岡山 金山上り

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

今日は会社の人らとツーリングである。

昨日までは雨が降っていたが、今日は朝から天気が良い。でも寒い。
人数は9人と今までで最も多い人数ではなかろうか。

スタート地点は「ネオポリス マックスバリュ」
そこから岡山市街に向けて西に走り、備前原近くの「コンビニ ポプラ」に集まる
c04e4754.jpeg

52b88813.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、以前から一緒に乗っていた「森部」の全4名が集まるのは、昨年の蒜山以来である。

自称28歳の先輩の自転車のバーテープが変わっていて、それを見せつけるためだけに、軽いTREK Madoneではなく、Anchorを乗ってきていた。
d80626aa.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんともはや・・・ 

すごい色です。これをつける勇気はありません。先輩曰く、自転車にはイッパイあったと。
この先輩は3台自転車を持っていて、ミニベロには銀色のバーテープをつけている。

まあ、そんなこんなでおしゃべりをしていたが、金山上りに出発
と言いながら、キツイ金山直登ではなく笠井山経由で上っていく。

道がわからないので、この場所をよく走るというS君を先に走っていく。
金山は岡山市内でも、標高が高いサイクリング場所の様で上っている人が多いみたい。但し本日は英田サーキットでエンデューロレースをやっているのか、金山には比較的少ないみたい

途中は写真を撮る隙がなく、黙々と上っていく。この高さは小豆島以来。
もうすぐてっぺんというところで休んでいると、蒜山以降ほとんど乗っていないというMさんの足が攣る。
必死に伸ばしていたが、悶絶していた。

ちょっと曇っていて写真では見難いが、唯一景色が良かった。先に見えるのは岡山インター付近
147c4466.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからちょっと上って、下りになるのだが、天気がどんどん悪くなっていく。
R53号沿いの岡山県自動車免許センターに近づくと、雨が降ってくる。

でも、この免許センターは豪華すぎる。税金の使いすぎのようにも感じてしまう。

そこから更に下って、以前にも行った「かばくろ」で昼食。
お店に入った時点で雨が強くなってきた。しかも、入った跡にお客が増えてきたので、調度良かった。

そして、注文したのは期間限定の↓
ea069915.jpeg

51c74412.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が悪くなってからのダウンヒルは寒かったので、暖かいご飯は格別に美味しかったです。

ご飯を食べ終わる頃には雨もやんで、旭川沿いに牟佐まで戻り、行きと同じ道をネオポリまで帰りました。

最近の若手はよく走ります。
自分が自転車乗り出して直ぐの時には、こんな坂は登ることが出来なかったと思います。

また、みんなで何処かに行く為の計画をしたいと思います。

次はGWですかね。

蒜山サイクリング

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

今日は、待ちに待った「蒜山サイクリング」だった。

GWにしまなみ海道に行ったメンバーに加えて、私たち初期メンバーよりも若い3人が来てくれた。

蒜山は岡山県北部にある標高約400mの高原である。
昨年のB級グルメで2位に入った「蒜山焼きそば」が最近のトレンドのようだ。

岡山にあるいつもの集合場所を7時に出発し、9時過ぎに蒜山に到着。

暑い!

暑すぎます。

蒜山は高原にあるので涼しいかも、とタカをくくっていたが、高原でも暑かった。
b84d2e38.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時の時点で30度付近までいっていた。

準備が完了し、全部で8人のパーティーが移動を開始。

まずは自転車道を移動。
3d8bcb25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この自転車道は落ち葉や枯れ枝が落ちていて走りにくい。
誰も走っていないのだろうか?

しかもアップダウンも有り、レンタサイクルにあるママチャリではキツイと思う。
新メンバー達も予想と違って、苦しんでいた。

自転車道から「蒜山大山スカイライン」に入る前に休憩。
蒜山っぽい景色が広がっていた
49a696cb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間では、牛たちの芳しい匂いはまだしておらず、ひとまずホッとする。

ここから平均勾配5%弱の坂道に挑むが、
その坂道でロングライドが初めてな新メンバが遅れ始める。
彼はマウンテンバイクでトライしたものの、自転車の重さと初めての坂道でペースダウン。
数人はそのペースに合わせて登って行く事にしたので、休み休み走ることにした。

鬼面台展望台までの約8kmをユックリと登る。この場所で標高がだいたい850m。スタート地点が約450mだったので、400m上ったことになる。

そして北側を向くと、その中央に大山が見えた。
まだまだ大山までは距離がある
e4483e33.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして蒜山といえば、ジャージー牛のソフトクリーム
b305531b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで休んでいると、新メンバーが蝶に好かれる。
何度も何度も寄ってくる。
変なフェロモンでも出しているのか?
9a654d4b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はここから更に上って、蒜山の山々の周りを1周するはずだったが、予定通りにはいかず、既に12:30となっていた。
このペースで走ると、お昼ごはんが食べれない。

と言うことで、とりあえず県境までは走り、そこからUターンし大山名物「ジンギスカン」を食べに行く事に決定。その決断を下したら、蝶に好かれていた後輩は「素晴らしい笑顔」を見せてくれた。
よほど坂が苦しかったのか。
879d9416.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上るときは苦しんだ坂が、下るときは一瞬だった。いつものことながら寂しい。
坂の途中で標高が500m位になったときに、空気が急に熱くなった。
さっきは気付かなかったが、やはり展望台では空気が冷えていたようだ。

そして待望のジンギスカン
b84918e3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒜山といえば「ジンギスカン」と言っても良いくらいの知名度。
チャリダーはいなかったが、観光客やバイカーが一杯いた。でも、どんどん店が閉まっていっているようだ。先輩のお気に入りの店に行こうとしたら、いつの間にか閉店していた。

食べ放題だが、4人で6人前しか食べることが出来ずに年を取ったことを痛感。
消費したカロリーよりも、摂取したカロリーの方が多いという状態になり、いっぱいいっぱいになりながら帰路に着く。

途中で、もう一つの蒜山の定番「ジャージー牛乳」を飲む。でも何故かカフェオレ。
0be63f71.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャージー牛乳は濃い。牛乳瓶には「よく振ってください」の注意書き。

そして、最後に恒例の「スプリント合戦」をやって、森部による蒜山サイクリングが終わった。

で、蒜山焼きそばは・・・?
と言う感じもしますが、メイン道路にはあまり店はなく。昔からの店にはあったのかもしれないが、あまり目立っていなかった。それよりも普通の蕎麦の方が店があった。
ブームが終わったのか、それとも見る所が悪かったのか?調べる必要がある。

最後に嫁さんにお土産を買って家に帰る。
蕎麦と蒜山ジャージー贅沢ヨーグルト


このサイクリングの目的は新たなメンバーを自転車に引き込むことと、初期メンバーのNew自転車のお披露目であった。

前者は成功し、次の目的地を探る事が必要。

後者に関しては、5月中旬に新たな自転車を買ったことを告白され(3台目)、その告白の場にいなかった初期メンバーをびっくりさせる為に、この日まで秘密に

自転車の持ち主は、黒色が好きで基本的に3台とも黒色。
1台目から2台目の時もびっくりお披露目だったが、あまりにも似ていたので誰も初めは気づかず(小径のドロップから、普通のロードバイクだったにもかかわらず)

今回は、AnchorからTrek Madoneへの変更。
ロゴが派手になったので一目分かるはずが、びっくりさせる相手は全く気づかず。
どこまで鈍感かと言うことで、ボトルケージを指さして、「今日ボトルを忘れたよー」とアピールするも気づかず。
走りながらもアピールするも、これも気づかず。

しびれを切らし、休憩時に白状する(間違い探しをさせても気づかなかった)。
その人は「今回は新しいメンバーも入った事で、新しい自転車があっても気づかなかった」そうだ。

Trek Madone 軽かった。やはりカーボンは良い。

と言うことで、夏の行事が終了。
日中は暑くて走る気がしないので、仕事が終わってから走ろうかと思う。

次の森部のサイクリングは10月以降か

———————————————————————————-

ランキング参加中です

ポチッと押してくれたら励みになります m(_ _)m

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ