雄鷹台山 トレイル:専用の靴を投入

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

春に引き続きトレイルランをやってみた

 

実はGW前のトレイルランにて腰か脇腹のインナーマッスルを痛めてからランは自粛していた

もう傷も癒えただろうというのと、自転車熱がおさまっていることもあり、ランを再開してみることにした。

ルートはいつもと同じで裏山の「雄鷹台山」周辺。

いつもと違うのは、シューズがおニューなこと

IMG_2003

今までのランニングシューズではちょっと滑ったりするのが怖かったので専用のシューズを投入。

会社の人にAsics, HOKA, ALTRA等を勧められたが足にフィットせず、MotrailのMountain Masochist IIIを選択。これはなんかビビッときた!

 

その他の衣装は自転車の時と変わらずでGORE BIKE WEARとモンベルとRaphaで固める。

上から、Raphaのピンクのジレ、モンベルのパンツ、GORE BIKE WEARのLeg Warmer

IMG_2001

 

春とルートは同じなので、こんな悪路や

IMG_2002

こんな林の中や

IMG_2004

紅葉の中を走る

IMG_2008

そして、設置した意図を聞きたい鉄棒にたどり着く

IMG_2005

ちなみに、この写真を撮る直前まで懸垂しているおじさんがいた・・・。

 

おニューな靴は走りやすくて危ない場面もなかった。タイム的には春よりもちょこっと速かっただけなので効果はあまり現れていないが、最近は運動をサボっていたので、まあ良い方向ではないかと思う

トレイルランを軽くやってみた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

最近は自転車の他に、嫁とのウォーキングやランも織り交ぜるようにしてみたのだが、両足に爆弾を抱える身としてはアスファルトの上を走るのがキツイ。というか怖い。

 

と言うことで、トレイルランはどうかということでちょっと近所の山を走ってみた。まあ、膝が悪い人間が山道を走ったり下ったりは厳禁な気もするのだが、通常の道を走るのよりもやる気が出る気がする。

 

というのも、大学時代の練習では筑波山のケーブルカー駅から頂上までの約2.5km(標高差約610m)と言う道を「登山走」と称し登っていたことがあり、とても楽しい思い出が蘇るからである。

ただ今思い返せば、とても迷惑な団体だったような気がする・・・。

(半袖にスパッツ集団が観光地の登山道を走りまくるのは迷惑以外の何者でもない)

 

と言うことで、家の近くにある雄鷹台山をめぐるルートを走ってみた。

ちなみに赤穂に住んで15年目だが初めて登る。

なんてもったいない

 

家から走りだし、直ぐにピクニック公園の真下に着く

IMG_1787

ここを登って行くと赤穂で有名な「赤」の字にたどり着く。自転車でも走っているところをランでいくことに感慨深くはなく、ただキツイ。

 

坂の登り始めには猫番長がお出迎してくれた。今日は二匹。

IMG_1789

何匹いるのかは知らないが、冬も過ぎて過ごしやすくなったのではと思う

 

ここからが本番なのだが、150m位を一気に登るので息が続かない

そして、なんとか登り切る

IMG_1792

 

さて、ここからが未知の領域なのだが・・・、

IMG_1793 IMG_1796

 

舗装されていない道と開けた景色が目に飛び込んでくる。今日の本番はこれからなので写真を撮りつつ(この時点でランにはなっていないが)、走る or 歩く。

 

途中にはこんなとことか

IMG_1800

 

こんなトコを走って行くのだが

IMG_1802

 

何故か車のタイヤの跡がある

IMG_1803

テレビ塔が近くにあるのでその保守用かとも思うが、この周辺の山道にはその昔に車で走破しようとして見事に玉砕した勇者がいたようで、走っている時にはどこの道だかはよく分からなかったが「テラノ坂」と呼ばれているようだ。

命名の理由は「日産 テラノ」の所有者がその勇者だったから。登山道の途中にテラノが落ちていたそうです。

 

尾根伝いかどうかも分からずアップダウンを繰り返して走って行くと、このルートの(たぶん)最高地点を通り過ぎる

IMG_1804

 

 

後は上りも無いかとおもいきや、やはりアップダウンを繰り返します

IMG_1806

 

更に先を進むと、看板が出てきて分岐がでてきて、数カ所の行き先があるのが分かります。次は別の道を走るのも良さそう。

IMG_1807

 

そして、目的地の雄鷹台山山頂(標高253.3m)に到着。

IMG_1810

 

ここでは「雄鷹倶楽部(字は分からず)」なる方々が、新しい山頂の目印を立てていた。

IMG_1813

 

黙々と作業をしていたので、あまり近寄らずにおばちゃんと簡単な挨拶をしただけになったが、この集団の中に知り合いがいたようないなかったような・・・。

 

そして、ここからの眺めが良いのです

IMG_1812

 

何故、鉄棒があるかがまったく理解不明なのだが、赤穂市内を見渡すことが出来ます。

そして、赤穂城の敷地(写真右中央付近)が思ったよりも広いことに気づきます。

真ん中に見えているのが「千種川」。その三角州に発達したのが赤穂市。

 

ここから、坂を一気に降りて赤穂警察署付近の踏切の近くに到着。

そこからは、ちょっと走ってトレイルランが終了しました。

 

このルートはそこそこ人気があるみたいで、ハイキングをする人々が何人かはいました。ちなみに走っている人はいなかったけど・・・。久々の登山走は面白かったです

 

走ったルートと標高差はこんな感じ

雄鷹台トレイルラン   ランニング   Strava のコピー 2

雄鷹台トレイルラン   ランニング   Strava のコピー

 

約8.2kmで獲得標高は323m。走破時間は約1時間24分。

 

この数字をシーズンの基準として、どれだけ短縮できるかを考えてトレーニングに励みます。

 

最後の道路上を走っている時に気の早い桜を見ることが出来ました

IMG_1816

(気の遅い梅じゃないよね)ここの道は「さくら通り」だし。

 

走っている途中にトレイルラン用のシューズが欲しくなったのは言うまでもない。

 

紅葉とホルモンうどんの為に佐用に行ってきた(車で)

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

赤穂から約40kmの位置にある佐用には紅葉で名が(ちょっとは)しれた場所がある。

以前から行きたいと思っていて、この3連休に自転車で行くことを考えていたが嫁も行きたいと言ってきたので、車で出かけてきた。

 

赤穂からR373を北上する。いつも自転車で走っていたところを車で走ると半分の時間で佐用まで行くことができる。

 

まずは、「清林寺」

A1

A2

A3

A4

A4.5

見頃からはちょっと過ぎてしまっていたようだが、モミジやツツジはまだ綺麗だった。

ひっそりとした場所だったけど、意外と観光客が来ていた。見頃の時に来たならば、庭にある滝付近などもとても綺麗だったのではと思う。ちょっと残念だったが、来年の楽しみができた

 

次は・・・佐用と言ったら大銀杏

 

A5

A11

A10

A9

A8.5

A8

A7

ずっと前から来たいと思っていた場所。ここもちょっと見頃を過ぎてしまっているようだが、まだまだ木には銀杏の葉が繁っている。

想像していたよりも幹が太い。江戸時代中期からこの場所にあるようだ。

 

この銀杏の木の直ぐ側には電車が走っていて、それと一緒に撮影する方々もちらほら。私はてっちゃんではないので良い写真は撮れなかったが、電車がそばを走るとその風によって銀杏の葉が舞い上がる・・・。

 

 

最後に・・・これも佐用と言ったらホルモンうどん

とある自転車ブロガーさんの記事に多く出てくるお店に行ってきた

そこは「新さよ」

A12

お昼に到着したので、駐車場は車やバイクで溢れかえっていた。

なんとか駐車して中に入る。とても雰囲気の良い場所だった。

 

お店のお父さんにオススメを聞いて、「うどん3人前、ホルモン3人前」を注文

A13

タレは、醤油と味噌を混ぜたもの。醤油の味が優っているが意外とあっさりとしている。そして、ホルモンを焼く時間もとても短く、焼き過ぎないのがこの風合いを出しているのだと思う。

鉄板の前に座ったので、私達以外の食事を作っている時にもお話しながら食べることが出来た。

 

この他にオススメが「上ホル」というのがあるらしい。今回は二人で3人前とちょっと多かったので、次の機会にとっておく。

 

ちなみに我々が帰る時に、自転車ブロガーさんらのジャージを着たトレインが近くを走っていたのでこれから昼食だったのだろう。

 

今度は自転車でいってみようと思う。

誰かご一緒しませんか???その後はワッフルでデザートでも。

 

焼肉屋 ”しょくどうえん” で夕食

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

裏乗鞍後のアキレス腱痛で約1ヶ月自転車に乗っていないストレス発散のために(嘘)今夜の夕食は焼肉でした。

場所はこれまでと異なるところということで、以前から気になっていた「焼肉屋 しょくどうえん」さんにGO!

1

おしゃれな佇まいで、お店の中もこれまでの焼肉屋とは違いとても静か。

というか、時間が早かったためかこの時一組目の客でした。そして、我々が帰る頃には満員となっている。次来る時は予約が必須かも

 

でも、ここで騒ぐのは場所違いという感じ。

 

久々の焼肉と言うことでいろいろと注文

まずはいくらでも注文無料という野菜が運ばれる

1 (1)

中でも、焼肉屋で初めてみたゴーヤは良かった

 

そして肉厚タン

1 (2)

肉厚・・・。とても美味しい

 

ねぎ塩ハラミ

1 (3)

 

霜降りカルビ

1 (4)

 

本日のおすすめの上ロース

1 (5)

そして釜炊きご飯

1 (6)

 

飲み物は、ゆずサワーが美味しかったし、このベルギービールがおしゃれな味で良かった

1 (7)

 

他にも豚トロや鶏肉を食べ、シャーベットがサービスでついてきた(店頭に有ったチラシを持ってくるか、予約の場合にサービスとなる)

 

初めての場所だったが、とても美味しかった。

まだ食べていないメニューもあるので(タン餃子とか)、次も来てみたい。

 

赤穂に来た時は寄ってみてください。

 

自転車に乗らずに食べてばかりいる・・・。天気が安定したら自転車通勤でも始めるしか無いな。

 

今日のあこうぱん

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

倍なんです

アンパンの「あん」がいつもの倍入っているらしいです。
たしかにずっしり重い。
最近はいつも「あこうぱん」のパンを食べている。
ふつうのパン屋にはないおもしろいパンを作っている。もちろん味にも大満足。

若杉原生林 に行ってみた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

仕事に疲れた心を癒しに嫁と「若杉原生林」に行ってきた。

ここは昔に行ったこともあるが、展望台までは登っていないので、森林浴をするために11時ころに赤穂を出発。

5月に鳥取砂丘往復をした時の往路である西粟倉村を車で走る。やはり車だと直ぐ到着
ちなみに、鳥取砂丘完全往復では往路120km、復路140kmを走り、最長到達距離を260kmに伸ばした。
写真は鳥取の河原城と鳥取砂丘


自転車で走っている時には、いつも朝早い時間にしか休憩しない西粟倉村「あわくらんど」で昼食を初めて食べる


美味しかった。
自転車で走るときにも良いかもしれない。

そして、原生林までは、ここからもうちょっと北に進み、鳥取の玄関「志戸坂トンネル」の手前を東に進んで坂を登り切ったところにある

車に木々が映って良い感じ

ここは岡山県の吉井川の源流がある

ここから約2kmほど山を登る。と思ったら・・・

出るみたいです。鹿や猿や猪は自転車で走っていたら遭遇することもあるけど、はない。
ちょっと二人でいつもより多く喋りながら山の中を進んでいく。

ここから気持ちのよい山の中を堪能







長い距離は歩いていないけど心地よい疲れがあり、そして目にも優しく、空気が綺麗でとてもよい場所でした。