Rapha X Chinelli Bar Tape に着せ替えてみた

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

約1年前に巻いたバーテープはもうボロボロ。

巻いた当初は、いかがなものかと思っていたピンクのバーテープはもうボロボロ

 

と言うことで、新たなバーテープを巻くことにした

 

が、どのバーてプーにするのが良いのかということで、ネット上を彷徨って数日後にそこそこ気に入りそうなバーテープを見つけることが出来た。

そのきっかけはRaphaのアンケートに応えることで20%OFFのクーポンをもらった時に見たRaphaのHP。以前に見た時には気づかなかったRaphaのバーテープが目に留まる。

 

と言うことで到着

P1030447

今回のバーテープ選びで最後まで迷ったのが、全色ピンクにするかどうか?

1年間のピンク生活(?)で意外とその存在感に惹かれていた自分がいる。

 

今回もそうするか?でも、これまでと同じ物なのは面白くなく、放浪のたびに出ていたのだが、このRaphaは前回までの経路とはちょっと違うけど、ピンク要素がちょっと入っている

P1030435 P1030439

黒地にピンクのチラ見せがなんかそそる

 

ちなみに表題にもある通り、これはRaphaオリジナルではなく、Chinelliとのコラボレーション。

P1030446

P1030448

実はこの柄はどこかで見たことがあり、前々回のバーテープがChinelliの同類のものだった。もちろん、厚いがゆえの感触のよさや巻き難さは健在である

 

前々回のバーテープの裏側は七色の模様で、表の小さな穴からはその七色が見え隠れしていたが、今回はピンク一色

P1030451

 

ちなみに交換前のピンクテープの状態はこんなの

P1030441 P1030444

ネオンピンク成分があり気に入っていたのだが、ブラケットの手前が剥がれているのが分かる。ちなみにネオン成分のおかげかどうかは分からないが、けっこうツルツルで固くて、バーテープ的にはあまり好みではなかった。もちろん色は好み通りでしたが。

 

これを新たなものに変更してみるとこうなる(途中写真はありません)

P1030462 P1030452 P1030456

バーテープが黒になるのは、この自転車のオリジナルの状態以来。

今ではブラケットも黒のためかなり引き締まって見える

 

ちなみにエンドキャップはSRAM 🐸のまま。Chinelliのエンドキャップはイマイチです

P1030460

嫁さん的にはピンクよりも黒のほうが良いみたい。

「何故にピンク」と言っていたし。

 

でも、ピンク要素は捨てきれないということで、前の記事にも映っていたRaphaの20%OFFクーポンで買ったコレでピンク要素を補っていきます

P1030401

 

これで裏乗鞍の準備は整った。かな?

QUICK CAPSを使ってホイール盗難対策をやってみた

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

以前にPINHEAD LOCKSという治具を使ってホイール盗難対策を施したことを書いたが、意外とクイックを抜く作業がめんどい。特に車載する際やパンク修理をする際に手間なくホイールを外したいのだが、いちいち特殊な鍵を持ってきて、更に容易に外すことが出来ない。

と言うことで、過去に何かの本かネットの情報で見ていた「QUICK CAPS」というモノを使ってみることにした

 

たしかコレはKickstarterで資金集めをしていたものと記憶している

P1030171

こんなパッケージで、中にはこれらの物が入っている

P1030173

原理はクイック部分に黒い治具をかぶせてカギをかける構造。P1030183

これなら常に通常のクイックに取り付けていて、ホイールを外すときにだけ普通の鍵を使って開けるだけ。

 

原理はシンプルで使いやすい

 

で、早速フルクラムのクイックにつけてみたら

P1030181

はいらん・・・orz

 

まいった(今回1回目)

 

こんなことになるとは。

購入するときに一抹の不安を抱いていたのは事実ではある。でも、ロードのクイックには使えないと言う旨の文章は書いておらず、(筆者の英語読解能力が低いのが問題かもしれないが)はるばる海外から運んできたのに。

 

ひとしきり落ち込んだ後は原因追求を始めてみると。

クイックのレバーを入れる穴の大きさは問題なさそうだが

P1030182

レバーにある出っ張りがジャマをしていることが分かる。と言うことで、家にあるロード用のクイックをすべて見てみると、全てに出っ張りがあるorz

 

んっ💡

ただし、ここで天才的なひらめきがやってきた

 

家にはもう一台、ロードではない自転車がある

そう、嫁用のBRUNO Ventura Dropである。昨夏に購入したものの嫁が乗ることは殆ど無く玄関のオブジェと化しているものである

そろそろ私用に改造を施そうと考えているのだが、これのホイールをロックすることが出来ればまあ満足

 

自転車部屋を後にし、玄関に向かう

P1030184

おおぅ、入った(写真では上下を逆にはめてるけど)

 

手順通りの方向で挿しなおして、ロックをする為の輪っかを取り付ける

P1030188

んっ、

なんかカチッと言わない!?

 

鍵も閉まらない!!!

P1030186

よく見てみると、レバーの突起がないのでセットはできるのだが、クイックのバー部分が太すぎることで、輪っか部分が鍵をセットできるところまでは届いていないことが分かった

 

まいった (今回2回目)

 

と言うことで、この治具はクイック全体の形を選ぶことが分かった。

原理的にはとても良いと思うので、クイックがこの原理に合致するのであれば、使ってみたいと思う

(でも我が家にはもう他のクイックはない)

 

疑問?

今回はフルクラム(カンパ)のクイックだったが、Shimanoのクイックなら使えるのだろうか?

 

 

引き続き盗難防止対策の旅を放浪しなければならない

 

 

vivosmart HR J 導入

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 自転車

皆さん心拍数を測定するには何を使用していますか?

 

私は過去から一般的な胸部に巻く対応を使っていましたが、それはもうめんどくさくて、時間が経つとずれていったりで、ココ2年位は全く使っていませんでした。

あまり積極的には自転車に乗らなくなったということもあるんですけど、それでは健康にはよろしくないということで、昨年辺りから手首に巻くタイプのものを探していたんです

 

でも、ant+に対応しているものも少なく、ちょっとmio fuseにも心惹かれたんですが、大御所が製品を出すということでちょっと我慢していました

 

せっかくなら携帯電話のメッセージなんかも出したら良いのではと言うことで日本語版が出るのをまち、この2月にやっと手に入れることができました

P1030016 P1030017

もともと活動量計に興味があったので、自転車時には心拍数をはかりつつ、通常時には歩数計としても役に立つ物です

 

P1030020 P1030021

面白かった機能が「一定時間動いていないとアラームがでる」と「睡眠の測定」の2つでしょうか?

前者は、会社にいると動かないことなんてザラなんで、気分転換になるし。後者は自分の睡眠の質がよく分かる(何処まで正確かは置いておいて)。

朝になったら起こしてくれるし。

P1030024

巻いてみるとこんな感じでちょっと大きい。そして分厚い。もうちょっと薄くなってくれると良いのだが、技術の進歩に期待です。

(ちなみに手の傷はハナに噛まれたやつです)

 

で、肝心の心拍機能だが

P1030022

この真中にLEDがあり、心拍を読み取るという方式。ちょっと出っ張っていて腕にくっつく。あまり強く押し当てると跡がつく

P1030029

でも、自転車にのるときには正確なデータがほしいので、尺骨よりだいぶ肘方向に移動した部分で固定する必要がありました

 

そして、実装。

IMG_2088

そこそこ良い値が出ているような気がする。でも、ちょっと位置を変えたりすると値が変化していたので、きちんと固定する必要がある。その辺りが鬱陶しいと思うかが良否判断に繋がる気がする。

 

そして、赤穂の海側をぶらっと走り

IMG_2097

 

こんな感じになりました

スクリーンショット 2016-02-27 13.01.52 のコピー

図下側の折れ線表示が「心拍数」の表示であり、X軸が距離、Y軸が心拍数の高低です。

あまり走っていないので、最後の方の心拍が上昇しきっているのがよく分かる。

 

また一つ面白いおもちゃが出来ました。

 

ディレイラハンガーが曲がってしまいました。

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

去る2015年11月末、会社の仲間との「卵かけごはん in 岡山 美咲町」で事件は発生しました

 

その時は久しぶりの自転車ということで息を切らしながら御津町から北に向かい自転車を走らせていた。建部駅に到着し、その古さに感動。

IMG_2017

IMG_2015

IMG_2016

先に先に進む我々。

 

山を登り始めてちょっと走った後にいきなりの「チェーン落ち」。まあいつものことだと思い修正して、また走り始めるのだが直ぐにチェーンが外れる。

何度やっても外れる。クランクを回すと外れる。

リアディレイラーが悪いのは分かっているが、その時は何故外れるのか?なんでこうなったかが分からず呆然としていた。

IMG_2018

場所は美咲町の山の中。スタート地点からは約25kmもある。

調査の結果、アウタートップで注意して走ることでチェーンが外れないことが分かった。と言うことで、ココで皆とは別れ下り基調ではあるものの、25kmのアウタートップ縛りの苦行が始まる・・・。

 

まあ、なんとかスタート地点まで帰り着くことが出来、家にも無事かえることが出来たのだが、帰ってから事故調査委員会による検証が始まるのだ。

P1010967

ディレイラーを垂直方向から見るとギアと水平になっていないのがよく分かる。これではチェーンが外れるのがよく分かる

最初はディレイラー自身の異常だと思っていたのだが、考察の結果ハンガーの曲がりであることを結論づけた

故障の際に直ぐに気づかなかったのは、自転車に取り付けていた時のその曲がり具合は微妙であったためである。

 

発生原因は「自作のメガプーリー」。発生手順は以下のとおりである

1.チェーン外れる

2.チェーンがプーリーとガイド(呼び方分からず)の間に挟まる

3.登坂中だったのでクランクを強いトルクで回してしまう

4.引っかかっているので、その力がハンガーを直撃

5.ハンガー曲がる

 

2の部分だが、市販品はプーリー部とガイドの高さが合っているため、その部分でチェーンが外れることはないのだが、次作品はプーリーの部分がガイドよりも出っ張ってて、よりチェーンが外れやすく、挟まりやすい。

なるべくしてなった感を受けるため、メガプーリーを純正に戻すことを決意。

さらば15T・・・

P1010969

さて、ディレイラーハンガーであるが、自転車購入時にこんな事もあろうかと追加で購入していた

自転車からハンガーを取り外し、新品と比べてみると曲がっているのが一目瞭然である P1010980

新しい物にロックタイトを塗り塗りし

P1010982

P1010983 P1010984 P1010985 P1010987 P1010988

完成です。

 

プーリー部分が元に戻ってしまったのは残念だが、チェーン落ちと自転車故障の可能性の削減には変えられない。

自転車改造好きの皆さん、改造は自己責任で故障に注意しましょう

 

これで2016年は走ろうと思います

 

SRAMのハンドルバー エンドプラグ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

バーテープを一新したのに合わせバーエンドのプラグを変えたくなった。

これまではずーと前から使用しているものだったのでもう飽きてきたというのが本心ではある。

 

と言うことで、いろいろと探してみたのだがなかなかよいものは無い。

良いと思ったものはモーターサイクル用だったりしていたし、買う寸前まで行ったのはキャノンデールのものだったりした。

FOCUSにキャノンデールはどうかと思い(と言っても、自分から言わなければわからないレベル)、他のものを探すこととした。

 

と、ここで誰かがweb上でSRAMのカエルマークが最近なくなり始めたと言っていたのを思い出した。このことは聞き違いだったのかもしれないが、SRAM扱い者として「カエルは良いかも」と考えて探すこととした。

 

いつものAMAZONさんでは見つからず、楽天で二つほど見つけることが出来た

P1010365

 

2個セットのカエルマーク

P1010366

このシルバー部分がライトによって光るらしいのだが、ちょっと寄ってみても、光るところはよく分からなかった

P1010368

よこ側から見てみるとギザギザになっていてすんなりとは抜けないことが分かる。

(以前コケた時にプラグがいつの間にか抜けていたことを思い出す)

 

そしてハンドルに取り付けるのだが

P1010372 P1010375

ピンクのバーテープニモマケズ、カエルくんが主張してくれる感じが良い

 

P1010376

 

と言うことで、裏乗鞍前のちょっとした気分転換でした

 

裏乗鞍前の準備としては、ジテツウをしてみたり、近くの山を上ってみたりと昨年よりは充実した6月を過ごすことが出来た。

後一週間で体調を整えていきたいと思う。でも、直前の1週間内の夜に会議が3つあり、台風もいっぱい来るということで、ちょっと凹み気味ではある。

 

バーテープを変えて気分一新してみる

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

前にバーテープを変えたのが昨年の10月

その後、ブラケットの角度の変更やらなんやらで巻き直したりしていたのだが、やはり白だとナンカ飽きてしまった。

 

相変わらず飽きるのが早いのだが、裏乗鞍前の気分転換にバーテープを変えてみた

ちなみに今の状態は

P1010346

P1010343

唯の白ではないのでこれはこれで良かったのだが、やはり汚れが目立ってしまう。

 

と言うことで、次のバーテープは

「fizik super light ネオンピンク」

P1010349

何故、これを選んだのかというと・・・

FOCUSのシクロクロスに乗ってレースに出ている「Team Rapha FOCUS」の色だったから。もちろんバイクの色は全く違うので、似合うかどうかは分からない。

 

また、大学の時に兄に譲ってもらった初めてのロードバイクもバーテープはピンクだった。

 

と言うことで、約20年ぶりのピンクである。何回も書くが、似合うかどうかは分からない・・・。

 

何の不具合もない白色のバーテープを剥がし、ピンクのこれをハンドルにかけてみる

P1010352

まあ、何とかなりそうなのでいつものとおりに巻いていくと、

P1010355

完成!

ハンドルの上側はロゴの場所も意外と合っている。

でも、下側はメタメタ。

 

ロゴ付きのバーテープは初めてだったが、気にせず巻いていても意外となんとかなる。しかし、もうちょっと気にしてやっていれば、完璧になったかもという残念な気持ちもある。

 

他の角度から見てみると

P1010354 P1010353

色的には何とかなった感じだろうか?

いたるところに赤の差し色があるので赤でも収まりが良かったかもしれないが、ここにキワモノ自転車の完成です。

 

「西播地方+FOCUS乗り+ピンクのバーテープ」は、おそらく私ですのでいつでも声をかけてやってください。ついでに裏乗鞍に行ってもFOCUS乗りは少なかったので、この色の組み合わせはおそらく私です。

年代別の最後尾の方を走っていますので、見かけたら声をかけてやってください

 

5月のブログに色んな色が登場する回があったが、ピンクが入会した事で役者が揃った感じ。

 

着々と裏乗鞍に向けて準備が整っている今日このごろ。

 

但し、まだ案内の紙が届いていない。本当に応募できていたのかが気になるところである。