Garmin Fenix5S Sapphire Black

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

あまり腕時計というものには興味がない。

 

というか、腕輪や指輪などにも興味はなく、逆に手に色々とついているのが嫌いなタイプ。なので、結婚指輪はずーっとつけておらず、財布の中に入ったまま。まあ、遺伝的に指が膨れていて指輪が似合わないというのも理由の一つだが。

 

ということで、きちんとした時計は持っていない。でも、時間を確認するには時計があった方が良いので、ずっとGarmin Vivosmart HR使っていた。

これはこれでお気に入りだっただが、時々着るスーツに似合わなかったり、最近再開したトレランなどのログをとるときにいちいちiPhoneが必要だったりとかで、他に良いものを探していた。

この探索はVivosmart HRを買う前から行なっていたのだが、なかなかに要望に合うものがなかった。一時期はApple Watchを買おうかとしていたが、踏ん切りがつかなかったし、Garmin Fenix3も手には大きすぎた。

 

しかーし、この夏にふとほかのブログをみてみると、なかなかに良いものが見つかった。

それはGarmin Fenix 5S Sapphire Black

まず、Fenixがバージョンアップしていたことに気づかなかった。Fenixは初代からみていたが、好みとはかけ離れた大きさだった。なのでスルーしていたのだが、いつの間に小さなものがでていたのか?

 

小さくて気がかりなのは、これは女性などの手首の小さな人向けであること。明確に女性向けとは書いていないけど、バンドの長さが明らかに短いらしい。

それを検証するサイトもあるのだが、イマイチよく分からん。また、赤穂というプチ田舎とその周辺には実物を置いているところもないので、確かめようもない。

 

バンド長を書いているサイトをにらめっこしながら、既存のバンド長との比較を行うことで、8割方大丈夫ということを認識。そして、ネットで購入し、つけてみて安堵する・・・。

結構ギリギリ感はあるが、安定したつけ心地。

ちなみに手首の外周は約18センチ。外周が20センチある人は実際につけてみた方が良いと思う。

小さいといっても普通の時計くらいあって、ちょうど良い感じ。なぜGarminが男性用のバンドを出さないのかが不思議である。

 

これを何年前に買ったかさえ忘れているG-shockと比べてみると

文字盤的にはそれよりも大きい。

 

何ができるかとかのインプレは他の人のブログを見てほしいのだが、トレランしているときにそのスピードや高度などがすぐに見えることがとてもよい。GPSでログを取ってくれるし、通常生活時のライフログも記録してくれる。

ちなみに、バッテリーの持ちに関してだが、GPSを使ってログを取っているときは、1時間で約10%を使っていた。なので、10時間ちょっとくらいかなと推測。

 

自転車の時の心拍数転送モードももちろんあるが、それについてはもち時間はまだよく分からない。

いずれにせよカタログを見てみてください。でも、使った感じでは転送中は心拍数以外はみることができなかった。これはVivosmart HRの時も同じだったのだが、時計型だったら他の情報を出してくれると信じていたし、心拍数以外の情報が出てるって書いているブログもあった。何か設定があるのかな???

バッテリーの持ち時間がわからないので、自転車に乗るときはVivosmartをつけようかと考えている。

 

ただ、総合的にいって大満足。これをつけてもうちょっと走ってみよう。

 

 

フレンチプレスで珈琲を飲みはじめた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

これまでにも珈琲を飲んではいたけど、もっぱらインスタント

最近はインスタントを使った「バリスタ」で飲むだけで十分な感じがしていたが、こんぴらさんに行った帰りにコーヒー好きの先輩に連れられてコーヒー豆(この時はお店に挽いてもらった)を買い、先輩に方法を教えてもらうことで珈琲にも興味を持ってしまった

 

と言うことで、まずはお買い物

 

淹れ方はフレンチプレス。これで珈琲の油分も取り入れることにした

 

コーヒー豆を保存し、家で挽いたほうが長持ちするし、匂いも良いとのことなので、手動ミルを購入

電動のほうが楽だけど、時間に余裕がないときはインスタントで済ますので、取扱も簡単で電動カッター方式よりは珈琲の状態が良い手動に決定

 

次はヤカンである。家にも普通のやかんはあるが、如何せん注ぎにくい。

と言うことで専用のヤカンを購入。これがスグレモノで注ぎ口が細く、先に出ているので普通のヤカンよりも使いやすい。カップラーメンにお湯を注ぐにも重宝することがわかった!

 

最後に、コーヒーかすの処理やハンドドリップをしてみたくなることを予想し、この容器も購入。珈琲が冷めたとしても電子レンジ対応なので、直ぐに温めることができる。

でも、淹れたてを飲んだほうが良いとは思うけど。

 

さて、次はコーヒー豆である

先週に急遽決まった東京出張の際に買ってくることも考えたが時間が無かった

で、途中下車する姫路で購入することも考えたが、よくわからんかった。

 

最終手段として赤穂のお店で調べたら・・・、家から歩いて行ける距離にコーヒー豆を販売しているお店があることがわかる。いつも、会社に行く時に前を通っているところだった

そこは「菫屋珈琲房」。ずーっとドッグカフェだけだと思っていたけど、今はコーヒー豆販売だけみたい。

そこで、いろいろ聞きながら、種類の異なる豆を購入

 

————————————————————————————————

そして、ついにコーヒーを淹れる時が来た

まず、豆を計量。今日は酸味がある「サンディエゴブエナビスタ」

いろいろなサイトで調べて、フレンチプレスではお湯100mlに対して、大体5gの豆を使う

今回は500ml用意するので、25gを計量

 

それをミルに投入し、お湯を沸かしている最中に手動ミルでゴリゴリする

この挽いた直後の豆から出て来る匂いが何ともいえない。

この匂いだけで珈琲を入れる事の半分を満足している気がする

 

それをフレンチプレスの容器に入れて、お湯を入れる

が、まずはちょっとのお湯を入れて30秒間蒸してみる

ガスがよく出ているのが分かる。先々週にお店で挽いてもらったのはここまで膨らまなかった。やはり挽きたては違うのか?

 

30秒が過ぎたあとはお湯を最後まで注ぐ

そして、お湯を足し始めてからの全工程で4分間が経つのを待って終了

 

これまでに家で飲んでいたものよりも香りも味も良い!

 

ただ、好みを考えると、まだまだ始めてばかりなので、珈琲の深い味は分かんないけど、やはり酸味は無い方が好みかもしれない。

 

他の豆も試してみよう!だれかおすすめの豆とか教えてください!

ブラタモリ好きのおじさん2人で讃岐の国へ

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: その他

ブラタモリ好きのおじさん2人で香川県にある「こんぴらさん」に行ってきた

私の住んでいる兵庫やもう一人のおじさんが住んでいる岡山からは車でヒョイッと行ける距離。

今回は二人共、自転車ではなく車での観光

 

まずはうどん

ブラタモリでも、まずは滝宮でうどんのルーツを探り、その後にこんぴらさんに行くルート。

滝宮にある道の駅周辺の「松岡」と言うお店に行くも、残念ながら臨時休業。ほんとうに残念だったけど近くにある有名店に行くことにした

到着したのは10:30頃だったか

すでに行列があった。

 

今日は2回うどんを食べる予定なんだが、実は初めての讃岐うどんなんで、適切な量が分からない。

このお店では注文する場所にサンプルがあるのでそれを見てみると

小の次が大。普通は無い。でも小は1玉(220g)。コレが普通だとは思うのだが、サンプルを見ると若干少ないようなきがする。

なので、大の「かまたまやま」を注文してみたのだが・・・

やはり多かった。この時点ですでにお昼ごはん以上のものを食べている。

この後の階段に支障がなければ良いのだが。。。

 

ブラタモリでも、うどんのコシとは「硬さ」ではなく「滑らかさ」と言っていたのがよく分かる。山かけや卵があったのもあるが、うどんがツルッとしている。

 

ここで腹を膨らませ念願の「こんぴらさん」に向かう

エゲツないほどの色んな人からの寄進を横目に進んでいく。

壱百万円とか弐百万円とか、金一封とかいろいろあったが、金一封って1000万円くらいだろうか・・・?

ブラタモリで出てきた場所を見ながら階段を上っていく

本宮に到着しても、うどんパワーが残っている我々は更に先にある「厳魂神社(奥社)」にまで脚を運ぶ

 

本宮から約30分くらいだっただろうか?本殿付近の賑わいとは異なり、このあたりは人が少なくて歩きやすい

見晴らしも良く良い感じ

 

ちなみに門前町から本宮までが785段、それから583段を上ったことになる。今使っている「Garmin vivosmart HR」では’、どれだけ歩いて上昇したか?を示す機能があるが、今までの最高値を達成していたように感じる

 

特に何をするでもなく、直ぐに降りることになるのだが、下りは「高さエネルギーを解放」しているので、とても早く本宮までたどり着くことができる

 

そこでは、名物?の黄色(金色)のお守りを購入し

 

コレもまた名物の船からの寄進されたものなどを見物し、今でも行われている儀式であることを痛感していた

 

もう終わりという頃には、境内で唯一の商売を行える五人百姓の方々から、名物の飴を購入しこんぴらさん登頂が完了

 

さて、こんぴらさんも見終わったし、あとは丸亀市内でうどんだと断言していたのだが、15時付近になっていたことから、お目当てのうどん屋が閉店していることに気づく。

しょうがないので門前町にあるうどん屋できつねうどん

今度はかけにしたのだが、出汁が鰹節系の味がして、揚げの味との差があってとても美味しかった。

 

そして、おみやげは

お酒と地ビール

私は地ビールだけだったけど、讃岐地ビール美味しかったです。

 

 

今度は自転車で走りたいし、香川出身者からうどんの名店をもうちょっと調べてから再訪したいと思っている。

 

2016年も終わるので閲覧ランキングで締めくくる

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

2016年も31日になってしまった

 

明日からは2017年ということで前からやってみたかった「2016年閲覧ランキング」を調査してみた

 

まずはじめに記事ランキング。

皆さんが訪れた記事の閲覧数を元にTop 10を算出(元記事を見るには、記事名をクリックしてください)

1位:GORE BIKE WEARを買う

良かった。比較的多くのGORE製品を購入している身としては本望です

冬の時期こそGORE BIKE WEARで身を守ります

 

2位:Garmin Edge520 と小豆島ライド

この製品が出た昨年であればこのランキングもよく分かるのですが、発売されて1年後の今でも閲覧が多いのはビックリです

Edge820が出ちゃったけど、まだまだ現役で使えます。

 

3位:これからの夏のために DEBOYO THERMAL 保冷ボトル

これは定番の悩みですね。なかなか一番良いと言うものに出会うことが出来ないジャンル。

まだまだ模索の為の時間が必要です。でも、意外と気に入っているのも事実。冷たい飲み物を飲めるのも良いですが、寒い時期に温かい飲み物を飲めるのも強みです。

ただ、飲みにくいのだけではなんとかならないものか???

 

4位:New 自転車 BRUNO Ventura Drop (嫁用)

BRUNOのミニベロはずーっと人気。おしゃれですね。

我が家ではまだまだ嫁用のままですが、年末の年賀状購入やチーズケーキ作成の為のチーズ購入はこの自転車を使って、私が近くのスーパーに行きました。

男性にはちょっとギアが足りない感じですが、女性にはちょうどよい感じ

来年は本格的に改造か?

 

5位:New Wheel : Fulcrum Racing Zero Nite

ホイール沼は自転車乗りの誰もが一度は陥る沼

とくにこのホイールは、クリンチャーホイールの中では見た目も性能もピカイチ

このホイールを購入してから、派手目な見た目よりもマットな黒な自転車が欲しくなりました。

 

あとはリンク無しで。

6位:ステム変更:3T ARX TEAM 90mm 17°

7位:PINHEAD LOCKS:ホイールをロックする事による効果

8位:念願のアワイチ!

9位:GORE BIKE WEARを買う (2016年春)

10位:Sky Brevet Jersey and Gilet

 

予想通りに自転車ネタばっかしですね。猫や旅行記はそんなに見られてません(泣)

 


他に検索ワードランキング等も算出してみた。

だが自分が使っているシステムでは「不明な検索キーワード」が多くなってしまいランキングをつけるのがフェアじゃない機がしたので、ランキングではなく、検索が多かったキーワードや印象的なもののカテゴリーを羅列します

  • Bruno Ventura
  • 保冷ボトル
  • GORE BIKE WEAR
  • Garmin EDGE 520
  • Fulcrum Racing Zero Nite
  • 3T ステム
  • アワイチ
  • 乗鞍ヒルクライム

閲覧が多い記事に関するキーワードがやはり多かったですね。

以外だったのは、「ステムの話」と「裏乗鞍ヒルクライムレースの話」ですね

 

他に嬉しかったのはSRAMのバーエンドキャップの話

製造中止と言う噂を聞いたので、なくしたときのことも考えて2セット購入したのだが、まだ全部残っています・・・。

 

検索した人も同じ気持ちだったのだろうか?

 

 

と言うことで、年末にブログ上でしたかったことでした。来年もよろしくお願いします

 

音楽について

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

今日は自転車でも猫でもない。音楽について書いてみる

 

カラオケで歌うのは嫌いだが、歌を聴くのは好きである。今回は子供の頃から今までに聴いていた曲を晒してみる。ちなみにハマった歌い手は、その曲を聞いた時に「ビビっとくる」と感じることが多い。逆にそれを感じないとハマることはない

 

小学校高学年の頃は洋楽ばっかり聴いていた。マイケル・ジャクソンやマドンナなど王道だった気がする

洋画も好きだったんで、その頃から他の人とは違うことを好んでいたのだろう。夜な夜なマイケル富岡の「MTV」や小林克也の「ベストヒットUSA」を見ていた事を覚えている

 

中学になっても洋楽ばっかである。でも中学になると他にも洋楽好きがいたので、その友達とカセットテープを貸し借りし、Duran DuranやBilly Joelなど所謂80`sというものに没頭する

中学何年のときかは忘れたが、クリスマスの時期にラジオから流れてきたこの曲に心打たれて、その後はThe PoliceやStingの曲を聞きまくる

 

 

高校になってもあまり曲層は変わらなかったが、全体の一割くらいは邦楽も聴くようになっていた。ドリカムやユニコーン

ちなみにBOOWYやサザン、尾崎豊なんて知らなかった・・・。

 

大学に入った頃には、付き合いでカラオケとかに行ったりもしたんで、徐々に邦楽の良さを感じ始めていた。ミスチルやスピッツが多かったか。

他にハマったのは佐野元春。

部活のための移動中に佐野元春ばっかり聴いていたので、後輩もハマってしまったらしい。

 

他には中島みゆき

コレもまた部活関係の移動中にコレをききながら車を運転していたら、一緒に乗っていた人に「ナンカツライことあった?」と聞かれた事があったが、単に好きなだけです。

 

会社に入った後は、洋楽はあまり聴かなくなった。でもコレは衝撃的だった事を覚えている。

でも、あまり長続きはせずに好きな音楽を探す放浪の時期に入ってしまった

 

その探索時に見つけたのがキリンジ

ほぼ全てのアルバムを聴き、かなりハマっていたことを覚えている。アルバムのジャケットがときどきむさ苦しいと嫁が言ってた。

 

そして・・・、くるり。

AppleのCMに使われていた「愉快なピーナッツ」をテレビで聴いた時に頭に響いた!

でもこのPVは何なんだ?

バラの花やハイウェイ、赤い電車など好きな曲が多い。でも、あまり頭に入らない曲もある。特に時が経つにつれてその傾向が多くなってきた。

 

これは次に移る時と思っていた2013年11月、NHK BS「植物男子ベランダー」パイロット版のエンディング曲である「アネモネが鳴いた」に出会う

コレはもう震えた。ベランダーが終わった瞬間に調べまくって、次の日にはツタヤにアルバムを探しに行ってた

ちなみに、「植物男子ベランダー」も大好きであり、撮影場所になっている「なじみの花屋」に聖地巡礼しに行ったりもした。

 

このPVも秀逸

3年前だが、それからずっと大橋トリオばっかり。

 

まだ飽きは来ない。でも、それだけ聴いていてもだめかもと思い、ハナレグミや秦基博を聴くも、ビビッと来る出会いはまだ無い。

 

だれか、私の傾向を考慮し、次の曲を提案してはくれないか。

 

 

P.S.

小学校2年のある給食時間。何故か近藤マッチのこの曲を歌いたいと手を上げて、実践したことは私の黒歴史の中の一つである