ドイツに行ってきた その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

1年半ぶりにドイツに行ってきた。

 

前回はローカルサイドだったけど、今回の宿泊はミュンヘンの真ん中(Novotel Munich City)。ここはドイツ博物館のすぐ近くにあり、Munich Marienplatzまでも歩いて20分位

とても街中であり、地下鉄の駅までもとても近くて便利

 

到着初日は日曜日の夜19時半頃にホテルに到着し、そして中心地まで歩いて行ってみた

P1010062

イーザル川を渡り

P1010063

古い教会みたいなところもあり

P1010064

この木はミュンヘンの至る所にあり白い花が多く咲いている。

これは食べられない栗の木らしく、赤い花が咲く木もところどころにあるが、虫などによって荒らされて、ところどころにしか生えていないらしい。

 

そして、地図を見ながら歩いて行って「マリエンプラッツ」に到着。

P1010067 P1010069

ここには過去に何度も来ているが、明るい時に来たのは初めてである。

と言っても、過去に来た時間とほぼ同じ。

 

この明るさで夜20時過ぎである。

 

サマータイムと緯度の高さによる恩恵(?)で、この時間でも明るく、皆楽しく過ごしている。

 

出張自体は1週間であり、月曜の夜には更にマリエンプラッツ付近のビアガーデンにて

P1010075 P1010077

この時期定番のSpargel(ホワイトアスパラガス)とSchnitzel(カツレツ)を食す。

 

とても美味しい!

 

日本で一般的な緑色のアスパラガスと比較し繊維質が多い。溶かしたバターに浸して食べると更に絶品。シュニッツェルも肉好きにはたまらない

 

火曜日はチームの連携を深めるためにバイエルンのローカルサイドにてハイキング+ちょっとした遊び+食事

P1010080P1010087 P1010082 P1010081

 

こんな山の中を歩き、そして食べる。

P1010092

今度は豚である。

コレも柔らかく、味付けも最高

 

レストランにはこんな人もいて楽しませてくれる

P1010093

ちなみにこの日はサッカーチャンピオンズリーグのバイエルンミュンヘン VS FC バルセロナの試合がミュンヘンのアリアンツ・アリーナにて行われる日である。

熱心なバイエルン・ミュンヘンのファンの人とともに、この地に残りテレビにてサッカー観戦。試合には勝ったが、残念ながら得失点差で決勝には進めず。

 

水曜の夜はドイツに居る旧友とローカルサイドのビールの醸造所(Aying)に行き、ビールと豚料理。

IMG_0024

 

その後は彼の家に行き、一時の猫タイム

IMG_0027 IMG_0028

 

木曜日で打ち合わせ最終日。

打ち上げでまたもやマリエンプラッツ付近のビアガーデンで夕食

P1010097

ここでももちろんヴァイスビール。ヴァイスビール大好きです。

 

食べ物は

P1010099 P1010103

ソーセージ盛り合わせ。

上から、普通のバーバリアン地方のソーセージ+豚のソーセージ3本+チーズと肉を混ぜ込んだソーセージ(仲の良いドイツ人のおすすめ)

P1010101

そして、ポテト

 

今回の食事は、「芋+肉、そしてちょっとのシュパーゲル」って感じだったが、ドイツの料理は私の口にあう。

ここに住みたいと思う今日このごろである

 

ちなみに、ミュンヘンの自転車事情は・・・

歩道に自転車道が有り、皆そこをとても速いスピードで走っている。但し、どんな人でも手信号を必ず行い、ルールが徹底されている感じを受け、とてもよい環境であることが分かる。

 

日本でも自転車のルールを徹底しようとしているみたいだが、早くミュンヘンのようになってほしいと考える

 

と言うことで、ドイツ最終日の様子は「ドイツに行ってきた その2」に続く。

 

 

東京観光

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

ちょっと東京に用事があり、空いた時間 空けた時間を使って東京観光してきた

 

ルートは、

1日目:品川の定宿 → 築地 → 浅草寺 → スカイツリー → 根津神社 → 台場

2日目:品川の定宿 → 新横浜 → ラーメン博物館 → 日産スタジアム

 

まずは築地で朝食

P1000744 P1000748

今回は、「マツコの知らない世界」で紹介されていた八千代でフライを食す。サクッとふわっとしていて美味しい。

 

本当はフォーシーズンのパスタも食べたかったが次の機会にする。

 

その後は浅草寺に行くのだが、なんだか人だかりが・・・。

P1000754

よく見てみると「中村鴈治郎 襲名披露 お練り」だった

P1000757 P1000762

ココでも中を歩いただけで、スカイツリーまで歩く。ひたすら歩く

P1000775 P1000781

上まで行こうかとも思ったが、ここに上るのは嫁と行く時にまでとっとく

 

その後は上野まで行き、自転車屋をめぐった後に根津神社まで歩く。ココでも歩く

P1000782 P1000794 P1000787

東京大学の近くにある「根津神社」はこの数多くの鳥居で有名みたい。

このような風景は好きなので、京都の伏見稲荷にも行ってみたい(昨年に自転車では行ったけど、鳥居のとこまでは行かなったので)

 

P1000798

凛々しいというかナンカ怖い。

 

次は台場だ。観光で訪れるのは初めて

P1000809P1000826P1000829-EditP1000817 P1000813

ガンダムだけ見てこの日の観光は終了し、夜は大学時代の友達との飲みであった。

大学卒業以来会っていなかった友達とも会えたし、皆20年も経っているけど、基本的にはなにも変わりはしなかった。一人飲み会を忘れてて来れなかったけど、次の機会に会うのを楽しみにしている。

 

2日目の目的は、「XEROX Super Cup 2015」である。久々のサッカー観戦。前回は岡山カンコースタジアムでの天皇杯だったので、日産スタジアムのような大きなスタジアムで見るのは、コレまた大学時代のトヨタカップ以来だ。

 

と、その前に前夜に横浜在住の友達に聞いていた「ラーメン博物館」に行ってみる。

P1000841 P1000842

P1000837

 

地下のスペース(B1, B2)にこんなものを作るなんてすごい。

 

P1000833 P1000836

入場だけで300円ちょっと必要なのがちょっとつらいが、いろいろなラーメンを食べることが出来て良いかも。時間とお腹が空いていたら2杯位はOKな気もする。

 

それでやっと「日産スタジアム」に到着

P1000846

この日はガンバ大阪と浦和レッズの決戦。

P1000859 P1000860

数日前に予約したので、結構上の方の席だったが、全体を見渡すことが出来て意外と良かった

P1000865

練習風景も面白い。中学〜大学までのサッカー時代を思い出す。特に高校時代はまじめに練習していたので感慨深いものがある。

 

ちなみに、試合がはじまった時に、Facebookに投稿したら「同じ会社の人」も来ていたことがわかった。世間は狭い。観客が5万人前後も入っていたので、それも可能性としてはあるかと。

 

そして、選手入場

P1000869 P1000873

試合運びとしては、両チームとも新加入の選手がいることで、前半はその連携も良くなく、さらに両チームとも消極的な試合運びだったのでイマイチだった。

 

面白かったのは、「オフサイド」が起こった瞬間に皆が同じタイミングでつぶやくように

「オフサイッ」

と、言っていたのが共感できた。

 

そして、後半。

選手間の連携もちょっとずつ良くなったのか、疲れてきたのか、シュートまでつながる攻撃が増えてきた。そして、ガンバの赤嶺とパトリックが交代し、そのパトリックと宇佐美の連携でゴールが生まれる。やはり昨年から一緒にやっているだけある。

 

一方、浦和は期待のFWであるズラタンが入るも、そのズラタンに良いボールが入らない。

人を探す時間が長く、良いタイミングで前に運べないし、直ぐにバックパスをする。そして、ブーイング。

チームの攻めとしてはまだまだな感じがした。柏木からどのようにボールを散らすのかが課題のようだ。柏木は兵庫県人で自転車でよく走るところ出身なので期待しているのだが・・・。

 

後半も終わりに近づき、浦和のミスをパトリックが見逃さずに追加点

P1000881

(この後、ユニフォームを脱いだことでイエローカード)

 

そして終了。久々のサッカー観戦は面白かった。今年はヴィッセル神戸のスタジアムでも行ってみようかと思う。あそこは専用スタジアムなので、もっと楽しめると思う。

(ファンではないけど)

 

帰りの新幹線では、先週の静岡出張では見れなかった富士山を見ることができて満足

P1000886

中国に行ってきた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

前月のイギリスに続き、今度は中国に行ってきた

 

今年は出張が多い。今回は英語というプレッシャーは無いが、変なプレッシャーはある。

ルートは岡山空港から上海空港に飛ぶ。ちなみに岡山空港内にも免税店があり、炊飯器とかの電化製品も売っていた。でも、税抜き前後での価格差はあまりなく、メリットが有るかと言われてもよくわからない。よっぽどAmazonで買ったほうが安そうな感じはする。

でも、乗客の中には電化製品を買っている人も多いし、Shimanoの釣り竿らしきものを買っている人もいた(後で聞いた話によると、日本でShimanoの釣り竿を買う人は多くなっているみたい)

 

約2時間のフライトで中国に到着。北海道に行くよりも早い。でも、目的地はここから2時間のドライブ。

交通事情の怪しい中国の高速道路を無事に通過し、目的地に到着。

当初はホテルにある日本料理屋で昼食予定だったが、到着した13:30にはもう閉まっていた。しかたなく、近くの食堂に行く。現地に住んでいる人が連れて行ってくれるところなので「腹痛を生じない」と思うが、本当に中国の食堂だった。

レストランではなく、食堂である。ちょっとビビりながら

ビール:アルコール度数は2.5%程度

P1000693

ホイコウロウ丼:鉄鍋についたおこげが美味しいP1000695

チンジャオロース

P1000694

この他にも細く刻んだジャガイモの炒めもの、スープなどなどを食す。

ちょっと脂っこいが普通に美味しい。この後、お腹も痛くはならなかった。

 

その後は夕方まで時間が有ったので、周辺を散策

この地方唯一の山(or 丘)に車で上る。中国の海岸近くは本当に山がなく、中国に住んでいる人の憩いの場所になっているみたい。

P1000700 P1000703 P1000708

 

この場所はリアル少林寺、リアルジャッキー・チェンの映画の様な場所だった。

 

高台からの眺めはこんな感じ

P1000707

この山の標高は260m程度。軽く上るには良い感じ。街中では見なかったロードバイクもここでは一台見たし。

 

ちなみに、ルールを守るように掲示板が設置されていた。

P1000710

 

中国語なんで完全には読めないが、なんとなくは分かる。そして、お寺があるからかどうかは分からないが、この山はゴミも少なくとても綺麗だった。

 

ちなみに唯一の山ということで群のレーダー基地も設置されていた。もちろん立入禁止。

入ったらつかまるかも

 

その後は山を降り、近くを散策

P1000713

中国の交通ルールは凄まじい物がある

昔、「人」が歩いていた感覚で「自転車」に乗り、その感覚で「電動自転車」に乗り、またその感覚で「自動車」に乗る感じ。

ルールがない

割り込みは当たり前

信号無視も当たり前

 

ちなみに、電動自転車は「家電」のためか免許はいらず、どこでも走っても良い。道路でも歩道でも。逆走と言う感覚もない。そして、音が静かなので近づいていても分かりにくい。

小さいプリウスが歩道を爆走している感じ。

P1000717

 

 

スタバも有った

P1000718

 

そして、二日目の夕食は円卓を囲んで中華料理を食す

IMG_1768

そして、お約束の「カンペイ」合戦。

日本での「乾杯」と中国の「カンペイ」は意味が異なる。

1:カンペイしたら飲み干さければならない・・・

2:中国では一人で飲まない。飲みたければ誰かを探して「カンペイ」してから飲む。一人でちびちび飲むということはしない

 

この日は初めての「白酒:パイチュウ」でカンペイする。パイチュウ用のグラスは小さいので一気飲みはできるのだが、というか一気飲みしないと喉がキツイ。なんせ、アルコール度数が50%前後だから。

今回のパイチュウはちょっと優しく42%だったけど、別の場所で飲んだものは53%もありキツカッタ。

 

ちなみにこの白酒は500mlで約700元。53%のやつは1500元だった・・・。

最近の為替レートの「1元=20円」で考えたらいけないが中国は物価が高い。日本より安いということはない。

 

マンションも日本より高いところがいっぱい建っていて、まだまだバブルが崩壊する感じはしないようだ。高級車も多く走っているし。

話を聞いてみると、中国の方は働いてお金を貯める事ができると直ぐに起業し、更に多くのお金を得ようとするみたい。しかも失敗する確率は日本よりも少ないみたいなので、すぐにお金持ちが増えていく。と言っていた。

1500元のパイチュウは、そんなお金持ちの人におごってもらったものである。

 

最後に、今回の中国ではPM2.5はそんなに気にならなかった

P1000720

昨年も青空だったので、良い日に中国を訪問出来ている。

 

イギリスに行ってきた その3

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

写真多いがために「その3」まで続いたイギリスシリーズが遂に完結

 

「その2」のタワー・ブリッジを鑑賞した後は、ヒルトン パディントンまで戻り、荷物を受け取った後にヒースローエクスプレスにてヒースローまで戻る。

 

そこからマンチェスターまで約1時間のフライト。

夕方の便に有ったにもかかわらずガラッガラにすいていた。月曜日であることを除いても、この経路は大丈夫かと思うほどであった。

 

マンチェスターに到着したあとは夕食である。

待ちに待った夕食である

とても楽しみな夕食である

 

予約しないと入ることが出来ないという「Jamie`s Italian」に向かう

Jamieとは何者かというと、詳しくはWikiでもググって欲しいのだが、簡単に言うと「料理のバックグラウンドがあるモコミチ」

と言う感じ。会社でもこのフレーズは使いまくった。

つまり、イギリス国内はもとよりヨーロッパなどで有名な「カッコ良い料理人」。Wikiによると日本でもWowowなどで彼の料理番組は放送されていたようだ。

 

この仕事の場に来ていたドイツ人に聞いても、彼のことを知っていた。ヨーロッパで有名な料理人みたい。

P1000627

さあイギリスの人が作るイタリアンが日本人の口にあうかどうかだが・・・

 

ちなみにレストラン内はこんなかんじで繁盛している

P1000617

予約なしでは入れないというのは本当みたい。偶然だが隣の席には日本人がいたみたい。マンチェスターはその昔にシャープの工場があったので多くの日本人が住んでいたようだが(昔のマンチェスター・ユナイテッドのスポンサーがシャープだった)、それが無くなった今は住んでいる日本人は数十人しかいないと言われている。

 

私が頼んだのはスターターとして「パンの上に乗ったカニ」

P1000619

パスタは「ボロネーゼ」

P1000622

デザートはチョコアイス

P1000626

 

さてお味の方は・・・

 

チョコアイス以外は口に合いません。カニは味がせず(お昼に行ったフォートナムメイソンのカニの方は美味しかった)、ボロネーゼのひき肉の味が・・・。

イギリスの牛は牧草を主に食べているそうで、日本やアメリカ、オーストラリアなどの肉とはちょっと違う。

この味が良いという人ももちろんいると思うが私の口には合わなかった。

 

同行者の2人の料理も撃沈だったようだ。しかも、そのうちの一人はリベンジと称し、2つのパスタを頼んでいたが、どっちも微妙。

 

と言うことで、雰囲気は良かったが、味はいまいちだったJamieのお店を後にする

イギリス国内には多くのJamie`s Italianがあるが、他の場所の感想を聞いてみたいので、どなたかがイギリスに行った際にはレポートして欲しい。

 

マンチェスターから目的地は車で1時間チョイ。

同行者に運転してもらい(眠い中ありがとうございますm(_ _)m)、やっとホテルに到着し、その次の日から会議が始まった。

 

ホテルは全12室しか無い小さめのホテルだが、この近隣の中では食事が美味しいところみたいで、朝−昼−夕と食事客が多く、夜はバーとしても多くの人を集めていた

 

朝食は5種類のメニューから選ぶことができるのだが、イギリス以外の国から来た人にはEnglish Breakfastや魚のメニューをオススメしていなかった。なんて正直なんだ・・・。

 

こんな感じ

私  :English Breakfast食べたい

おじさん :やめとけ !(^o^)

 

ドイツ人 :魚食べたい

おじさん :匂いキツイからやめとけ!(^o^)

 

で、毎日の朝食はコレとフルーツ

IMG_1762

 

そして会議最終日はお昼過ぎに終わった。

夕ご飯までは時間が有ったので、タクシーでブラックプールという町に繰り出した。

P1000640

この街は海に面していて、イギリスの中では夏の避暑地として名前が通っているらしい。

P1000646

海岸線は遠浅でとても綺麗だった

P1000651

P1000652

会議で疲れていたこともあり、海岸線の散歩は気持ちよかった

 

夏の避暑地と書いたが今の時期はまだ冬である。と言うことで、殆どの店が閉まっているという状態であった。開いていたとしても古臭いところしか無かった。

P1000654

時間を持て余した我々4人(同行者:ドイツ人 3人)で夕ご飯までの時間つぶしに散歩と珈琲。でも、まだまだ時間はある。

あとはビールで時間をつぶすしか無い

 

いろんなことを話し合って時間を消費する

夕食はまたもやイタリアンである。但し、その名前を「Rico`s 」という。いかにもイタリア人が作るイタリアンのようで、ちょっと期待している自分がいる。

 

注文したのは、

ミネストローネ、リベンジでボロネーゼ、そしてイギリス人おすすめのチョコレート

全てが美味しかった。この場所は現地の方もおすすめだったようで次の機会には他のパスタも食べてみたい場所だった。

 

夕食も終わったが、近くに大昔から開かれているパブがあるらしいので皆で寄ってみた

P1000660 P1000657

最後の夜ということではないが、オランダから来ていた日本人とサッカー談義に花を咲かす。いつかはヨーロッパという本場でサッカーを観戦してみたいと思う(ビッグクラブはチケットが取りにくいそうだが)

 

この次の日の朝から帰国である。5泊のイギリス旅行出張終了まで後もう少し。

ホテルからマンチェスター空港に向かい、そこからヒースローに飛ぶ。

 

航空会社は「ヴァージン・アトランティック」

赤が眩しい。

 

でも、ここの受付カウンターのお姉さんのイギリス英語ではなく、マンチェスター英語が全く聞き取れないorz.

疲れていることで気が抜けていることを考慮しても「全くわからない」。所謂イギリス英語の方言みたいだが、彼女の言っていることが全く理解できず、受付の際に受け取ることが必要だった(と思われる)ラウンジの招待を受けることができていなかった。

ヒースローではユナイテッドのラウンジに入る際にイギリス紳士から丁寧に断られ(この人の英語は分かったからマンチェスターのは疲れではないことが分かる)、数時間、人がほとんどいないヒースローの出発ゲート付近で「アイス」や「おかき」、サンドイッチなどを食す。

 

あとは羽田−岡山−自宅までの旅で終了。あとで数えてみたらホテル−自宅間で約24時間かかっている。地球の逆側に来た事を実感する。

 

イギリはまた来たいと思う国になった。ロンドン観光、サッカー観戦、カムデンマーケット、などなどプライベートで来てみたい。

 

 

 

 

イギリスに行ってきた その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

前回に引き続きイギリス旅行の内容を記す

 

イギリス旅行二日目の朝は「ヒルトン パディントン」で目覚める。

前夜からイギリスの朝食には気をつけろ(茶色のパン、色の濃いソーセージ、ベーコン、スイーツなどなどに注意)とのお達しがあり、慎重に食べ物を選ぶ。

そして、クロワッサン(OK)、ベーコン(塩辛い、でも肉厚でOK)、フルーツ(OK)などなどで無難な選択しかしなかった。

IMG_1751

そして、朝イチから地下鉄に乗って観光に出発

 

まずは、「THE REGENT`S PARK」へ

P1000453

全部を見て回ることは出来ないが、バラ園(バラはほとんど咲いていないが)や湖を中心に見て回る

 

ちなみに霧のロンドンとはよく言うが、この日のロンドンはちょっと寒いがものすごく良い天気だった。

P1000454 P1000466 P1000460 P1000459

特にバラ園は多くの種類のバラが植えられていて、薔薇の季節(5−6月)にまた来てみたいと思ったところ

ちなみに、イギリスの公園や街路は犬のう◯こに要注意。日本みたいに処理しないのでそこら中にある。また、この公園の湖付近には鳥が沢山いて、木の上からのう◯こ攻撃にも要注意

 

公園を後にして、この近くにある「ベーカー街221B」に向かう

P1000475 P1000482

 

シャーロック・ホームズを初めて読んだのは小学校か中学校の頃。それから数多の映画やドラマを見たが、このストーリーは色褪せない(と思う)

何の変哲もない街路だが、本や映像のことを思い出す。でも、シャーロック・ホームズミュージアムはちょっと拍子抜け・・・。英語での説明の他に日本語の説明も多く、日本からの観光客が多いことが見て取れる。

 

その次に行くのは、ウェストミンスター宮殿とロンドン・アイ

このロンドン・アイに行くのが今回の観光(仕事は別として)のメインだった

P1000485

地下鉄の駅から出て直ぐに目に飛び込むのが、このビックベン。

迫力と荘厳さが同時に存在する建物。

P1000502 P1000540

2階建てバスとの折り合いも良い。→2階建てバスはイングランド内の田舎でも走っていました。

 

そしてロンドン・アイに乗り込む

P1000549 P1000530

観覧車に乗るのはかなり久しぶりだが、ロンドン・アイの籠はとても大きく20人ほど乗れるような気がする。ただ、この日は平日であったこともあり、10人ほどでゆったりと乗ることができている。

 

ロンドン市街には背の高い建物が少なく、遠くまでロンドン市街を眺めることが出来る。ただ、まだロンドンの地図が頭に入っていないので、もうちょっと地形を理解してから来訪してみたい。

 

その後はフォートナムメイソンで昼食と紅茶のおみやげを買い、

IMG_1752

大英博物館を駆け足で見て回る

 

P1000561 P1000587 P1000563

1時間しか時間がなかったのだが、ロゼッタストーンを見れてよかった。

次に来る時は2日ほどここに使いたい。でも、ココのおみやげはしょぼかった・・・。入場料を取っていないので、もっと物品に力をいれればお金を入手することができるのにと思った。

ロゼッタストーン柄の靴下なんて誰が買うのだろうか?

 

ロンドン最後の場所は「タワーブリッジ」。映画などでもその映像がよく使われる場所

P1000606 P1000610

水色部分がちょっとハイカラな感じがしたが、ロンドンの建物は見ていて飽きない

 

ロンドン観光を終えて、

ロンドンは近世の建物が残っていて、それが生活に染み付いている感じがする。

イタリアは古すぎだし、ニューヨークは新しすぎ。ミュンヘンも好きな場所だが、ロンドンは規模が違う。

ロンドンはまた来たいと思う場所

 

と言うことで、その2はココで終り。残りの場所は「イギリスに行ってきた その3」に。

 

イギリスに行ってきた その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

仕事でイギリスに行ってきた

 

経路は岡山空港→羽田空港→ヒースロー空港→ロンドン散策→マンチェスター空港→ブラックプールへ

P1000411 P1000414

羽田空港の国際線ターミナルは初めてだった。

時間が有ったので、展望台でちょっと休憩。その後ラウンジにて最後のカレーを食べる

今回はANAのプレミアムエコノミー。エコノミーよりもちょっと幅が広く、ちょっと足が伸ばせる。ご飯はエコノミーと同じだが、飛行機の中ではあまり食べないのでまあ良い。

 

基本的にはほとんど寝れないが、13時間後にヒースロー空港に到着。

この島に上陸するのははじめてだ。

 

この日はロンドンに一泊なので、ヒースローエクスプレスニてパディントン駅に向かう。

でも、予想していたターミナルとは違うところに到着したのでちょっと焦る。

P1000417 P1000419

これらの看板にしたがって駅に向かう。

P1000420

駅ではチケットを買うのにカードが使えずなけなしのポンドを使用。

ヒースロー⇔パディントン往復で6000円ちょい。15分位しか乗らないので高いと思うが、ロンドンまで一直線なので便利

 

そして、パディントン駅に到着

P1000423

P1000424 P1000422

今夜のホテルはこの駅に隣接しているヒルトンに宿泊。

もうちょっと駅は大きいと思っていたのだが、意外と小さく直ぐにホテルにチェック・インした

この時17時前。

 

さて、夕食の時間まではまだ余裕があるのでちょっと散策する

地下鉄で夜のバッキンガム宮殿に行ってみる

P1000443 P1000447

エリザベス女王がいる時は、この建物に旗が立つそうだが、この日はいなかったみたい。

ちなみに、日中は赤い服で有名な近衛兵がいるそうで、それを見たさに多くの人が門の前に集まっているそうです。

近衛兵を見る機会はなかったけど、良い訪問でした。

 

そして、夕ご飯だが・・・。仕事になったら美味しいご飯は食べれないだろうということで、最後の日本食を用意してもらいました

P1000431

写真を撮ることはハバカレタので一枚も無いが、日本人の調理人やスタッフの方による美味しいごはんでした。イギリスの料理は美味しく無いと言われるが、素材は悪くないことが分かる。もちろん直輸入のものも多いと思うが、日本と同じ島国なので魚は美味しいらしい。

 

でも、ここは、とーっても高かった。

 

そしてホテルまではタクシーで帰る。タクシーも「シャーロック」というドラマで見た形と同じでちょっと興奮。

 

そして、グッスリ就寝。

次の日はロンドン観光などですが「イギリスに行ってきた その2」に続く