News Ticker

ZWIFTER となる為にELITE DRIVO購入

2月某日、人間ドックで「脂肪肝、血液悪し」との診断を受け、日々の運動を指示された。

毎回のことなんであまり気にはしていないのだが、その後に訪れたタニタ食堂→タニタの高性能体組成検査器にて、筋力量は人並み以上にあるものの、脂肪量も人並み以上にあることを再認識させられた。

ここ数ヶ月は仕事が忙しく、唯一の土日も体調を整えるくらいしかできていない。

 

 

平日も運動しろという医者の言葉を真に受けて、ずーっと考えていたELITEのDRIVO購入に踏ん切りがつく形となった

ダイレクトドライブ方式で音が比較的静かで、ZWIFTでは自動で負荷が変動してくれるすごいやつ。

 

さあ、購入しようと思ったのだが、国内の人気は凄まじいものがあり、今予約しても4月末に届けば良いくらいらしい。それでは遅すぎるというわけで、一抹の不安があるものの海外から購入することとした

ただ、wiggleは取扱なし。CRCは高いと言うことで日本語が通じるところは全滅。次は最近のお気にであるEvans Cyclesここにはある。しかも値札的にはそこそこ安い

 

と言うことで2月22日(水曜)に購入

すぐに処理されてドイツと中国を経由して、24日の金曜日には関西に到着→送付のために移動となった

 

ただ、結局土曜日には受け取れずだったが、日曜日の午前中に受け取ることが出来た。

ちなみにかかった費用は、本体+輸送費(結構高い)+関税で、日本で買う最安値のところと同じくらい。壊れたときの保証のめんどくささを考えると、メリットは直ぐに手に入れることができるくらい。

日本に在庫があるなら、そっちで買ったほうが断然良い。

 

 

で、開梱だが・・・

でかくて重い箱

ANT+ USBドングル 

ELITEのPC向けアプリ。ただ、残念ながらAPPLEには使えず

ケイデンスセンサー。ただ必要なし

Evans Cyclesは英国のお店なんで、コンセントの形が日本とは異なる

なので、

これを別途購入。

 

ついでに、クイックリリースが付属していないので、ミノウラのトレーナー用も購入

 

さて、次は取説と金具

ヨーロッパからの購入なんで、取説には日本語は含まれていない(泣)

英語を読むしか無いが、親切にも絵で示されているので、わかりやすい

 

本体はこんな感じ。バカでかくて困惑するレベル

 

なお足の部分は後付なのだが、イタリアン精神が存分に発揮されていて、製作が適当過ぎる。

この中央部にバーをはめ込むのだが、全然はまらん。

根限りの力を入れることで、なんとかセット完了。

 

 

後は音と振動対策として、上から

「自転車」

「手作り防振ゴム」

「コンクリート(汚れ対策として紙で覆う)」

「マット」

とした。

これで階下(設置場所は2階)のリビングや玄関に影響が出ないことを祈る。

 

さあ、やっとこれでZWIFTERとしてRide-onできる!

 

 

あ、ちなみにZWIFTにつなげる前は、負荷がむっちゃ重いです。

おそらく保管や移動中に動いて壊れることを防止するためにわざとに負荷が重くなっていると思うのだが、逆に重すぎて壊れてるのではないかと心配になるくらい。

でも、ペアリング出来たら軽くなるので無問題。

 

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す