しまなみ海道グルメライド その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

さて、しまなみグルメライドも行程の三分の一くらいは終わったのか?

次に向かうのは生口島。

 

でも、往路は賑わっていない南側のルートを走ることになっている。つまり、走るだけである。

淡々と30km/hrくらいで前をひき、どこも寄ることなく多々羅大橋に近づく。

しかし、海を見ながら走るのはとても気持ちが良い。

やはりここはレモンの聖地。会社の後輩の奥さんの実家がこの辺でレモンを作っているので、なぜかは知らないが親近感が湧いてしまう

相変わらず海が綺麗

空と橋も綺麗

初めて県境を気にしたかもしれん。

 

これより南は愛媛県。

 

 

この橋が一番好きだな。

 

 

と思いながら、本日のルートの最南端である「道の駅多々羅しまなみ公園」に向かう。ちなみに、ここは昼食の場でもある

 

ここはサイクリストの聖地と謳っていることもあり、さまざまなオブジェが出迎えてくれる

 

サイクリストの聖地での写真をいっぱい撮ったことで、気持ちはお腹いっぱいになったので、次は物理的にお腹をいっぱいにさせる番

いままではこの地を集合場所としていたことが多かったので、昼食な別の場所が基本だった。今日は嬉しくも折り返し地点がこの場所なので、ここで初めての昼食となる

メニューを見てみたらとても充実していた。

 

特にマハタという高級魚に目を奪われる

このオブジェはマハタ?それともヒラメ?

 

 

待つこと数十分、せっかくなのでと頼んだマハタメニューの中で一番高いやつ

マハタの素揚げに

マハタの握り寿司

 

それらを合わせた「多々羅御膳」

カロリー的にうどんが余分だったけど、とても美味しゅうございました。

素揚げはどこまでも食べていける感じで、ヒレまでも食べることができる。刺し身も鯛よりも濃厚で、ガツンと来る感じ。コレはリピート確定ですね

 

 

さて、お昼ご飯もお食べたので帰路につこうかと。

と言う時に、Aくんにパンクの女神が降臨

スローパンクな感じだったので大事には至らず、次のスイーツを目指す

 

生口島の北側といえばお店がいっぱいあるところ。見所はたこ飯とか耕三寺とかサンセットラインとかいろいろあるが・・・

あいかわらずレモンのオブジェはいたるところにあるが

 

次の場所はレモン味などを堪能できる場所

生口島に来たら外せない場所。サイクリストもそうだけど、一般の観光客も訪れている

この日はとても暑かったのでシャーベットが体にしみる

 

さあ、もうすぐフィナーレだが、朝に行きそびれたお店がある

最後のカフェオレ大福

大福の中にカフェオレと甘い餡(クリーム?)が入っていてとても甘い。疲れた体に行き渡る。でも、甘すぎて水が欲しくなるので、自販機で水を購入して今日のデブ練が終わった。

 

皆さんお疲れ様でした。またお願いします。

 

 

で、ライドは終わったのだが、まだ用事は済んでいない。

まずは、また多々羅の道の駅に車で向かい、レモンとはっさくを購入。しまなみに来たら国産のレモンを買わねば。そして、はっさく美味しい

 

次にはっさく大福を福山SAで購入すること。売り切れていたら悲しいのだが一縷の望みを持ちながらSAに向かう

そうすると、こんな張り紙が。

このショーケースの前には、午前中に逃亡犯について話をした店主のおじさんの写真がある。

午前中に話をしたおじさんは幻だったのか?

 

ということで、本店は開店していたが、SA内のはっさく屋さんは定休日ということで、最高のはっさく大福をお土産にすることができなかった。

また次の機会に本店を訪れてみよう。

 

本日のグルメライドの全行程はこちら

しまなみ海道グルメライド その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

今日はSくんからのお誘いで久々にしまなみ海道までやってきた。

この前の週もSくんのお誘いの豪渓ライドだったので、何度も誘ってくれてありがたい。最近自分からは30km以上を走ろうとしていなかったので、走ろうとする気力が戻ってきた感じ

 

ちなみにこの時は向島に逃走犯がいるかもということで、その島は厳戒態勢になっているがサイクリストたちにはあまり関係ないようで、沢山の自転車たちとすれ違った

 

集合場所は「因島運動公園」。高速降りてからすぐだし、トイレなどもあり集合には良いところ。

今回のメンバーは、ホストのSくん、FJさん、ヤングなAくん、そして私の4名で走り出す。

気分を変えて2年ぶりにピンクで出動

 

 

まずは運動公園すぐのカフェオレ大福。ただ、朝早くてまだ開いていない。しょうがないので後回しにして、次のはっさく屋に向かう。

しまなみ海道といえば「柑橘類」

柑橘類のスイーツといえば「はっさく大福」

はっさく大福といえば「はっさく屋」

 

と言うことで、

はっさくの「酸っぱさ」と「にがさ」、それに餡の甘さが絶妙にマッチしている。

これまでフルーツ系の大福は食べず嫌いな感じだったが、これはうまい。帰りに時間があったらお土産でもと思って、店主のおじさんに夕方に余っているか聞いたら、ちょっと厳しそう。

福山SA上り線でも売っているようなので、そこで買ってみよう。

 

ちなみに、この店は因島大橋のすぐ近くにあり、その橋のたもとにパトカーが止まっている。

店主のおじさんとも色々と話をしたが、向島の住民は検問などによる渋滞でストレスマックスらしい。高速バスの停留所でも警察官がバスの中に入って確認していたし、早く捕まって欲しい

 

と言うことで、色々と話をし、Aくんがはっさく大福の次にいちご大福も平らげたので次に進むことにした。

 

実は因島の南側は初めて走る場所。サイクリングロードには指定されていないので自転車はおらず、起伏もちょっとある。

でも、海は綺麗だし、空は青いし、車も自転車も少なくとても気持ち良い

 

先週に引き続きの坂で足にちょっときながら、ライドを満喫している

 

 

そうしていくと、本日のライドの主目的である「太刀魚バーガー」の店に近づいていく。ここはSくんが本日のメインとして設定した場所。

ここに来るために集合場所や集合時間、全体のルートを設定

商店街の中にある鮮魚店が近くにあるパン屋さんとコラボしお魚バーガーを開発したみたい

 

そして、お待ちかねの太刀魚バーガー

ちょっと甘みのあるコッペパンに野菜とソース。ソースはともに自家製のタルタルとケチャップがある。

そして、作りたての太刀魚のフライ

 

最近太刀魚が不漁とのことだが、太刀魚をフライで食べたのは初めてかも。

全ての味がうまい具合に絡み合い、2つ目を食べてみたくなる衝動に駆られる。パンは脇役かなと思いきや、これも主役を張れる具合の美味しさだったのにびっくりした。

 

 

このお店には開店前に来たので行列はまだなかったのだが、なんか怪しい集団はいた。

テレビカメラ持っているし、なんか店主と打ち合わせしているし・・・

話を聞いてみると、尾道のケーブルテレビの取材だそうだ。

ケーブルテレビの範囲を因島とかに広げるので、その因島の見所を紹介する番組を作っているとのこと。

僕たち4人が太刀魚バーガー収録の第一待ち人だったようで、色々と話をし、写真を撮られ、逆に写真を撮り、テレビに出ることに決定。写真だけかもしれんけど。

皆、肖像権は問題ないので、5月にはその雄姿が尾道周辺のケーブルテレビ内でみることができる。

 

結局、Aくんは2つ目のお魚バーガーは食べなかったが、また来てみたいお店だったことには間違いない。次はケチャップバージョン!

 

 

ちなみにこんな感じの冊子もあるので、因島を堪能したい人は手にとってみても良いと思う。

今までのしまなみライドは、大三島から南側を中心に走っていたけど、尾道〜向島〜因島も良いかも。

 

ここまでに2つを食べたが、まだ因島からは出ていない。

 

と言うことでその2に続く!

 

帰省ついでに由布院と別府まで

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

約四半世紀ぶりとなる高校の同級生と会うために大分まで帰ってきた

いつものごとく、それだけではもったいないということで自転車を積んで走ることを考えた。

 

今回のコースは実家のある大分市から国道210号を湯布院まで走る。その後は別府に抜けて、別大国道を走って実家まで走る道。

高校二年生の時に似たような道を走ったのだが、その時はママチャリでの走破だった。ちなみにその時に一緒に走った友達と同窓会で有ったが、自転車で走ったことは忘れていた・・・。

 

さて、晴れた日なら実家から由布岳が見えるので、「待ってろよ」的な意味も含み写真を撮ろうとしたのだが、その日は生憎の曇り模様で綺麗には見えなかった

P1030061

正面に由布岳と鶴見岳が綺麗に見えるはずだが、ちょこっとしか見えない

まあ、この道は由布院まで続いているがあまり面白くないので淡々と走る

P1030064

途中には3年前に久住方面に走っていった場所がある(当時はココを左折)。

 

更に淡々と走っていると由布院に到着です

P1030066

P1030071

ここまで来ると雲は若干晴れてて、綺麗な山が見える。

さて、更に駅に向けて走ると

P1030074

いろんな国の人々がごった返すところに到着。久々に来ると駅舎が小さく見えます。こんなだったっけ?でも、いつかはココをななつ星を乗って訪れたいです。

 

1人でこんなところにいてもなんか寂しいので次に進む。

次からは由布院と別府の間にある峠を超えなければならない。

P1030076

写真中央にある坂を上っていかなければならない

P1030078 P1030079 P1030081

写真と撮っては走り、撮っては走りとする

霧が出ている時だったら、この場所からの眺めは最高のはず。見たこと無いけど

 

P1030082

峠を過ぎてちょっと走ると正面に由布岳が近くに見える。

中学か高校の時にこの山を上ったんだが、何処から上ったのかの記憶が無い。結構苦労した気もするので中学の頃だったか・・・。

P1030084

更に進むと城島高原に到着。もちろん1人なのでなかに入ることはないのだが、高校の時に走った際の目的地の一つである。

木製コースターに乗った記憶がよみがえる

 

先に進むとやっとの下り坂

 

10代の頃にこの坂をママチャリで下っていたとは怖いもの知らずである

P1030087

そして、坂を下っていると硫黄の匂いがしてくる。そうです、やっと別府に到着です。

自動車で走っている時にはあまり気にならなかったけど、自転車ではもろに硫黄の匂いが鼻に入ってくる

P1030088

なかなか良い別府の写真が撮れなかったけど、ちょこっと湯気が出ているのが分かる。

 

さてココからは行きたかった場所の訪問

 

大分県でサッカーを嗜んでいた人には有名な場所「実相寺サッカー競技場」

特に高校の主要な試合はここで行われることが多く、大分駅から別府駅まで電車に乗り、それから歩いてここまで来ていたことを思い出す

当時は土のグラウンドだったけど、サッカー熱が盛り上がるときには芝生になっていたみたい。我々の時はまだ盛り上がっておらず観客もほとんどいなかった

P1030090

こちら側のゴールにマークしていたFWにCKからヘディングゴールを入れられた。

P1030091

その後チームは相手に追いついたが、その時には既に交代してしまっていたので、写真に見えるベンチに座っていた(ベンチは当時と変わっていないように見える)

そして、最終的にはPK戦で敗北し、高校サッカー生活が終了。

P1030093

ずっと来たかったけど来れなかった場所。

上にも書いたが、当時はサッカー熱もあまりなく、高校でのサッカー部の人気もあまり無かった。だが、最後の試合には何人かがわざわざ大分から試合を見に来ていた!!!

チームの皆もその応援が試合中の強みになっていたと思う。

今なら言える。ありがとう! m(_ _)m (覚えていたら良いのだが・・・)

 

今はもう脚の怪我によりサッカーは出来ないけど、またここでボール蹴ってみたい

 

さて、感傷に浸った後はお腹が空いてきた。

別府といえば、「冷麺」だそうだ。知らなかった。

と言うことで、事前に調べていてここから近くにある「天心軒」に向かう

 

まずは冷麺

P1030094

次にとり天

P1030095

とても美味しい。

でも、冷麺を注文した後に「スープが冷たい」事に気づいた orz…

この日は朝方に雨が降っていたので、前日に比べてちょっと冷え込んでいた。その状態なのに冷麺。周りの人も冷麺を注文していたので気にならなかったのだが、やはりちょっと寒かった。

でも美味しい。

次の機会には他の場所の冷麺を食べたい。そして、とり天や鶏の唐揚げも食べたい!

 

腹ごしらえも終り、別府らしいところを写真に収めたかったのだが、良い所が見つかる前に坂を下りきってしまっていた(どうせなら、自転車で地獄めぐりをするんだった)

と言うことで、別府といえば「別府タワー」を写真に撮り、別府を後にする

P1030099

その後は別大国道を大分に向けて走り

P1030105

P1030101

 

西大分から実家のある方面に向かう

P1030107

「かんたん」とは地名です。

途中にはこんなのぼりもあり(なんか大分チック)

P1030114

 

と言うことで、80kmを走り実家に帰ることが出来ました。

この次の日に同窓会に参加したところ、とても楽しく

「地元も良いなあ」と痛感した今日このごろ。

 

最高の景色!

P1030079-Edit-2

 

備前♥日生大橋

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

備前♥日生大橋。

 

何故、♥があるのか?理解に苦しむ今日このごろ。

 

年始から連続していた出張の嵐も終焉に近づき、23日に会社の仲間らと自転車に乗ってきた。

これまで満足した練習もできていないので、リハビリ練習と言うことで時々追い込んだり休んだりしながらとなる

 

場所は、冒頭にもある「備前♥日生大橋」

ここは岡山県にある瀬戸内海に浮かぶ鹿久居島と日生をつなぐ橋である。結構前から工事はしていて、この4月にめでたく完成。

 

仲間の多くは吉永町に集まり日生まで走ってくるが、私は自宅から直接来たほうが早いので日生に直行。

P1010210

久々にこの峠走った気がする。全く走っていない脚が既に悲鳴を上げている

 

日生には9時半頃集合だったのだが・・・、ちょっと早くついてしまったので「五味の市」の直前にある山に上ってみる

P1010211

ここは橋を見ることができるのだが、橋を終えた後に坂が見える。

P1010213

会社で聞いた話によると、橋−鹿久居島−頭島と結構アップダウンがあるみたい。

山を降りる途中には猫隊長が出迎えてくれた

P1010219

なにか良いことがあるかもしれない・・・

 

 

その後、集合地点である五味の市に到着。

今回の参加者は、Oさん、Yさん、Kさん、YM−Y君、F君、YM-S君、私の7名

Kさんは、私が自転車を再開した頃にはマウンテンバイクに乗っていて、その後は小休止をしていたが最近になってロードを購入。久々のポタろう会です。

 

そして、五味の市から橋に向かって走りだす

途中で皆で写真撮ったり、自分だけで写真撮ったり

P1010227

 

そして、入り口に到着

P1010228

 

看板があったのでなにげに撮したが、これCGだった。しかも、海に橋が映るようにしている芸の細かさもある

 

P1010229 P1010231 P1010234 P1010235

 

まだ新しいアスファルトの匂いがする橋を走り、その後一旦下りとなる。

ちなみに、写真の正面右側に上っている道を見ることができるのだが、一旦下ったあとにあの坂があるので、見た目よりも上る必要がある

 

で、ここで、ビックリすることが発生した。

なんと、YM-Y君のチェーンが切れた。

 

昨年の日生ライドではYさんのタイヤが破裂するというビックリなことが有ったが、今回はチェーンである。

幸い、ミッシングリンクを持っているので。と思い、結合に必要ないチェーンを外そうとしようとするのだが。。。

P1010240

P1010239

 

全く切れん。

(人力で外れるようでは危なすぎる気もするので、ここはひとまずあきらめる)

 

これではミッシングリンクも意味が無い。ここで学んだことは、自分が装着しているミッシングリンクが壊れた時には予備のミッシングリンクが役に立つが、通常のチェーンが切れた際には、やはりチェーン切りが必要だってことです。

しかも、最近のミッシングリンクはちょっと固いのか素手では結合が困難なこともあり、ペンチも持ち歩かなければならないのかもしれない。

 

いろいろ知識はあるのだが、結局は役立たずだったことを詫び、YM-Y君をその場に残し、短い時間の頭島ライドを決行

P1010241 P1010243 P1010242

 

鹿久居島も頭島もまだまだ探索できるところはあると思うので、次の機会に残しておきます。

 

そして、Yさんの車でYM-Y君をピックアップし、五味の市に戻って昼食とした

P1010248 P1010249

 

昼食の際に、橋の名前を写真に撮ることを思い出したので、そのまま吉永に向かう皆とは別れて私だけもう一回橋に上ってきた

P1010252 P1010250

 

やっぱりがある。

 

但し、英語名では「Bizen Hinase Bridge」であり、♥は無かったことを付け加えておく。

 

練習不足を痛感するポタリングだった。一緒に裏乗鞍に参戦するOさんにも全くついていけず、2ヶ月弱の更なる精進が必要と考える

 

八塔寺まで皆でライド

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

きょうはとてもあたたかく、格好の春ライドとなった。

 

ルートは、岡山県吉永町から八塔寺に行き、和気に下って戻るというコース

2015 03 21 八塔寺-1 のコピー

2015 03 21 八塔寺-2 のコピー

メンバーは会社のメンバー(私含め7名)に加えて「誰ぞ、一緒に走ってくれまっしゃろか」の著者である「ジョジョジョさん」にも参加してもらった。

ちなみに今回は余裕がなかったのと走るのと、話すのが楽しく、あまり写真は無い。

 

吉永町を北上し八塔寺を目指す

P1000919

斜度がきつくないところは「比較的」高速で進む。アップも無しに走っているので付いて行くのに余裕が無い

その後、FJさんによるペース調整が入り、ちょっと楽になった。

 

そして、ダムに近づくにつれ斜度がちょっときつくなる

P1000920 P1000922

その後、先頭付近にいる青いK君がスパートする。

ダム近くで休んだ後は、八塔寺前の急坂を更にへろへろになりながら上る。ここでもK君が先行。というか見えなくなる

P1000923

八塔寺にある手打ち蕎麦屋の前では鹿フン騒ぎもあり、楽しく走る。

 

その後は、八塔寺を下り和気まで進む。途中の日笠の山の中では、ママチャリに乗ったおばあさんとおじいさんがいて、こんな山の中で彼らはどこに行くのかが話題となる。

しかも、電動アシストではない普通のママチャリであり、結構な健脚であることが予想される。

 

そして、日笠から鵜飼谷温泉付近まで走り昼食の時間となる。当初は「ピザキング」に行くつもりだったが、多くのお客さんがいて断念する。

その次は「和蔵」にオムライスを食べに行くことにした

 

と言うことで「昔ながらのオムライス」を食す

しかも、やめればよいのに「大盛り」

P1000924

そして、吉永まで帰って47kmのライドは終了。

やはり、よく走り、よくしゃべり、よく食べるライドは最高です。

 

ちなみに帰ってからStravaにアップしてみたら、「1464 Climb」のタイムが昨年5月に走った時のタイムと偶然にも全く同じだった。

シーズン初めとしてはまあまあです

2015 03 21 八塔寺-3 のコピー

 

と言うことで、今年も「裏乗鞍」の為にトレーニングを開始します。まあ、オムライスの大盛りを食べる前に痩せなければならないのだが・・・。

裏乗鞍

ポタろう会 9月会合

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

Facebook中で、会社の自転車走行会の名前を「ポタろう会」と命名したは良いが、まだあまり定着していない気がする今日このごろ、今年の幹事のFくんやTくんが積極的に使用してくれていてとても嬉しく思っている

 

ただ最近のポタろう会は雨に祟られ集まることができていない。

 

起死回生ということで9月6日に9月の走行会を実施した。

この頃には天気はある程度安定していたので、走るときには大丈夫だった。でもやはり・・・・

その日の夕方にはものすごい雨が降ってしまい、ちょうど出かけていた古参のYさんは雨にやられたらしい。

 

 

まあ、そんなことは置いておいて、走行会について淡々と(というか写真がない)書いていく

 

集合 :備前市吉永町 8時

ルート:吉永−赤穂−日生−吉永の約60km

メンバー総数:9名

 

そして、今回のポタろう会には、自転車を買って数ヶ月のYMさんもやってきた。長距離+山あり谷ありのコースは初めてのことみたいで、皆でサポートしながら走ることを誓う

 

自走で集まったのは、FJさん、Yさん、そして私。

YさんはNew Bikeのお披露目(写真撮るの忘れていたorz..)で、Oさんには秘密だったのでとてもびっくりしていた。

New Bikeは裏乗鞍の前の6月末には注文していたのだが「サプライズお披露目ショー」のために約2ヶ月間我慢していた(Facebookでは我慢できずに1ヶ月目で報告済み)。

 

本人曰く、「言いたくて言いたくて口腐るかも」状態だったみたい。

私は注文の際に一緒にいたので知っていたのだが、かなり漢前な決断だったことを記憶している。

 

と言うことで、吉永から赤穂に向けて走りだす。

9人という人数で走るのも久しぶりで、車に注意しながら走りやすい道を選ぶのが難しい。

 

と走りだして数kmのところでTTくんがパンク。

なんと自転車を買って2年も経つが「初めてのパンク」。皆でパンク修理の方法を教えながら修理を行う

 

その後は順調に走っていたが、、、、、、、、、、、、、、、、、

YMさんにトラブル発生! しかもこれまでの自転車人生の中で初めてみた

(このトラブルはこの後の動画中を見てください)

 

YMさんは、このトラブルによって自走不可となってしまったので、一旦私が家まで帰りトラブル対応の準備を行い、無事走りだすことに成功。

その後は日生に寄ってお好み焼き食べて、帰路についた

このお好み焼き屋ではモダン焼きを食べたのだが、広島焼きとモダン焼きが異なることを初めて知り、広島焼きを本場で食べてみたくなった。

次のポタろう会広島支部では「広島城一周後に広島焼きを食べに行くというツアー Oさん提案」だろうか?

 

数分で終わるらしいが・・・by Yさん