News Ticker

Garmin EDGE520のバッテリー交換

最近、Garmin Edge520のバッテリーがすぐなくなることが気になっていた。

というのも、1時間弱のライドでも約25%が無くなっており、4時間乗ったら電池がなくなる状況

そんな状況なので、長距離を乗る場合はモバイルバッテリーを持ち歩く羽目になっている。まあ、携帯も持っていくので追加のバッテリーはいるのはいるんだが、100km走った後にコンピュータのバッテリーがなくなるのは精神的にも良くないし、モチベーションにも影響する。

ということで、新しいコンピュータを購入するか?バッテリーを交換するかの二択になる。新しい・・・という選択肢はないので、必然的にバッテリー交換になるのだが、純正でお願いすると、EDGE130を海外通販で買えるくらいになるみたい。

それでは意味ないということなんで自分で交換する必要が出てきた

いつものごとく、先人たちの知恵をかるべくググったのだが、そんなに多くはない。でも、勇気ある先人たちは必ずいるもので、そこで情報を入手して、バッテリーを格安で購入(中国から)

輸送費合わせて、3400円くらい。

リチウムイオン電池なんで箱は厳重

送られてきたのはバッテリーだけでなく、バッテリーにくっついた外側も一緒。

これから上にくっついている液晶を外して、下側を交換する手順。

準備したのは、

・液晶を本体から外すためのカッターと吸盤

・液晶を本体とくっつけるための粘着テープと切るためのハサミ

・ここにはないが精密ドライバー「+」(サイズわからず)。とりあえずかなり小さい

そして、作業開始。

恐る恐るカッターを液晶と本体の隙間に差し込む

ここが一番気を使う場面であるが、根気よく隙間を広げることで、ようやく取り外すことに成功

本当に根気よく行わないと、基盤や線を傷つける場合もあるので、本当に注意が必要

一箇所のリボンケーブルで繋がれているようだ。しかも余裕はあまりないので、大きく開くこともできない

これではまだバッテリーにアクセスできないので、精密ドライバーで基盤を本体から外す

本体、基盤、液晶の3層構造

あとは、本体と基盤をくっつけているコードを外すだけだが、コネクタが小さすぎてどんなふうに接続しているかが全く見えない。

多分、老眼・・・。初老なんでしょうがない・・・

色々と試行錯誤することで、ただ単にz軸方向に押さえられているだけであることが判明。構造がわかったんでチャッチャッと取り外すと

本体が取れた

取り付けるのは簡単なので、コネクタやネジを取り付けて完了

そして、電源オン

液晶画面にカッターの傷が

電源は完璧。あとは液晶の蓋を閉めるだけ

元々は、シール部分に接着剤などで封止されていたみたい。それをこじ開けたので、どうやって接着するかを考えなければならない。

最初は瞬間接着剤を考えたのだが、なかなかうまくつかなかった。おそらく、、きちんといらないものを取り除かなければいけないのだろう。

でもめんどくさい。

ということで、余分に両面テープをはみ出させて接着する方法を選択。

だが、かなり液晶がカパカパする。隙間が以前より広がっているのがわかる。

ということで、約1時間で作業は完了。新しいバッテリーもおそらく大丈夫。

———————————————————————————————

作業を終えて考えたのだが、かなりの自己責任のもとに行わないといけないことだった。

メーカー保証ももちろん切れるし、

液晶や基盤を傷つける可能性もあるし、静電気なども注意しなければならない。

作業は終わっても、電源がつかない可能性もある。

そして、何より防水性が著しく低下する。水がしみこんだらアウトだろうなと思いながら。その時はその時に新品を購入することとする

それはそれで楽しみ

Related Articles:

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す