小豆島 寒霞渓に上ってきた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

6月14日 に小豆島に行ってきた

ルートは2011年11月と同じ、

日生港〜小豆島 大部港〜寒霞渓北から直登〜小豆島北東部〜大部港

 

今回の同行者は、ジョジョジョさんとそのお友達で1年ぶりにお会いしたTさん。

Tさんとは1年ぶりですが、前回はちょこっとしか走ってはいないので、今回のような距離を一緒に走るのは初めてです

 

日生港に7時に集まり、7時半のフェリーに乗り込む

P1010308

 

約1時間のフェリーに揺られ到着したのが大部港。

P1010310 P1010311

 

フェリーの中でもルートについて話していて、寒霞渓を直登するのか、北東を走った後に寒霞渓にするのかを迷っていた。

結論としては、初めに走ったほうが脚が疲れていなくて良いかもということであった。

 

と言うことで、坂をいきなり上ってく。奇しくも2011年の時と同じだが、今回は赤穂から日生までのアップを行わなかったこと。文字通りにいきなりである。

昨日に走った「七曲り」のダメージが残っているようで、初めはユックリと上っていく。特にこのコースは頂上までの約9kmのうち、初めの5kmの斜度がキツく、あとがゆるやかな上り。

裏乗鞍の短縮版ということで、初めはとばさないように慎重になったほうが良い

 

そして上っていって

P1010312P1010319 P1010316 P1010313

寒霞渓近くのT字路に到着

P1010320

前回は・・・この場所に猿がいっぱいいて恐怖を覚えていた

でも、今回はいない。全く。どうした猿。

 

その代わりに霧がかかっている。

本日が来るまでに天気予報とにらめっこしていたのだが、徳島県より南は雨が降っていて、この小豆島も元々は天気が悪かった。

 

その梅雨前線の北の雲が小豆島にかかっていて雲 or 霧になっているみたい。

 

当然、寒霞渓でも

P1010322

全く見えん。何もかも見えない。

 

ということだが、とりあえず記念撮影して

P1010325 P1010326

南側に下る

ちなみに、寒霞渓では標高700mもあり、その霧の存在により結構寒かった。でも、南に下るにつてどんどんと蒸し暑くなってくるのが分かる。

 

完全に標高0mになってからは、まずは醤油ソフトを食べに行き

P1010332 P1010331 P1010327

その後は、草壁港まで戻り「三太郎」にてうどんを食す(写真なし)

讃岐うどんみたいなコシはそこまで無いけど、のどごしがツルッとしている。また食べたい食感。

 

昼食が終わったあとは、小豆島の北東部を走る

P1010333 P1010334

 

とりあえず南風台で記念撮影し、福田港に向かう。福田港はジョジョジョさんが来たかった場所。←その理由を、そのうちジョジョジョさんがブログに書かれるのではと思う。

 

彼が写真を撮ったりしているうちに、私は食い気に走る

P1010337 P1010338

焼きたてちくわは熱かった・・・

 

そこを後にして、

P1010340

ひたすら走り大部港に帰還、フェリーにて日生に帰る

 

Tさんは寒霞渓やうどん屋でおみやげを買い、バックパックに入れ、それを担いで走っていた。かなりの重量はありそうだが、それでも私と同じような速度で走っていたので脱帽です。かなりの確率でジテツウされている実力が出ていると思う。

 

ジョジョジョさんも、毎日にようにローラーに乗っているようで、1年前よりも確実に速くなっていることが分かる。

 

今後も3人でどこかに走りに行くことを約束し、今回のライドが終了。

 

 

と言うことで、次はアワイチ(?)

八塔寺まで皆でライド

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

きょうはとてもあたたかく、格好の春ライドとなった。

 

ルートは、岡山県吉永町から八塔寺に行き、和気に下って戻るというコース

2015 03 21 八塔寺-1 のコピー

2015 03 21 八塔寺-2 のコピー

メンバーは会社のメンバー(私含め7名)に加えて「誰ぞ、一緒に走ってくれまっしゃろか」の著者である「ジョジョジョさん」にも参加してもらった。

ちなみに今回は余裕がなかったのと走るのと、話すのが楽しく、あまり写真は無い。

 

吉永町を北上し八塔寺を目指す

P1000919

斜度がきつくないところは「比較的」高速で進む。アップも無しに走っているので付いて行くのに余裕が無い

その後、FJさんによるペース調整が入り、ちょっと楽になった。

 

そして、ダムに近づくにつれ斜度がちょっときつくなる

P1000920 P1000922

その後、先頭付近にいる青いK君がスパートする。

ダム近くで休んだ後は、八塔寺前の急坂を更にへろへろになりながら上る。ここでもK君が先行。というか見えなくなる

P1000923

八塔寺にある手打ち蕎麦屋の前では鹿フン騒ぎもあり、楽しく走る。

 

その後は、八塔寺を下り和気まで進む。途中の日笠の山の中では、ママチャリに乗ったおばあさんとおじいさんがいて、こんな山の中で彼らはどこに行くのかが話題となる。

しかも、電動アシストではない普通のママチャリであり、結構な健脚であることが予想される。

 

そして、日笠から鵜飼谷温泉付近まで走り昼食の時間となる。当初は「ピザキング」に行くつもりだったが、多くのお客さんがいて断念する。

その次は「和蔵」にオムライスを食べに行くことにした

 

と言うことで「昔ながらのオムライス」を食す

しかも、やめればよいのに「大盛り」

P1000924

そして、吉永まで帰って47kmのライドは終了。

やはり、よく走り、よくしゃべり、よく食べるライドは最高です。

 

ちなみに帰ってからStravaにアップしてみたら、「1464 Climb」のタイムが昨年5月に走った時のタイムと偶然にも全く同じだった。

シーズン初めとしてはまあまあです

2015 03 21 八塔寺-3 のコピー

 

と言うことで、今年も「裏乗鞍」の為にトレーニングを開始します。まあ、オムライスの大盛りを食べる前に痩せなければならないのだが・・・。

裏乗鞍

STRAVA「たかとりとうげ」1月5日再チャレンジ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

本日、4日に取得した「たかとりとうげ2015年KOM」を更新してやろうと意気込み、この峠だけを走ってきた。

タイムは前日よりも1分チョイ短くなったが、既にKOMは他の誰かに渡っていたみたい。やはり上位ランカーに4日中に更新されたようだ・・・orz.

短い春だった

 

ちなみに、KOMが更新されたという案内メールは来ず、昨日のSTRAVAのページでもまだ2015年KOMと書かれたままです。

そういう仕様なんでしょうね。

コレに懲りずに何度もチャレンジしてみようと思う。

 

New Wheel : Mavic R-Sys SLR

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: 自転車

New Wheel  ゲットです

 

その名は「Mavic R-Sys SLR」

裏乗鞍をチャレンジした後クリンチャー軽量ホイールを試してみたくなり、ついにコレを手に取った。・・・(嘘)

1 1 (1)

 

ホントのところは、Oさんのご好意により履かせてもらいました。

今までのホイールは、デカールが派手な物だったが、この黒一色もとても良い。特にリム部分が黒いのが良い。Oさん病が伝染ったのかもしれん

 

これは1300gちょいで、ゾンダやフルクラムよりも約200gは軽い。この軽いホイールを試す場所はもちろん「りんご園」。

集合場所から東に進んでいくが、足の回転が軽くなったように感じる。これが軽量ホイールの力か。30 km/hr 前後までならとても良く進む感じがする。それ以降はリム部が重たいほうが良いように感じるが、思ったよりMavicは好印象だ。

 

そして、吉井川を渡る

1 (2)

・・・?

よく見ると橋の両端が無い?

 

近づくと

1 (11)

やはり切れとる。何故こんなになったのかは不明だが、途中で予算が無くなってしまったのか?

 

ここからちょっと進んでヒルクライム開始である

そして、ここで気になることがある。今日はOさんのスプロケを貸してもらっているが、それは25Tである。最近はずっと27Tや28Tを使っていたので、ちょっと不安

 

激坂ではない部分は、ホイールの回転の良さや軽さが功を奏し、最近上っていない体でも進むことができる。

1 (4)

1 (10)

1年半ぶりのりんご園。とても見晴らしがよく、両端のない橋もよく見える。

 

ここの見晴らしポイントからもうちょっと進んで、最後の激坂区間に挑戦したが、

 

やはり「乙女スプロケット(28T)」が恋しい・・・。

 

なかなか進まない。けど、やっとこさゴール

1 (5) 1 (6)

 

黒ホイールが中々よい我がIzalco

1 (8)

 

そして、3台あるうちの1台であるOさんのTrek

1 (9)

 

最初は曇でちょっと寒かったけど、最終的には日差しが暑くなり良い天気だった。

R-Sysは軽く、とても良く足が回るホイールだった。そして、震動も少なく体への負担が少なかったように感じる。パワー系には物足りないかもしれないが、回転系には良いホイールかと。

 

そして、何よりも黒が良い

 

ゾンダやフルクラムの「デカールを剥がしたくなる病」を発症してしまいそうだ。

 

P.S.この後、Oさんの鬼引きにより撃沈。

乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム レース当日

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

13日 4時30分に起床。

レースのパンフレットには気持ちよさそうな写真が貼ってあります

1 (1)

天気予報を見ると昼過ぎから雨が降るらしい。レース自体は午前中なので、下山まで間に合ってくれればという気持ちでいた。

 

宿を出発したのは5時半過ぎ。こんな朝早くにも見送りしていただいた「旅荘つゆくさ」のお父さんとお母さんには感謝感激です。ここからは約15分で会場に到着するが、既に車でいっぱいだった

1

 

1 (1)

空は曇っているがまだまだ大丈夫。でもスタートまでは2時間30分以上あるので、それまでに天候の変動が・・・と気にしていた

 

会場にはいろんなバイクがあったが、何処を探しても「FOCUS」が無い・・・。ツールでステージ優勝したりしているのに無い。今回のレースを通してFOCUSを見たのは両の手に届くか届かないか。という程度だった。まあ、ニッチな部分を狙うのが好きな私としては嬉しい半面、ちょっと寂しかった。

とここで、改めてMy Bikeの紹介

1 (2)

ホイールはRed Windを持ってきた。山なのにディープ。私の持っているホイールのうちで高価で見た目が良くて軽いのを準備。

ボトルは最後まで1本にするのか2本にするのかを迷っていたが、20km弱、2時間、暑くないということを考慮し、最終的には1本とした(途中でエイドがなかったので、暑かったらヤバかったのかもしれない)

 

そして8時27分に我が男子Eグループ(出走108名)がスタート。ちなみにこの時点でちょっと雨が降っています。予報よりも4時間早いです

コースプロファイルは

全長:18.6km

標高差:1342m(スタート 1360m、ゴール 2702m)

平均勾配:約7.2%

 

最初はパレードランということだったが、正式の計測開始地点が分からないまま走っていった。そして、走りだしてから約3kmの地点で体に異変が・・・

 

足がつってしまいました

 

昔っから足が攣りやすかったのですが、何もこの時点でつらなくても。あと15kmは上らなけれならないのに・・・

自転車を漕ぎながら原因を考えてみると、

1.今日(というか最近)は朝から両アキレス腱付近が痛く、歩くのに難儀していた。痛くならないように変な姿勢で歩いていたから?

2.緊張のせいか、朝からトイレにいく回数が増え、体の中の水分やミネラルが減っていたから?

3.元気よく上るために、いつも以上にアミノ酸などを摂取していたから?

 

いつもと違うことをやってみると、体に異常をきたす典型的なパターンになっていたようです。1.があったので、出発前に足が攣ることを予想していたのか?Oさんが持ってきていた足が攣りにくくなるというコレを

1 (4)

飲んでいたのだが、コレを飲んだから足が攣ったのか?コレを飲まなかったのなら1km地点で足が攣ってしまっていたのかが分かりません。後者であることを祈っています。

 

とか考えているのですが、それは坂がきつすぎる事の気を紛らわすためであって、余裕があるわけではありません。

前日のDJ曰く、最初は9%程度と言っていたのですが、Garminをみると10−12%の勾配です。騙されました。

というか、裏乗鞍なめていました。ごめんなさい

後ろからスタートしたカテゴリーの選手やフェミニンの方々、はたまたマウンテンバイク、そしてBrunoの小径車にもさくっと抜かれ、凹んでいます。足が攣っていることを考慮しても、自分の実力の無さを感じています。

距離を稼いでいくうちに、攣った足は両ふくらはぎに伝播し、ダンシングができません。ダンシングをしたら最後両足攣りによりこけてしまいます。このことから、

この時点での目標は「足を地面につかないこと」「2時間切り」に変更

 

踏ん張ってシッティングで進んでいると、前方から「ゴリッゴリッ」という派手な音のする自転車がいます。

なんの音?と考えていると、前方から声が聞こえ「フロントがパンク」しているとのこと。漢だなと思いながらも、その方に追い付くことが出来ません。常に20m位の距離を保っています。パンクしても彼の実力がすごいのか?私の実力がないのか?

落ち込むので、深く考えないようにして、徐々に距離を詰めて抜き去る際には目いっぱいの笑顔で「頑張ってください」と声をかけさせていただきました(でも、その後にも抜きつ抜かれつのデッドヒートを行っていました・・・)

最終的には、その方は運営委員からホイールを借りて最後まで上っていったようです。

 

中間地点をすぎる頃には、攣った足とのつきあいかたも分かるようになり、最初よりは進むことができるようになっており、徐々に上っていた後についに森林限界突破です。

晴れている日なら、きれいな光景を目の当たりにすることができるのでしょうけど・・・

空は真っ白です。しかも雨と風が強い

 

山での天気の急変なんてこんなものと思いながら上っていくと、先にゴールした人らが颯爽と降りてきているのですが、森林限界超えの部分にあるヘアピンカーブでは皆が自転車から降りているのが見えます。

何があった?

なんと、風が台風並み。もしくはそれ以上の強さのため、自転車に乗ったままでは危険と感じているようです。降りてくる人らは上る際に一度この場所を経験しているので、その危険度を感じているようですが、初めて上る私達はシッティングのまま上ろうとする人が多い。

そして、さらなる突風・・・で、こけましたorz…(速度0の状態からの落車なので見た目のダメージは皆無だったのが幸いでしたね)

足をつかないことを目標にしていたのに。しかも、体の左から風を受けて右側に倒れたはずなのに、左膝と左肘に擦り傷がある。どんなこけ方をしたのかがわからないのですが、降りてくる人らに「ガンバレ!、大丈夫?」との声援を受けて、再び走り出します。

 

 

そして、コケた後には先行していたOさんの下山とすれ違い、ユックリとゴールしました。

タイムは2時間14秒。男子E出走108名中94位。

コケたところで2分以上止まっていたので、コレがなければ14秒は稼げていたと思うが、それもレースです。

ゴール地点では視界はなく、とても寒い

1 (6)

バッグを受け取り、防寒具などを着込んで下山の準備をします

1 (5)

 

係員に下山の意思を示し、下りて良いよということだったので進んでいったのだが、変なふうにコケたのか変なふうな力を加えたのか知らないが、腰や左腕が痛い。

しかも、雨が風が強い。無理せぬように下山していったのだが、コケた地点で更に風が強くなったことでバスに回収されました。

たしかに、自転車を降りて、普通に自転車を支えていても、風によって派手に浮く状態だったのでしょうがありませんし、このまま下っても危険度が増すだけだったので、運営の判断は正しいですね

バスは通常の路線バスのようだが、中に自転車と人が入り乱れていて異様な光景でした。

震えながらバッグからカメラを取り出して写真を撮ろうとしたのですが、レンズが曇っていてわけわからん写真になってしました

1 (7)

路線バスのつり革がぶら下がっているところに(バイクラックのように)自転車がぶら下がっているのが面白かった。

(自転車はトラックで下山、人はバスで下山)

ここから、せっかく下った道をまた上った後に、下山になります。

そして本当のゴール

1 (8)

私のバイクはトラックの第一便だったようで、バスがスタート地点に下りてきた時点ですでに降ろされていたのですが、後の方のトラック便だったYさんとFさんの自転車が戻ってくるのにはあと数時間必要であり、この時間を待つのが辛かったですね(目的のゴール後の温泉にも入れずだったし)

 

そして帰路につく。

帰りの車の中では、平均勾配についての話があった。平均はたしかに7.2%なのかもしれないが、最頻値ではないと。ヒストグラムを書いてみたら、高勾配と低勾配に分かれて、正規分布していないのではと。と言うことで、帰ってからGarminのデータを元にして、走行距離100m毎の斜度でヒストグラムを書いてみたところ

ヒストグラム

こんなになりました。最頻値は9−10%だが、8−11%が最も多いようです。平均勾配という考え方はやめたほうが良いのではと・・・。勘違いするので

 

と言うことで、2つの目標には達せず、きれいな風景も見れず不完全燃焼ですが、

「日本でロードバイクで走ることができる一番標高の高い道」を走ることが出来てよかったです。

来年?よく分からんです。来年の3月に考えます。

ちなみに、冒頭のパンフレットにあるヘアピンカーブのところが一番風が強く、私がコケたところです。

下山時のカオスっぷりを動画にとっている方がいたので、勝手にアドレスを貼ったら怒られるので題名だけでも「乗鞍スカイライン ヒルクライム 2014 下り」。気になったらググってください。

 

そしていつものStrava

大会にでようとしないとこんな場所まで来ようとは思わなかったので、このレースに出ることができて良かったです。おそらく私の会社の中ではこの大会に出た人や自転車で乗鞍に上った人は初めてでないかと思います。

どんどん変態度が高くなってきましたが、Fさん、Oさん、Yさん。今回はありがとうございました。またどっか走りましょう。

 

 

岡山空港周辺 ヒルクライム練習

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

2週間後の日曜日に「乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム2014」をひかえ、会社のいつものメンバーで岡山空港周辺でヒルクライム練習に行って来た。

 

何故、この場所を選んだかというと、

・坂がある(コレがないと意味が無い)

・美味しいハンバーグ食べたい

・おいしいジェラート食べたい

と言う私の希望に叶う場所だったから(下の2つはヒルクライムと全く関係ない)

 

岡山空港の東側の坂の下に集まり、岡山空港らへんを最南端、建部を最北端とし、時計回りで坂をめぐる練習になった

全体を通していろんなチーム練習に遭遇し(みんな速い。もしくは速そうに見える)、今日が自転車日和だったことが分かる。

 

岡山空港から北上するルートでは

1

こんなところを通っていく。

これらの坂のダウンヒルの途中ではフロントのチェーンが外れ、それをダウンヒル中に調整しようとしたが、チェーン自体が前出の「ビッグプーリー」からも外れてしまう事象が発生。

今のビッグプーリー部分はディレイラーのガイド部分よりもプーリー直径の方が大きいため、フロントのチェーン落ちによりチェーンの走行位置がずれてしまい、ガイドのないプーリー部分でもチェーン外れしてしまったようだ。

フロントのチェーン落ち自体は修正が必要だが(その時はマイナスドライバーがなかった)、ディレイラー部分も何らかの改造が必要と考える

 

気を取り直して、それらの坂を下った場所にあるAコープで休憩

1 (1)

1 (2)

 

その後、R484を上っていき、峠に到着。

1 (3) 1 (4)

箱根駅伝に出てきそうな名前。

ココらへんではチーズの美味しいところがあるらしい。でも生なので自転車で持って帰ることは出来ないし、そもそも11時半には売り切れてしまうらしい。今度は自動車で来てみようと思う

 

その後は、森のなかをそのまま建部に進み

1 (5)

昼食の場所である「Yamada Deli」に到着

1 (6) 1 (7)

ここは精肉店が隣にあり新鮮な肉を使った料理を食べることができる

 

今日はハンバーグを食べることが目的だったが、他のメニューにも心を奪われかけている自分がいる・・・(タンシチューとか)

しかし、初志貫徹と言うことで、「チーズハンバーグ」を食すことにした

1 (8)

とても美味しい。見た目よりもあっさりしていたが、肉汁がジューシー。

しかも、ごはん大盛り無料。素晴らしいです。

 

次はハンバーグ以外の料理を食べてみたいです

 

おなかがいっぱいになった後は旭川を若干南下し、建部駅の南から「御津スポーツパーク」までショートカットする坂を上る(今日は坂練なので坂ばっかりです)

もう出発地点にも近いのですが、まだ目的のジェラートを食べていません。ここから目的地を「まつだ牧場」に設定し、最後の坂を上っていきます(全長約4km)。

初めの2km程度は4−6%の坂なので安心していましたが、残りの2kmにラスボスが待ち構えていました。

この疲れている体に10−15%の坂はこたえます。STRAVAのsegmentでは「裏まつだ牧場」と設定されており、ゆっくり走ったとはいえ8人中6番目。平均時速8.3km/hr。とても遅かった。

 

まあ、でも、なんとか上りきり、念願の松田牧場です

1 (12) 1 (10) 1 (13)

ここのジェラートは私好み(ダブル コーン:チョコレート & 甘夏)。

甘いモノをお腹に入れて今回の練習は完了です(後は下るだけ)

 

最後に、「ビッグプーリー」の感想ですが・・・、

足が回るようになった感じがするかもしれない(プラシーボ?)

楽に坂を上ることができるようになった様な感じもするかも(プラシーボ??)

と言う感じでした。楽になっているのは確かなのでちょっとは効果あるかも。だけれども、岡山空港を上る道では自己最高とはならなかったので(他の場所では自己最高あり)、まだまだよく分からんと言う状態ですね。

よく走る道を数回走ることで、その効果を検証したいと思います。

 

さあ後2週間