News Ticker

鳥取砂丘から余部鉄橋跡地まで(復路)

さて帰るか。

 

と言うことで、前回からの続き。

ここまでの走行距離は約40km、獲得標高は約500m。このまま同じ道を帰っても良いのだが、それだと平凡なポタリングになっちゃう。ただ、おそらく一生来ない場所と思うので、別の道を走っても良いとは思って自転車を走らせた。

 

そうすると道の駅を出てすぐに右折する道を見つけた。地図を見てみると灯台があるみたい。そして、往路に走った道の途中にでも出ることができる事がわかる。

こんな場所は一期一会(使い方をちょっと間違っているような気もするが)と言うことで、ちょっと迷った後にその道を選ぶこととした。

 

 

 

そして、直ぐにまた絶景が現れた

青い空、青い海、緑の木々、

最後に、その中にある愛車

どれも完璧

 

こんな景色を見ながらゆっくりと登っていくのだが、なかなか灯台にたどり着かない?

たしか、余部鉄橋前の峠の標高は132mだったような。でも、そんな高さはとうに過ぎている。まだ往路は始まったばかりなのに、距離的にはそんなに進んでいない。

 

ちょっとずつ後悔してきているのだが、この場所から戻っても再度つまらない峠を超えなければならない。先が全く見えない状況だけど先に進まなければならない

 

そして、往路の峠の高さの倍近くになった時にやっと灯台が見えてきた

説明文を見てみると、日本で一番標高の高いところにある灯台だそうだ。はじめて知ったし、先に知っていたらここには来ていない。

でも、今日は来てしまった。こんなことがあるので、知らない道を走るのが面白い。

 

で、ここから下るのかと思いきや、まだまだ先がある。地図を見るとグネグネした道があり、山沿いを走ることが分かる

 

そしてやっと下り坂。

 

ここの下り道はあまり人が走っていないようで、多くの石や木が落ちているし、走る場所に苔が生えている。

なのでゆっくりゆっくり走っていくが、そのワインディングロードな感じがとても面白い。前述したようにほとんど人や車が走っていないので、この絶景を独り占め状態

 

道を下っていると

こんなものもあり、火照った体を冷やしてくれる

 

かなり走ったと思っていたが、まだ元の道に戻っていない

一旦、海岸線まで戻ってきたのでもうコレで終わりと思いきや地図上ではまだ戻っていない

ここには過去の火山活動で出来上がった「柱状節理」が見られ、地形好きにはたまらない。もちろん坂好きの自転車乗りにもたまらない場所。

よっしゃこれで海岸線を走りまくれると思いきや

また、坂が見える・・・。斜度はキツくないのでマイペースで走っていくと、心のオアシスのトンネルが見えた

これでショートカットできる

 

心に余裕が出来たので、先を進むことができ、元の道付近にも戻ることが出来、さらに海岸線を走る気力も出てきた。

まあ、好んで長い距離を走ろうとはしてはおらず、ただ単に道を間違えただけなのだが。

 

この先も道をマジに間違えて、走る予定のなかった坂を上ってしまう

そして、坂好きがヨダレを垂らしそうな名前の道が出てきた

 

もちろんそんな坂は上る脚が残っておらず、鳥取砂丘に向けてペダルを漕ぐのみ

そして、往路でも見た風景を横目に更に走っていく。

 

途中にイカ釣りと思われる漁船を見つけたり

 

らっきょう畑を見つけたり

 

そして、やっとこさ鳥取砂丘に戻ってきた

自転車を走らせる前の時点では、帰ってきてから砂丘を楽しもうと思っていたけど、そんな時間は無かったし、脚が売り切れててそんな気力もなかった

 

でも、知らない道は楽しかった。道を知らなすぎて復路は距離約50km、獲得標高が約950mと余分に走り、余分に上ってしまった。

 

こんな感じではじめての場所を迷いながら、地図を見ながら、写真を撮りながらユックリと走っていくのが性に合っているようだ。

 

また何処かの道を走ってみよう。

 

走行ログのreliveではこうなる→余部鉄橋ライド

 

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す