News Ticker

小豆島 ダムカード 収集ライド(試走)

6月と7月は忙しく自転車に乗る時間もあまり取れなかった・・・

 

特に7月は殆ど乗っておらず7月末でやっと一ヶ月ぶりの自転車って感じだった。こりゃいかんということで忙しかった分の休みを火曜日にとり、ちょっと小豆島まで行ってみた

 

今回は1人での小豆島であり、いつか行くであろう友達とのライドの為の試走ってなかんじで計画

目的:小豆島内にある4つのダムカードを集めるルートを開拓し、それにかかる時間を計測する

 

スタートは日生港 7:30発のフェリー

約1時間の船旅の後、大部港から時計回りに島を回る。約9kmの海沿いを走ったあとからダムに向けての坂を上る

 

一つ目は吉田ダムである。小豆島の外周を走っている時から気になっていたダム

なにせ高いらしい。香川県にあるダムの中でも有数の高さを誇る場所

坂を上った先に管理事務所があるので、そこでカードをゲット

そしてここには変わった像があり、目を楽しませてくれる。

自転車と比べると大きすぎで、二つ上のダム全体を写した写真の端の方にもこの姿が見えるレベル

 

一つ目のダムはクリアということで、更に坂を上る。5月にも2度ほど上っている坂だけど、今日は見晴らしが悪い。

というか何も見えん。見晴らしが良い時期だったら、この先に淡路島が見えるはず。日差しがないんで暑くなくて良いんだが、せっかくの眺望が楽しめない。と言うことで、今日は寒霞渓や四方指はパス。

と言うことで、今回は南側に下る

 

この日は平日なんで観光客も少なくて走りやすい。休日なんて、この南側から上る道路は乗用車やバスが多くて走りにくいのだが、この日は全く出会わない

 

どんどん下っていっていると、2つ目のダムが見えてくる。

それは内海ダム。はじめて小豆島に来たときにはまだ作っていた場所。昔にはもうちょっと小さいダムが有ったけど、更に大きくしたのがこのダムになる

 

このダムの見所は長さ

なんて呼ぶのかがわからないが、このダムの上のところが長すぎる。その入口には「自動車、二輪、原付き 走行禁止」と書かれている

自転車は?2輪の一部?と頭をかしげていたのだが、それまでに休憩らしい休憩を取っていなかったので、自転車を押しながら端から端まで歩く

この先にはお兄ちゃんが釣りをやってた。

歩きすぎて足にダメージが残ってしまったが、3つ目のダムに向かう

 

 

3つ目のダムはここからかなり近い

ちょっと古めであまり見所がない粟地ダム。ここは最近によく行っているヤマロク醤油やなかぶ庵を更に北に行ったところ。こんな所にダムがあるとは気づかなかったレベル

 

次は最後の4つ目だが、ここからはちょっと距離がある。オリーブ園付近を通ってそのダムの近くまで行くのだが、興味本位にいつもと違う道を走ったら坂が・・・。いらぬところで力を使い果たす。景色も悪かったし、もうここは一生走らん

気を取り直して、いつもの展望台から。

 

ダムまではちょっと坂があるけどユックリと上る

そして殿川ダムに到着。ここはこまめ食堂のちょっと上にあるダム。ダムの下からは管理事務所がどこにあるのかが分からず、違う方に行ってしまい、それを解消するためにシクロクロス的な動きで長い階段を上ってしまった。ここでも無駄に足を使う

 

朝8:30頃から走り始め、4つのダムをクリアした時点で11:40。約3時間でここまで達成。あまり休憩はしていないので、他のメンバーと走る場合はもうちょっと時間がかかると思われる

イメージが湧いたので、ご飯でも食べて帰るかと考えた。

 

が、こまめ食堂が開いていない・・・。

元々火曜日が定休日であることは知っていた。が、HPにあるこの日の日付を見ると休みのマークが付いていなかった。もしかして夏休み臨時開店かと一縷の望みを持ってお店の前に来たのだが、やはり定休日orz……..

 

 

しょうがない・・・。

 

次探そ

 

でウロウロしたけど、これだというお店がない。更にウロウロしていたら、まずはじめに「しぼりたてジュース」の文字が目に入り、次に定食の文字が目に入る。

これまでよく知らなかったお店だったけど、昼食難民になるのも嫌だったので、駐車場に自転車を止めさせてもらい入店する

そのお店の名前は「せとうちのずかん」

小豆島を盛り上げる為に企画されたお店みたい

店主の方は日頃は小豆島外に住んでおられ、観光シーズンなどに小豆島にやってきて、小豆島産の食材を使用したジュースや定食を提供している。特にしぼりたてジュースは瀬戸内国際芸術祭 公認企画ドリンクとなっている

 

で、季節によって変化する食材を使用した生搾りジュース

水や氷は一切不使用で、果物や野菜本来の水分のみなんで、栄養素が体に染み渡る

 

小豆島の食材を使用した定食

自転車に乗った際に失った栄養を補給できる食材ばかりで、さらに坂を上ることでちょっと折れた心をも修復してくれる

 

そして、店内を見回したり店主の方のお話を聞くことで、また小豆島に来てみたいという気になる場所だった。今では小豆島で餃子を流行らそうとして奔走しているみたい。特に小豆島には様々な具材はもちろんのこと、醤油や味噌などの調味料もたくさん作っており、地域ごとの特色を活かした餃子を作ることができるみたい

次に来る頃には自転車に乗りながら餃子のスタンプラリーチックなこともやってみたいとも思う

 

 

そういえば、ここの店主の方に小豆島のお店は火曜日と水曜日を定休日とすることが多いと聞いた。

それは下記の二つの理由から、験担ぎで行われていることらしい

火曜日 火災になったらいけないので

水曜日 水害になったらいけないので

 

平日は車が少ないけど、火曜日と水曜日は開いているお店も少なくなるかもなんで気をつけてください。

 

 

お店を後にして、ここからは大部港の14:20頃のフェリーに間に合うように走るだけ。

でも、暑いし中々スピードは出ない。やはり夏の昼ころは走ることは無理だと感じる

 

実際のところ、日生7:30発ー大部14:20発はグループではキツイかなと思う。グループで走るなら、一日を使ってもうちょっとゆっくり目で他の場所も走るほうが良いかも。

 

と言うことで、小豆島 ダムカード収集ライド(試走)が完了

 

 

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す