが分かる。先々週にお店で挽いてもらったのはここまで膨らまなかった。やはり挽きたては違うのか?

 

30秒が過ぎたあとはお湯を最後まで注ぐ

そして、お湯を足し始めてからの全工程で4分間が経つのを待って終了

 

これまでに家で飲んでいたものよりも香りも味も良い!

 

ただ、好みを考えると、まだまだ始めてばかりなので、珈琲の深い味は分かんないけど、やはり酸味は無い方が好みかもしれない。

 

他の豆も試してみよう!だれかおすすめの豆とか教えてください!

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す