加西3坂をゆるゆると

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

GWに入ったということでいつものMさん、Kさん、Tさんと私の4人で加古川から加西3坂を目指して北上する

この日は、加古川の日岡山公園に集合だが昨日から寒い。GWというのに8時の時点で多分10度以下。昼過ぎても20度にもいかない程度という天気予報。できるだけ多く着込んで出発する

ちょうど花に関するイベントをやっていた

ここから加古川周辺を走り

加古川

自転車道から権現ダムに到着

定番の場所で皆の自転車
ロックフィルダム!確かカード持ってた!

ここからは自転車道を北上。加古川に自転車道が整備されているのは知っていたけど初めて認識した

自転車道がいっぱい
雰囲気が良い

加西に入ると二番目の見所に到着。そこは防空壕

この辺は篠山や京都方面に行くときに走ったことがあるけど、防空壕があるとは知らんかった。近くには空港跡地もあり、軍の要所であったことがわかる

更に北上することで今回の目的である加西3坂が始まる

1つ目:遠坂 道があまり良くないけど、ここまでゆるゆると走ってたので心臓に悪い

2つ目:船坂 ゆるゆると長い坂。あまり飛ばさない(写真なし)

3つ目:釜坂 またまたちょっときつい坂。ご飯まであと少しなので頑張る

道間違えるところだった

加西3坂はきつくーゆるくーきつくと、鈍っていた体に刺激を与える坂だった。

でも楽しみなのは、この次のグルメ。

加西と言ったら「がいな製麺所」

いつもの

お昼時なんで注文までに20ー30分待ち

12時はやはり多い

注文してから、うどんが来るまでに20分くらいか。

釜玉うどん かしわ天 ちくわ天の王道

うどんもだが天ぷらも美味しい。ここまで60kmくらい走っていたので、体に染み渡る。

さあ、ここから加古川まで帰るという手もあるが、Mさんから悪魔のお誘い。加西には他のグルメもあるみたい。そこは聞いたことがない場所だったので即答で行くことに

森庵

といえば、

コロネ。

うどんで腹を満たし、コロネで別腹を満たす。パリッとした皮に甘みのカスタードクリーム。

美味しい!

鯉のぼりの季節。

さて帰るかということで南下する。

途中に網引駅に立ち寄り、大銀杏を見たり北条鉄道を堪能したりする

渋い。駅舎の中にある切り絵も見事。
秋に来てみたい大銀杏
鉄ちゃんではないけど、線路と駅は良い風景

自転車道を更に南下して、意外と長い権現ダムの周りを走ってから日岡山公園に帰ってくる。今日はゆるゆるだけど90km走れたので満足。

それでは皆さんまた別のところをはしりましょう。

Garmin EDGE520のバッテリー交換

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

最近、Garmin Edge520のバッテリーがすぐなくなることが気になっていた。

というのも、1時間弱のライドでも約25%が無くなっており、4時間乗ったら電池がなくなる状況

そんな状況なので、長距離を乗る場合はモバイルバッテリーを持ち歩く羽目になっている。まあ、携帯も持っていくので追加のバッテリーはいるのはいるんだが、100km走った後にコンピュータのバッテリーがなくなるのは精神的にも良くないし、モチベーションにも影響する。

ということで、新しいコンピュータを購入するか?バッテリーを交換するかの二択になる。新しい・・・という選択肢はないので、必然的にバッテリー交換になるのだが、純正でお願いすると、EDGE130を海外通販で買えるくらいになるみたい。

それでは意味ないということなんで自分で交換する必要が出てきた

いつものごとく、先人たちの知恵をかるべくググったのだが、そんなに多くはない。でも、勇気ある先人たちは必ずいるもので、そこで情報を入手して、バッテリーを格安で購入(中国から)

輸送費合わせて、3400円くらい。

リチウムイオン電池なんで箱は厳重

送られてきたのはバッテリーだけでなく、バッテリーにくっついた外側も一緒。

これから上にくっついている液晶を外して、下側を交換する手順。

準備したのは、

・液晶を本体から外すためのカッターと吸盤

・液晶を本体とくっつけるための粘着テープと切るためのハサミ

・ここにはないが精密ドライバー「+」(サイズわからず)。とりあえずかなり小さい

そして、作業開始。

恐る恐るカッターを液晶と本体の隙間に差し込む

ここが一番気を使う場面であるが、根気よく隙間を広げることで、ようやく取り外すことに成功

本当に根気よく行わないと、基盤や線を傷つける場合もあるので、本当に注意が必要

一箇所のリボンケーブルで繋がれているようだ。しかも余裕はあまりないので、大きく開くこともできない

これではまだバッテリーにアクセスできないので、精密ドライバーで基盤を本体から外す

本体、基盤、液晶の3層構造

あとは、本体と基盤をくっつけているコードを外すだけだが、コネクタが小さすぎてどんなふうに接続しているかが全く見えない。

多分、老眼・・・。初老なんでしょうがない・・・

色々と試行錯誤することで、ただ単にz軸方向に押さえられているだけであることが判明。構造がわかったんでチャッチャッと取り外すと

本体が取れた

取り付けるのは簡単なので、コネクタやネジを取り付けて完了

そして、電源オン

液晶画面にカッターの傷が

電源は完璧。あとは液晶の蓋を閉めるだけ

元々は、シール部分に接着剤などで封止されていたみたい。それをこじ開けたので、どうやって接着するかを考えなければならない。

最初は瞬間接着剤を考えたのだが、なかなかうまくつかなかった。おそらく、、きちんといらないものを取り除かなければいけないのだろう。

でもめんどくさい。

ということで、余分に両面テープをはみ出させて接着する方法を選択。

だが、かなり液晶がカパカパする。隙間が以前より広がっているのがわかる。

ということで、約1時間で作業は完了。新しいバッテリーもおそらく大丈夫。

———————————————————————————————

作業を終えて考えたのだが、かなりの自己責任のもとに行わないといけないことだった。

メーカー保証ももちろん切れるし、

液晶や基盤を傷つける可能性もあるし、静電気なども注意しなければならない。

作業は終わっても、電源がつかない可能性もある。

そして、何より防水性が著しく低下する。水がしみこんだらアウトだろうなと思いながら。その時はその時に新品を購入することとする

それはそれで楽しみ

ロードバイクにバーエンドミラーを取り付けてみた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

安全対策はしてしすぎることはないということで、以前からハンドルにバックミラーを付けている

確かBUSCH & MULLERだったような気がする。

 

これはこれでよかったのだが、もう古くなってきていて鏡面がくすんでよく見えなくなっていることと、ちょっとチープな感じだったので新しいものを探していた。

また、角度を固定する機構がついていないので、ちょっと当たるとすぐに角度が変わり、調整がめんどくさいことがある

でも、なかなか良いものはなくて、その中でも目を引くものを購入

 

それは

Hafny BIKE MIRROR Titanium bolts Edition

名前はかっこよい。特にTitanium bolts Edditionの部分が。単にボルトがチタン製になって、ガラス面がブルーになっているだけなのだが・・・。

 

箱から取り出すと

前のに比べると、枠やら背面やらがちょっとかっこよい。

 

でもちょっと大きい

これはこれで一抹の不安はあるのだが、まあ良い

 

大きさがわかるように、iPhone6と比べてみると

iPhone6の幅よりもちょっと広く、厚さもある。

 

まあ問題は自転車に取り付けたときの感じだが

やはりでかい

 

ただ、これは内側のボルトを締めることで、角度を固定することができる。これで融通は効かなくなるが、毎回調整しなければならないという煩わしさからは開放されることを期待する

 

まだ走ってはいないのだが、足が当たる確率が増したような。大きなミラーがあることで安全度合いは増すので、問題はないが実走してみて使い続けるかを決めよう。

 

Gore Wear

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

久々に自転車用としてGoreの製品を買ってみた。

 

色々と事情があり今までにも数度購入しているが、これまではGore Bike Wearというブランド名だったが、これからはGore Wearとなり、その中にBike用とRunning用が分かれている構造

そして、ロゴも変更となっている(過去のはブログ内で検索してください)

 

さて、今回買ったのは・・・

ビブショーツ

Gore Bike Wearとしての初代のビブショーツは4月中のライドで縫い目から裂けてしまっていた。

今回も似たようなビブショーツを選択

昔の記事にも書いたが、ビブショーツの写真は難しい

大きな変化はないようだが、これにはパッドの部分にWindstopperの技術が使われているみたい。なんの意味があってこの技術を使っているのかがわからないが、このショーツはC7カテゴリーなので意味があるのに違いない

 

で、急にカテゴリーが出てきたのだが、

これまでGore Bike Wearは名前でカテゴライズされていた。Powerとか、なんとかかんとかとか。←もう忘れた。

 

今回からはもっとわかりやすい形となっている

数字が高くなる方が機能が良いものが使われているみたい。ビブショーツはパッドの機能が重要なので、C7を選ぶ

 

他は指ぬき手袋

これまでに使っていた手袋が古くなってきたので新しいものを追加

サイズもこれまでと同じのM。サイズチャートもちゃんとみた。

 

でも、今回のはちょっと小さかった。ぴったりサイズとなっていたので脱ぎ着が難しくなっている。引っ張りすぎてすぐに破れそう。

 

次のは、この時期には関係ないトゥーシューズ

WindStopperの技術が使われているので風は通さない。

でも、薄すぎてすぐに破れてしまうので、頻繁に購入しなければならない。もうちょっと生地を強くして欲しいのだが・・・

 

最後はシャツ。

Goreのはデザイン的にいけてないと思っている。その中でマシなやつをこれまでにも購入していたが、今回もそこそこのものを見つけたので買ってみた

青が良い感じ。私は基本的な色が青。これまでは冒険の意味もあって赤に浮気していたが、やはり青。

着た感じはぴったりサイズで比較的細く見える。とても良い買い物をした。

Gore Wearにリブランドした際にちょっとはデザイン方法にも手を出してきた感じがする。この分野は機能も重要だけど、購買意欲をそそるのはデザインなので良い方向だと思う。

 

新ロゴも見慣れてきた!

 

 

GIRO Synthe mips -Matte Black Breakaway-

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

4月の中旬、久々に走っている途中に頭付近から何か違和感が生じた。

何かが右耳の横からたれている。

 

止まった時によく見てみると、ヘルメットを後ろ側で固定している部分が壊れて、それが耳の横に垂れていた。

その時はライドも終盤だったので、気をつけながら走って終了。ただ、ヘルメットはどうにかしないといけない

 

思い起こせば、このヘルメットを買ったのは・・・2014年。4年も前だった

もう4年も経っていたとは。

 

ということで、ヘルメットを早急に探すことになったが、何も準備はしていなかったので、何が良いかわからない。ここで頼りになるのが自転車仲間の助言。Twitterで聞いてみたら、直ぐにアリコさんからの返答「Giro Synthe, Cinderがおすすめ」

写真を見ながら、これまでのLasとは異なる形状に「本当に合うのかどうか」を妄想しながら日々を過ごす。

 

で、試着したりすると、これまたサイズ感がピッタリ。見た目もきのこだけど悪くはない。とうことで、直ぐに購入して家にやってきた。

カッコイイ箱に入っているが、付属品はLasに比べて少なかった

 

カラーリングも悩むところだったけど、基本はMatte Blackで後はどんなカラーにするか。色んな色が有ったけど、今回はBreakawayというデザインを選ぶ

ウェブ上の写真で見るのとちょっと違ったがまあ良い。

見て通りだが、このヘルメットは前方部分の開口部が広い。走ってみてすぐにわかったのだが、ここを通り抜ける風の量が多く、頭が冷やされるのが分かる。走っていたらヘルメットの影ができるのだが、それからも開口部が見えるくらい。

 

次の特色はmipsかな

中の網目の部分とヘルメット部分が若干浮いているらしく、何かに衝突したときにはその力を水平方向にずらすような作用があるらしい。今後はこの技術がヘルメットのスタンダードになると言う話もある。ヘルメットを選ぶ際には安全サイドに振ることは問題なしなので、ちょっと値段はしたが、コレを選んで正解だと思う

 

次は頭を固定する方法

この真中のバックルで頭を固定する。

 

Lasはこんな感じ

Lasは上下方向にも動き、そのバックルも大きくて扱いやすかった。一方Giroはバックルが小さくてちょっと扱いにくい。ただ、その固定方法はしっかり固定し、グラつきがない。その為、上下に移動する機構はつけなくても良いと考える。ただ、ちょっとつまみが小さすぎなので、冬グローブでは扱いにくいのではという懸念は残る

 

あごひもはLasの完勝

Lasの最上位グレードではマグネットで固定する方法であった。

引っ張っても取れないが、固定は簡単。

 

Giro一般的なものを使用。そして、やはり小さい

コレも冬グローブでは扱いにくそうな感じ。まだ回数使ってみたら、感触は変わるかもだけど・・・。

 

 

最後にサングラスを固定する場所。専用の穴が空いていて、そこにサングラスを固定することができる。

私はRudy Projectを使っているが、若干のハマりにくさを感じる。GiroではOakleyを例に出して使用方法を記述していたが、そっちならもうちょっとしっくり来るのではと思う。特にサングラスの円弧の形が合わなかったら、はなりにくいのでは無いかと思う

まあでも、先日のライドでは難なく使えたので、これも慣れで変わるとは思う。

 

 

さて、これまでのヘルメットの歴史(左:古い、右:新しい)を辿ってみると

両端がLサイズ、真ん中がMサイズ。

頭の周囲は57センチ位なので、どちらもサイズ的には合致する。小さいヘルメットを選ぶか、大きいヘルメットを選ぶか。

Mサイズは横幅的には良かったのだが、頭が浅いのがちょっと気になっていた。特に帽子やバンダナを使うと、その浅さが際立ってしまい、頭に被っているというよりか、乗せている感覚に近くなる。

 

Giroはちょっと小さめになっているのかわからないが、それが顕著に現れる。Mサイズを被ってみると、横幅もちょっときつめだったし、かぶりの浅さが特に際立ち、一瞬にして「コレはだめ」と判断できたくらい。

Lになると好みの深さになり、とても安心感が得られた。若干きのこっている感じもするが、安心感には変えられないし、Syntheノカタチはきのこっていてもかっこよい感じなので満足している。

 

ということで、今回は直ぐにヘルメットを買わなければならないという事態になってしまったが、全体的に満足した結果を得られたのが収穫だ!

 

後は走るだけだな

 

しまなみ海道グルメライド その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

さて、しまなみグルメライドも行程の三分の一くらいは終わったのか?

次に向かうのは生口島。

 

でも、往路は賑わっていない南側のルートを走ることになっている。つまり、走るだけである。

淡々と30km/hrくらいで前をひき、どこも寄ることなく多々羅大橋に近づく。

しかし、海を見ながら走るのはとても気持ちが良い。

やはりここはレモンの聖地。会社の後輩の奥さんの実家がこの辺でレモンを作っているので、なぜかは知らないが親近感が湧いてしまう

相変わらず海が綺麗

空と橋も綺麗

初めて県境を気にしたかもしれん。

 

これより南は愛媛県。

 

 

この橋が一番好きだな。

 

 

と思いながら、本日のルートの最南端である「道の駅多々羅しまなみ公園」に向かう。ちなみに、ここは昼食の場でもある

 

ここはサイクリストの聖地と謳っていることもあり、さまざまなオブジェが出迎えてくれる

 

サイクリストの聖地での写真をいっぱい撮ったことで、気持ちはお腹いっぱいになったので、次は物理的にお腹をいっぱいにさせる番

いままではこの地を集合場所としていたことが多かったので、昼食な別の場所が基本だった。今日は嬉しくも折り返し地点がこの場所なので、ここで初めての昼食となる

メニューを見てみたらとても充実していた。

 

特にマハタという高級魚に目を奪われる

このオブジェはマハタ?それともヒラメ?

 

 

待つこと数十分、せっかくなのでと頼んだマハタメニューの中で一番高いやつ

マハタの素揚げに

マハタの握り寿司

 

それらを合わせた「多々羅御膳」

カロリー的にうどんが余分だったけど、とても美味しゅうございました。

素揚げはどこまでも食べていける感じで、ヒレまでも食べることができる。刺し身も鯛よりも濃厚で、ガツンと来る感じ。コレはリピート確定ですね

 

 

さて、お昼ご飯もお食べたので帰路につこうかと。

と言う時に、Aくんにパンクの女神が降臨

スローパンクな感じだったので大事には至らず、次のスイーツを目指す

 

生口島の北側といえばお店がいっぱいあるところ。見所はたこ飯とか耕三寺とかサンセットラインとかいろいろあるが・・・

あいかわらずレモンのオブジェはいたるところにあるが

 

次の場所はレモン味などを堪能できる場所

生口島に来たら外せない場所。サイクリストもそうだけど、一般の観光客も訪れている

この日はとても暑かったのでシャーベットが体にしみる

 

さあ、もうすぐフィナーレだが、朝に行きそびれたお店がある

最後のカフェオレ大福

大福の中にカフェオレと甘い餡(クリーム?)が入っていてとても甘い。疲れた体に行き渡る。でも、甘すぎて水が欲しくなるので、自販機で水を購入して今日のデブ練が終わった。

 

皆さんお疲れ様でした。またお願いします。

 

 

で、ライドは終わったのだが、まだ用事は済んでいない。

まずは、また多々羅の道の駅に車で向かい、レモンとはっさくを購入。しまなみに来たら国産のレモンを買わねば。そして、はっさく美味しい

 

次にはっさく大福を福山SAで購入すること。売り切れていたら悲しいのだが一縷の望みを持ちながらSAに向かう

そうすると、こんな張り紙が。

このショーケースの前には、午前中に逃亡犯について話をした店主のおじさんの写真がある。

午前中に話をしたおじさんは幻だったのか?

 

ということで、本店は開店していたが、SA内のはっさく屋さんは定休日ということで、最高のはっさく大福をお土産にすることができなかった。

また次の機会に本店を訪れてみよう。

 

本日のグルメライドの全行程はこちら