GORE Ride-ONをつけてみた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

Izalcoを購入して、まる二年になる。
色んな所のメンテナンスはしていたが、ワイヤー関係はまだだった。
交換の頻度は全く分からないがそろそろやんなきゃということで昨日から交換作業にとりかかる。
ワイヤーは既に販売終了している「GORE Ride-On PROFESSIONAL」。

いつものごとく英国からの取り寄せ。
このGORE Ride-OnはSRAM Redの純正Wireなのに、何故か我がIzalcoには「Jagwire L3」がついていた。今回の交換でやっと純正に近づく。

(さらに…)

自転車メンテナンス

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

ネタがなく、自転車にも乗って無くと言うことで、全く更新していなかったが、久々に自転車をいじったので内容を書いておく
Izalcoに乗り始めてもうすぐ2年ということと年末ということで、メンテナンスをしてみた
まずはクランクをBBから外す


このIzalcoは悪名高きBB30。これも御多分にもれず「音鳴り」が激しかった。
購入した自転車屋さんで調整をしてもらったが、それからは時々自分で開いて掃除とグリスアップするようにしている。
もう慣れたので大丈夫
その後、これまではタッチしたことがなかったヘッドパーツを掃除してみることにした。
メンテナンス本を頼りにハンドルを外し、ヘッドパーツの分解に着手。
でも呆気無く完了


ベアリングなどの重要パーツなんてこれだけ

簡単だった。もっと早くしていればよかった。
これも綺麗にして、元の通りに組付けていく。でもフォークとフレームの間の隙間が広い感じがする。
どこかのサイトでも書いてあったが、写真とっておけばよかった orz…
気を取り直して、チェーンを新しくする。今のチェーンは元々ついていたものなので、もう2年弱使っている。最近調子が悪い感じがしていたので、新しくしてみる。

ものは「innotech 105」のチェーン。
ずっとチェーンオイルにinnotechを使っているが、これははじめからこのオイルが塗布されていて、めんどくさい初期の儀式が必要でなくなる良いチェーン
これまでに使っていたチェーンと同コマ数の長さを測ってみると、やはりかなり伸びていた。
チェーンリンクとリアのギアを綺麗にして、


そして、チェーンを取り付けることで完了となった

メンテナンスに関しては全体的に簡単だった。「のりりん」にでてくる「りんのお母さん」が「プラモデルよりも簡単よ」と言っていたけど、たしかにそうかも。
過去に他の部分はいじったことがあるので、今回のヘッドパーツのメンテナンスでコンプリート。
日曜日にちょっと走ってみたが、やはりチェーンを新しくしたのは正解。以前の不調さが改善されていた。他の部分にも不具合はなく、無事メンテナンスが完了。
これで、会社の仲間との年末ライドに向けての準備が整った。
雨さえ降らなければよいのだが・・・

タイヤ交換

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

1年半ぶりにタイヤの交換を行った


まだまだいけそうだが、ところどころに傷がある為、大事を取って交換とする

ただ、交換だけだとあまり面白くないし、チューブレスタイヤの交換は非常に疲れるので、前からやってみたかった余興を行い、心を潤すことにした。

取り出したるは・・・

画鋲です。最近画鋲なんて使わないので、多分これは大学の時から持っているものと思う。久々に活躍の時が来た

余興とはチューブレスタイヤ+シーラントの耐パンク性を調べること。
と言うことで、さっそく刺してみます

中々刺さらないけど、力を入れるとこの通り

更に奥深く

三つにしてみた


この時点でちょっと空気が抜けている音がしているが、急激に空気が抜けることはない。

と言うことで、画鋲を抜いてみると

穴が開いているのはわかるが(写真中央の茶色いところ付近の3ヶ所)、シーラントも抜けていない

HUTCHINSON Fusion3はサイドカットに弱いということを聞いたことがあるので、横にも刺してみる

さらに個数を増やして、画鋲を抜くと

なんか白い奴が見える。これがシーラント。
この時点で空気の漏れが止まった。

やはりシーラントってすごいね。しかもこれは1年半前に入れたものなのに、まだ固まっていなかった。チューブ持ち歩くのやめようかと思ってしまうくらい、その威力に脱帽。

これを見てしまったら、やはり次もチューブレスタイヤ。

まあ、新しいタイヤをはめるのは苦痛を伴うので、あまりやりたくないのが本音ではある。
(実際にこの写真を撮った1週間後にやっとはまった)

本当は新しく購入した「Red Wind」につけるためにタイヤを購入していたが、ホイールがチューブレスタイヤ専用ではなかったので、空気を入れることが困難だった。走っている時に空気が抜けても怖いので、今回は2way-fitのZONDAにつけた。

Red Windには苦労なくハマったのに、ZONDAには多大な労力が必要だったことから、リム部分の高さが違うのだろうなとは思う。
最初は何を思ったのか「ホイール直径がZONDAの方が大きいのでは?」と考えていたからアホである。

と言うことで、やっとこさはめたけど「シーラント」入れずに様子見とする。

来週に注入し「作業終了」予定

新しいタイヤ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

1週間前、、、

後ろのタイヤに金属片が突き刺さりパンクしてしまいました。
プラスして、タイヤにも裂けが確認されたため、タイヤを新しく購入する必要がでてきました。

その日のうちに、英国「Wiggle」に注文し、5日間で日本まで届きました。
最近は速いですね。

で、これまでと同じものを頼んでもしょうがないので、かねてから考えていた

「チューブレス タイヤ」

への、移行です。

物は、「HUTCHINSON Fusion3  Tubeless」


昨日、取り付けましたが、相変わらず新しいタイヤを取り付けるのは疲れます。
あと少しのところで、立ち止まること1時間。。

誰かのブログで「Hutchinsonははめ易い」と言っていましたが、全くダメです。
先にシーラントを入れていたこともあり、周りはシーラントがこぼれまくりです。

しょうが無いので、禁断のタイヤレバーを使用(しかも、普通の)。
恐る恐るでしたが、1日経っても目立った空気圧の減少はなく、今のところ安定しています。

素直にIRCのタイヤレバーを購入しようと考えています。

で、はめた後の写真は・・・
a584da18.jpg

6bfd1540.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の「Pro3 Race」の青色も似合っていましたが、タイヤが黒になると締まって見えます。


これもナカナカ良い。

走った感じは・・・・

よく分かりません(長い距離は走っていないので)

巷では、
・転がり抵抗が低くなる
・振動が小さくなる

などと言われていますが、まだ実感出来ていません。
もうちょっと走ってから、感想をまとめます。。