片鉄ロマン街道

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

今日は会社の人らとサイクリングである
ルートは、岡山県備前市から柵原町を南北につなぐ「片鉄ロマン街道」を走る

このサイクリング道は、鉱山鉄道跡に作られた道で始点から終点まで約36kmの道のりである。
話が森部でも3年前に走っている思い出深い道である。

3年前は走る能力に乏しく、途中まで車で行き、往復40kmの道のりを走っていたのだが、今回は家から自走で参加した。

赤穂の桜は散り気味であるが、道中はどんな感じか楽しみである
62f1dd7a.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤穂から日生を抜けて備前市に入る。
集合時間までにちょっと時間があったので、途中で見つけた「宇佐八幡宮」に寄ってみる。

ここは我が故郷大分県にある宇佐神宮と関係がある場所みたいだ
670ec197.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが備前焼きの地である。こんな狛犬がいるなんて
c2238e66.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物は階段の上にあるらしい。コケるかもしれないので自転車シューズで登ることは出来ない。

bc98bb15.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから片鉄ロマン街道の始点に到着
edad75dd.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は9人の大所帯で、初ロードバイクが二人もいるのでゆっくりと走る

桜はと言えば、やはり散り気味であったが、まだまだ風情がある。
他にも自転車に乗っている人はたくさんいて、桜と一緒に記念撮影をしている
e6724963.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、なんのトラブルもなく終点の吉ケ原駅に到着
6b004550.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには「駅長猫 コトラ」が住んでいるらしいが、今日は顔を見せてくれなかった。
どうも毎月第一日曜日にしか現れないみたい。

この後は近くの「たまごかけごはんのお店:らん」に行き、皆でお昼ごはんを食べました。
c32c4912.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ終わり、帰路につくのだが8人中2人がパンクするなど、ちょっとアクシデントがあったが、初めてのパンク修理となる人もいて、皆がいる時にパンクしてまあ良かったのではと思います。

私は和気にて皆と別れて赤穂に向かいますが、先週とは違って東に向かっているのですが、今回もまたものすごい向かい風が吹いています。
朝と同じ海沿いを走ればちょっとは違った結果になったかもしれませんが、心が折れそうになりながらも走り、やっとこさ家に帰り着きました。

今日の走行距離は約110kmでしたが、皆とゆっくり走ったので体へのダメージはほとんどありません。

GWに何処を走るか決めなければならない。

蒜山サイクリング

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

今日は、待ちに待った「蒜山サイクリング」だった。

GWにしまなみ海道に行ったメンバーに加えて、私たち初期メンバーよりも若い3人が来てくれた。

蒜山は岡山県北部にある標高約400mの高原である。
昨年のB級グルメで2位に入った「蒜山焼きそば」が最近のトレンドのようだ。

岡山にあるいつもの集合場所を7時に出発し、9時過ぎに蒜山に到着。

暑い!

暑すぎます。

蒜山は高原にあるので涼しいかも、とタカをくくっていたが、高原でも暑かった。
b84d2e38.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時の時点で30度付近までいっていた。

準備が完了し、全部で8人のパーティーが移動を開始。

まずは自転車道を移動。
3d8bcb25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この自転車道は落ち葉や枯れ枝が落ちていて走りにくい。
誰も走っていないのだろうか?

しかもアップダウンも有り、レンタサイクルにあるママチャリではキツイと思う。
新メンバー達も予想と違って、苦しんでいた。

自転車道から「蒜山大山スカイライン」に入る前に休憩。
蒜山っぽい景色が広がっていた
49a696cb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間では、牛たちの芳しい匂いはまだしておらず、ひとまずホッとする。

ここから平均勾配5%弱の坂道に挑むが、
その坂道でロングライドが初めてな新メンバが遅れ始める。
彼はマウンテンバイクでトライしたものの、自転車の重さと初めての坂道でペースダウン。
数人はそのペースに合わせて登って行く事にしたので、休み休み走ることにした。

鬼面台展望台までの約8kmをユックリと登る。この場所で標高がだいたい850m。スタート地点が約450mだったので、400m上ったことになる。

そして北側を向くと、その中央に大山が見えた。
まだまだ大山までは距離がある
e4483e33.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして蒜山といえば、ジャージー牛のソフトクリーム
b305531b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで休んでいると、新メンバーが蝶に好かれる。
何度も何度も寄ってくる。
変なフェロモンでも出しているのか?
9a654d4b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はここから更に上って、蒜山の山々の周りを1周するはずだったが、予定通りにはいかず、既に12:30となっていた。
このペースで走ると、お昼ごはんが食べれない。

と言うことで、とりあえず県境までは走り、そこからUターンし大山名物「ジンギスカン」を食べに行く事に決定。その決断を下したら、蝶に好かれていた後輩は「素晴らしい笑顔」を見せてくれた。
よほど坂が苦しかったのか。
879d9416.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上るときは苦しんだ坂が、下るときは一瞬だった。いつものことながら寂しい。
坂の途中で標高が500m位になったときに、空気が急に熱くなった。
さっきは気付かなかったが、やはり展望台では空気が冷えていたようだ。

そして待望のジンギスカン
b84918e3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒜山といえば「ジンギスカン」と言っても良いくらいの知名度。
チャリダーはいなかったが、観光客やバイカーが一杯いた。でも、どんどん店が閉まっていっているようだ。先輩のお気に入りの店に行こうとしたら、いつの間にか閉店していた。

食べ放題だが、4人で6人前しか食べることが出来ずに年を取ったことを痛感。
消費したカロリーよりも、摂取したカロリーの方が多いという状態になり、いっぱいいっぱいになりながら帰路に着く。

途中で、もう一つの蒜山の定番「ジャージー牛乳」を飲む。でも何故かカフェオレ。
0be63f71.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャージー牛乳は濃い。牛乳瓶には「よく振ってください」の注意書き。

そして、最後に恒例の「スプリント合戦」をやって、森部による蒜山サイクリングが終わった。

で、蒜山焼きそばは・・・?
と言う感じもしますが、メイン道路にはあまり店はなく。昔からの店にはあったのかもしれないが、あまり目立っていなかった。それよりも普通の蕎麦の方が店があった。
ブームが終わったのか、それとも見る所が悪かったのか?調べる必要がある。

最後に嫁さんにお土産を買って家に帰る。
蕎麦と蒜山ジャージー贅沢ヨーグルト


このサイクリングの目的は新たなメンバーを自転車に引き込むことと、初期メンバーのNew自転車のお披露目であった。

前者は成功し、次の目的地を探る事が必要。

後者に関しては、5月中旬に新たな自転車を買ったことを告白され(3台目)、その告白の場にいなかった初期メンバーをびっくりさせる為に、この日まで秘密に

自転車の持ち主は、黒色が好きで基本的に3台とも黒色。
1台目から2台目の時もびっくりお披露目だったが、あまりにも似ていたので誰も初めは気づかず(小径のドロップから、普通のロードバイクだったにもかかわらず)

今回は、AnchorからTrek Madoneへの変更。
ロゴが派手になったので一目分かるはずが、びっくりさせる相手は全く気づかず。
どこまで鈍感かと言うことで、ボトルケージを指さして、「今日ボトルを忘れたよー」とアピールするも気づかず。
走りながらもアピールするも、これも気づかず。

しびれを切らし、休憩時に白状する(間違い探しをさせても気づかなかった)。
その人は「今回は新しいメンバーも入った事で、新しい自転車があっても気づかなかった」そうだ。

Trek Madone 軽かった。やはりカーボンは良い。

と言うことで、夏の行事が終了。
日中は暑くて走る気がしないので、仕事が終わってから走ろうかと思う。

次の森部のサイクリングは10月以降か

———————————————————————————-

ランキング参加中です

ポチッと押してくれたら励みになります m(_ _)m

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

やっと200km

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

昨日のこどもの日は、
・嫁
・嫁のお母さん
・そのお姉さん
・その娘(嫁の従姉妹)+子供たち二人
以上6人が女子会をするということで、私は自転車の旅に逃げました。

どこに行こうかと考えると、昨年に夢途中で挫折してしまった鳥取往復が頭に浮かんだので、その準備を進める。
最近はあまり乗っていなかったが、4/30にGW恒例の会社の自転車仲間+新メンバで「しまなみ海道リベンジ」を行い、75kmほど走っていたので丁度良い足慣らしになった。

しまなみでは前回できなかった観光に行き

[大山祇神社:武具関連の国宝が多数あり有名とのこと]
ちなみにメンバの一人が「おおやまがみじんじゃ」と読んだ時、地元のおばちゃんに「おおやまづみじんじゃ」と突っ込まれたのは良い思い出。
6656a032.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[多々羅大橋:生口島と大三島をつなぐ橋]
8ef12f53.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[耕三寺:建造した理由は良い話だが、あまりにもコテコテしている寺 (なのか?)

31afef03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ドルチェのジェラート:生口島に来たら必ず立ち寄る]
3d740376.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この様に足慣らしには十分な練習を行った後に、鳥取往復に出発。
但し、前回で鳥取砂丘は見たので、今回の目標は赤穂〜鳥取間を往復すること+200kmを走ることと言うことで、目的地を国道53号沿いの道の駅に設定。

出発は、朝5時過ぎ。その時の気温は約10度。
日が上がってからのことを考えて薄着にしたが、ちょっと寒い。

復路でバテナイように、ゆっくりゆっくりと走る。
赤穂から、上郡、佐用、大原、西粟倉を超え、岡山と鳥取の県境に入る。
この中国山脈までで約70km。目的地までは基本的に下り基調なので、気を楽に走る。

但し、ここからが向かい風となり、目的地まで苦しい道のりになった。
それでも我慢して走ることで、出発から約5時間後の10時に目的地:「道の駅 清流茶屋かわはら」に到着。ここまで、サイクルコンピュータの距離で101km
計算した往路の距離(100km)、予想した時間に到着、まだまだ帰る元気がある状態、と言うことで予定通りで満足(念のため、輪行バッグは持っていったが使わずに済んだ)
本当はここでお昼ごはんを食べて復路に挑戦するのだが、道の駅のレストランは11時から開店。
しょうがないのでコンビニでおにぎりを食べる(この少食が後で後悔)。
69913b28.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の中央奥にうっすら見えるのが「河原城」。朝は天気が悪かったが、この時点では快晴。気温も20度以上に上昇。

お昼ごはんは満足に食べることが出来なかったが、気を取り直して復路に挑む。

先程は向かい風だったので、今度は追い風となり、ちょっとずつの上り坂をグイグイと登っていくことができた(追い風バンザイ)

直ぐに中国山脈の県境までたどり着き、瀬戸内海まで走るのだが、この山を超えたところで風の向きが変わる。

向かい風である。残り70kmでこの風はきつい。

それでも頑張って走り、残り約40kmになったところで、今度はガス欠となる。走る力がなくなった。気力はあるのだが、力が出ない。
チョコレートや羊羹を食べたが、時既に遅し。
GWと言うことで、国道沿いのお店は満杯状態で立ち寄ることが出来ず、家まで帰ることにした。

ここからが地獄の始まりだったのだが、特に背中の上半分と肩の部分が痛くなってきて、走ることも苦痛に。
それでも赤穂市内に入る頃には向かい風も弱くなり、ちょっとずつ羊羹のエネルギーが効果を表し、16時過ぎに帰宅
サイクルコンピュータの読みでちょうど200kmになるのを確認した後に家に入った。
fa1e1004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総時間:10時間50分
平均時速:22.4km/hr
獲得高度:1088m
距離199.44km

ええっ サイコンでは200kmだったのに・・・

GPSでは200kmじゃなかったの orz…

でも、私の頭の中では200km達成です。ということにしときます。

今回の鳥取往復(200km走破)は1つの目標だったので、それを達成することが出来、非常に嬉しいです。
でも課題もあり、
・やはり補給はきちんとしないとね
・大型連休に走ると、休憩場所など困るね
・200kmは正直しんどいね
・片道70km以上は単に作業になってるね
・日焼け止めはちゃんと塗らないとね(足の日焼け跡がグラデーションになっている)
とかを考えてしまいました。

と言うことで、次回からは片道70kmを基準として、ルートを考えていきます。

次は「岡山 最上稲荷」か?

自転車で「ちくさ高原のちょっと北まで」行ってきた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

8/20 金曜日に「ちくさ高原のちょっと北まで」自転車で行ってきた。

最近普通になってきた「異常気象」の為に「ちょっとは涼しい」朝6時から出発
空はものすごく綺麗でしたが、この時点で既に28度はありました
d9eb3f59.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤穂から千種川沿いを北に進み、上郡町中心部を過ぎ南北朝時代の武将「赤松円心」の生地がある場所で1回目の休憩

歴史は詳しくないので、どんな人かは分かりません
de5bd818.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩もそこそこに更に北に進みます。

往路は、基本的には鳥取砂丘に行く時と同じ国道373号を進んでいき、佐用IC近くのローソンで2回目の休憩
ここで、おにぎりを食べ、更に自転車乗りには有名の↓を補給
14506bc2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爽快です。

次の休憩点を探していくと、すぐに道の駅「宿場町ひらふく」が現れます。
45cf33b5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど休憩していたので、ここでは「ゲータレード」を購入したのみで次に進みます

ここからは周りに民家も少ない「寂しい道」を進み、兵庫県と岡山県の県境を過ぎ、「宮本武蔵」の生家がある大原町に入ります。

ルート上には宮本武蔵の生家は無いのですが、せっかくなのでちょっと寄り道します
aadd2fcb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮本武蔵自身の生家はもう無いようですが、周りに武蔵に関連する建物がいっぱいあります。

数年前の大河ドラマが有ったときには人手がすごかったようです(最近披露宴をして、自分が掘り当てたというルビーを奥さんに贈ったあの人が主演でした)

ここでも写真を撮っただけで、先に進みます。

先に進むのですが、ここから難所の(私にとっての)「超級山岳」に突入です。

ルートとしては、岡山県と鳥取県の県境にある「志戸坂トンネル」には行かずに、その直前にある東に進み「大茅スキー場」に進む山道を上っていきます。
この時点で、家から約70kmですが、ここからは約9km 平均勾配7%の坂があります。
暑さもあり、何度も途中で引き返そうかと思いましたが、山の中でちょっとは涼しいことと、「ここまで来たら」という思いもあり、休み休み上っていきます。

坂道の半分でやっと「大茅スキー場」に到着です。
9ff90f90.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん夏の時期は何もやっていませんでした

この後、更に上っていきます。こんな木の間を
ccb3129d.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂の途中で「鹿さん」に遭遇したり、「蛇さん」に遭遇したり、自然を満喫しながら上っていき、ヘロヘロになりながら、山頂の岡山県と兵庫県の県境に到着です。

68db04b1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが、標高約1000m、赤穂が4m、志戸坂トンネルが420mと、志戸坂トンネル付近から580mも上ったことになります。

で、その余韻を堪能する間もないまま、このような下り坂となります
9c135f61.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくここまで上ったのに、少しは堪能したかったのですが、しょうがありません。

ちょっと降りると「ちくさ高原スキー場」ですので、そこで休憩します
88e5fe76.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年前はよく来ていたのですが、久しぶりに来ました。

ゲレンデは何も行っていないようですが、夏でもテニスコートやいろいろと遊ぶところはあるようです。

ここでハプニングが有ったのですが、写真にある「青いポラーのボトル」に水を入れようとうろうろしていたのですが、水が売り切れていたので何も入れず、蓋を落としたのに気がつかなかったのか、蓋が緩かったのかわかりませんが、かなり後で蓋がないことに気が付きました。
気がついたのは、ちくさ高原からの坂を下り20kmも進んだ後でしたので、元に戻る気力はありませんので、そのままになっています

ちくさ高原に行く方は、自販機の前にもしかしたら私のボトルの蓋があるかもしれません。。

千種川沿いにある道の駅で昼食を食べ、千種川に沿って家に帰ります。
58071b7a.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このころになると、山中ではわからなかった夏の強い日差しを感じ、最後の力を振り絞ってペダルを漕いでいます。

帰り道の途中に「ひまわり畑」があるのですが、強い日差しと雨が降らないことにより、かなりしぼんでいました
d7d86a4e.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を出発して、9時間半後にやっと家に帰りつきました。

今回は「鳥取砂丘」の時とは違い、目標を達成です。

日焼け止めクリームを塗っていたのですが、足の日焼けが「えらいこと」になっていました。
この時期の昼間には自転車には乗らない方が良いですね。夕立でも降ってくれるとちょっとは違うのですが。

これだけ走っても、1日経つと体重は元に戻っていました。
やはり「ちょっとずつでも継続が重要」と言う事と「上り坂は苦手」と言うことを痛感した一日でした


走行距離:約157km
総時間:9時間24分
走行時間:7時間5分
休憩:多数
補給:おにぎり1個、ウィダーインゼリー2個、羊羹1本、水1750ml、コーラ700ml、爽健美茶500ml、ゲータレード500ml(でも濃くてほとんど飲めなかった)、昼食 ざるそば定食
上半身:モンベル「ハニカムクール ロングスリーブTシャツ」
下半身:SKINS「C400 コンプレッションビブショーツ」
カメラ:GF1+パンケーキレンズ
バック:ドイター スクエアー ヒップ2