ドイツに行ってきた その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

さて、打ち合わせも終わり後は日本に向けて帰るだけである。

でも、フライトの時間は21:30頃。約1日時間はある。と言うことで、同僚と相談しちょっとの観光に行くことにした。

 

行き先は・・・

Neuschwanstein Castel(ノイシュヴァンシュタイン城)

ちなみに、ずーっと「ノイシュヴァンシュタイン城」だと思っていた。その1に出てくるドイツ人の旧友にちょっと違うと訂正された。

 

ここで、ちょっと調べてみたのだが・・・

・ドイツの電車はよく遅れる

・ノイシュヴァンシュタイン城は人気のスポットで仮予約なしに行ったら、城に入るまでにものすごく時間がかかる

・その為、事前に仮予約したほうが良い

・でも、5月はまだハイシーズンではない

・麓から城までの山道は歩いて40分位かかるが、シャトルバスは5月15日まで止まっている(この観光の日が15日です)

等々の情報が入ってくる。

 

でも、仮予約は2日前の15時までに行わなければならず、時既に遅し。

ならと、早めに出発して余裕を持ってミュンヘンまで帰ってくるような計画にする。つまり、6時出発である。

朝早いが、興奮したのか?会議が終わってホッとしたのか分からないが、前日はよく眠れず・・・。

早めにチェックアウトし、ホテルのフロントに荷物を預かってもらう。

 

電車のチケットは前日に確保していたので、何も問題なくホテルの近くの地下鉄の駅から出発

チケットは一人 往復で52€

P1010112

 

ルートは下記の順番で進み、約2時間半の移動である

P1010123

1.Munchen Rosenheimer Platz:地下鉄の駅

2.Munchen Hbf:ミュンヘン中央駅 ここで地下鉄から長距離電車に乗換

3.Kaufbeuren:城方面への電車に乗り換え(乗り換え時間は11分)(中央駅からの電車によっては、乗換は必要ない場合もある)

4.Fussen:城の最寄りの駅

5.バスで城の麓まで移動

 

地下鉄ではボタンを押して扉を開き、中に入る。赤穂線でもよくあるパターンなので特に戸惑いはない

P1010113

 

早めにホテルを出ていたのでミュンヘン中央駅では余裕を持って移動。

日本の大きな駅とは違い、すべての路線が並列に並んでいたので全く迷う要素がなかった

P1010118

P1010114

P1010115 P1010117

28番線にて6時53分発の電車に乗り込み乗換駅まで約1時間の旅。

 

電車は2等で、全く問題なし

P1010120

更に自転車をそのまま積むことができる

P1010121

地下鉄とかでもそのまま積めたように思うが、ミュンヘンはなんて素晴らしいのか。

 

さて、時間通りに出発したものの、途中で止まったり徐行したりで、早速先行きが怪しくなっている。

時計と地図とGPSを見ながら、乗換駅までまだまだ遠いことを何度も確認している・・・。

 

まあ、前日からの不安であった電車の遅延はいきなりやってきて、1時間の旅なのに14分も遅れて乗換駅に到着(泣)・・・

P1010126

でも、日本だったら乗換の電車が待っててくれたりするもんだが、ドイツではそんなことは全くない。11分の余裕(?)に対して14分の遅れ。その差3分だが、到着時には電車の影も形もない

 

それでも観光地向けの電車のため希望は捨てず、改札に行き次の電車の時間を聞くと、

「1時間後」と言われた・・・orz….

1時間後の電車は、ミュンヘン中央駅から直通で城まで行ける電車であり、これなら早めに起きる必要もなかった。せっかく気を利かせたのに・・

 

しかも、前日までの好天とは異なり、この日は朝から雨である。しかも気温は10℃チョイ。小さい駅なので、雨はしのげるけど風が冷たい。ブツブツ言いながらその時間をすごすと、やっとその時間がやってきた

 

それからまた約1時間の電車旅をして、ようやくFussenに到着

駅からはバスに乗って城の麓まで進む。往復で4.4€でしたね

P1010128

 

バスを降りて、チケットセンターに進むと・・・、雨降ってるのに多くの人が並んでいる。

帰りの電車の時間から、観光の時間を差っ引いていって、13時までに城観光をスタートできれば御の字であることが計算される

それを心のなかで呟きながらチケットを買う瞬間が来るその時を待つ

P1010130

 

ちなみに、城内の観光は5分毎に設定されていて、1.ガイドがつきっきりで英語やドイツ語で説明してくれるものと、それ以外の言語では音声ガイドの機器を渡してくれる。

5分毎に時間は設定されているものの、英語がその頻度が多く、次にドイツ語、最後に音声ガイドと頻度が少なくなっている。我々は英語に堪能なわけでもなく、ドイツ語は全くわからない。希望は音声ガイドだが、中国人、韓国人、日本人と非常に多く、瞬間で売れ切れてしまった。

しょうがないので英語を選択。分からなくてもまあどうにかなるし、帰国することが必須なのでしょうがない

最終的には12:45発のチケットを購入できた

P1010167

P1010168

さあ、これから城までは歩いて移動。雨降ってるけどバスないし。

P1010146 P1010134

でも、馬車はある。速度が遅く、歩いているのとそんなに変わらない。ちょっと馬臭さがある

P1010133

 

歩いている時にも周りに城とか池とか有り、中々楽しめる

P1010132 P1010144

 

そして、遠くからでもノイシュヴァンシュタイン城が見えてくる

P1010176

P1010135 P1010138 P1010143

 

かの、シンデレラ城のモデルとなっただけ有り、とてもきれいな城である。日本の城の形とは異なり、石で出来た城と木で出来た城の違いがよく分かる

入り口までは歩いて40分と言われているけど、男性の大人の足で20分くらいだった。まあ、何人も抜いていったけど

 

一旦、城を通り過ぎて見晴らしポイントである「マリエン橋」まで移動。

P1010165

 

雨が降っていたので、霧がかかっていたら見えなかったが、タイミングが良かった。

この城を示したよくある写真はこの右側の山からの撮影のようだが、こちらでも城の荘厳さがよく分かる

 

そして、時間が来るまで城の中を歩いてみたりして

P1010170 P1010174 P1010173

ようやくその時がやってきた

P1010175

 

入るときには、チケットに印刷されているバーコードを機械に読み込ませるのだが、上下のどちらを挿せばよいのかわからない。実際に何人も間違っていたようだ。

もちろん私も間違った。。。正解は上側にバーコードが見えるようにするとすんなり入ることができる。

 

城の中は撮影禁止なので示すことは出来ないし、皆さんの楽しみのためにも何も書かない。

 

そして、観光も終り、後は帰るだけである。電車の時間まで1時間ほどあるので、かなり余裕である。

 

でも、バスが来ない

 

観光地なのに14時台のバスは1回しかない。

しかも、予定時刻になっても来やしない。人もいっぱい待ってる。

 

最終的には、ぎりぎり乗れたのだけれども、ドイツの公共交通機関のルーズさには呆れてしまった。と言うか、日本が異常なくらい正確なだけだろうけど・・・。

時間が迫ってるならタクシー乗ったほうが良いかも。

 

で、電車に乗って、往路と同じ駅で乗り換えてミュンヘンまで帰る。ちなみに、帰りの乗り継ぎは7分しか余裕が無い。またもや時計と地図とGPSを見ながらやきもきしていたが、今回は時間通りに到着。

 

移動にかなり時間を使ったが、ドイツのことが分かりとても良かった。チケットの取り方も分かったし。

なお、前述のドイツ人の旧友はこの城と城主のコトを「1回行った。ユニークでクレイジーな城」と言っていた。

 

 

ミュンヘンでは、空港までのタクシーの時間に余裕があったので(逆に空港では余裕がなさすぎになってしまったが)、ミュンヘン市内の日本料理屋で最後の食事

P1010178 P1010181 P1010179

ミュンヘンでの日本料理を食べてみたかっただけである。なお作っているのは日本人の方でした。

 

そして、空港に進み、やっと帰国できました。

 

ドイツは食事も美味しいし、人柄もよく、プライベートで訪れてみたいところですね。電車の遅延がなければ・・・

 

車を運転できたら良いのだけれども。

 

ドイツに行ってきた その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

1年半ぶりにドイツに行ってきた。

 

前回はローカルサイドだったけど、今回の宿泊はミュンヘンの真ん中(Novotel Munich City)。ここはドイツ博物館のすぐ近くにあり、Munich Marienplatzまでも歩いて20分位

とても街中であり、地下鉄の駅までもとても近くて便利

 

到着初日は日曜日の夜19時半頃にホテルに到着し、そして中心地まで歩いて行ってみた

P1010062

イーザル川を渡り

P1010063

古い教会みたいなところもあり

P1010064

この木はミュンヘンの至る所にあり白い花が多く咲いている。

これは食べられない栗の木らしく、赤い花が咲く木もところどころにあるが、虫などによって荒らされて、ところどころにしか生えていないらしい。

 

そして、地図を見ながら歩いて行って「マリエンプラッツ」に到着。

P1010067 P1010069

ここには過去に何度も来ているが、明るい時に来たのは初めてである。

と言っても、過去に来た時間とほぼ同じ。

 

この明るさで夜20時過ぎである。

 

サマータイムと緯度の高さによる恩恵(?)で、この時間でも明るく、皆楽しく過ごしている。

 

出張自体は1週間であり、月曜の夜には更にマリエンプラッツ付近のビアガーデンにて

P1010075 P1010077

この時期定番のSpargel(ホワイトアスパラガス)とSchnitzel(カツレツ)を食す。

 

とても美味しい!

 

日本で一般的な緑色のアスパラガスと比較し繊維質が多い。溶かしたバターに浸して食べると更に絶品。シュニッツェルも肉好きにはたまらない

 

火曜日はチームの連携を深めるためにバイエルンのローカルサイドにてハイキング+ちょっとした遊び+食事

P1010080P1010087 P1010082 P1010081

 

こんな山の中を歩き、そして食べる。

P1010092

今度は豚である。

コレも柔らかく、味付けも最高

 

レストランにはこんな人もいて楽しませてくれる

P1010093

ちなみにこの日はサッカーチャンピオンズリーグのバイエルンミュンヘン VS FC バルセロナの試合がミュンヘンのアリアンツ・アリーナにて行われる日である。

熱心なバイエルン・ミュンヘンのファンの人とともに、この地に残りテレビにてサッカー観戦。試合には勝ったが、残念ながら得失点差で決勝には進めず。

 

水曜の夜はドイツに居る旧友とローカルサイドのビールの醸造所(Aying)に行き、ビールと豚料理。

IMG_0024

 

その後は彼の家に行き、一時の猫タイム

IMG_0027 IMG_0028

 

木曜日で打ち合わせ最終日。

打ち上げでまたもやマリエンプラッツ付近のビアガーデンで夕食

P1010097

ここでももちろんヴァイスビール。ヴァイスビール大好きです。

 

食べ物は

P1010099 P1010103

ソーセージ盛り合わせ。

上から、普通のバーバリアン地方のソーセージ+豚のソーセージ3本+チーズと肉を混ぜ込んだソーセージ(仲の良いドイツ人のおすすめ)

P1010101

そして、ポテト

 

今回の食事は、「芋+肉、そしてちょっとのシュパーゲル」って感じだったが、ドイツの料理は私の口にあう。

ここに住みたいと思う今日このごろである

 

ちなみに、ミュンヘンの自転車事情は・・・

歩道に自転車道が有り、皆そこをとても速いスピードで走っている。但し、どんな人でも手信号を必ず行い、ルールが徹底されている感じを受け、とてもよい環境であることが分かる。

 

日本でも自転車のルールを徹底しようとしているみたいだが、早くミュンヘンのようになってほしいと考える

 

と言うことで、ドイツ最終日の様子は「ドイツに行ってきた その2」に続く。

 

 

NY観光など その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

韓国 インチョンを出発し、14時間後にJFKに到着。
その後、車で3時間弱でホテルに着いた。
ついた時間は日曜日の14時ころ。まだ昼食は食べていない。明日からの会議の場所も行ったことがないところ。

と言うことで、ドライブがてら会議の場所と昼食を食べるようにする。
会議の場所は事前に調べていたので、直ぐに見つかったが、目的としていた昼食の場所が見つからない。地図をにらめっこし、看板を探す。
そしてやっとこさ見つけてお店に入り込む。


 この店は、会社の周辺で美味しいハンバーガーのお店があるということで、聞いてきた店である。
「◯くどなる◯」などと違って、ハンバーグを冷凍していないのが売りだそうだ。食べてみると肉肉感がすごくお腹いっぱいになった。とても美味しかった。
この週は会議が終わった後にドイツ人やアメリカ人などと夕食を食べ、水曜日にはアメリカ人とさしでアイリッシュパブでフィッシュ&チップスを食べたりした。
そして木曜日のお昼に無事会議が終了し、その後JFKにGO!

フライトが夜中なので、それまでに時間がある。それと、時間が早すぎてチェックインカウンターが空いていない。
そういうことで、空港に荷物を預けて(5時間くらいで18ドル)、マンハッタンへ向かう
JFKからはAir Trainでジャマイカ駅に行き、そこから地下鉄のE線に乗る



ちなみにチケットは、Air Trainと地下鉄で8.5ドルだったように思う

このチケットを買って、ゲートに通すのだが、中々反応してくれない。
ゆっくり通しても、素早く通してもダメ。絶妙なタイミングがあるみたい。日本のシステムって素晴らしい。
JFKから1時間弱でマンハッタンに到着
駅を出てTimes Squareに向けて歩いて行く。途中にM&Mのお店に寄り、でっかい人形を見る。


そして更に歩く




ここは思ったより狭い感じだったが、人がいっぱいいた。何度も中国人に間違われて中国語で話しかけられる。
しかし、とても寒い。風も強い。
Times Squareの写真を撮るために、端から端まで歩きまくった。
この場所を堪能し、次はRockefeller Centerに行った。
ここはスケートリンクが有名。私が行く数日前にはソチオリンピック アイスダンス アメリカ代表が記念に滑ったみたい



時間にもうちょっと余裕があったら、滑ってみたかった。
この場所のそばにLEGOのお店を見つけ入ってみると、そこにもスケートリンクが有った

その後は、Rockefeller Centerにある屋上の展望台に行く。チケット売り場がよく分からずにうろうろとしていたのだが、やっと見つけチケット購入(27ドルだったかな)
中央の暗いところが、セントラルパーク

こっちは(ブレブレだが)エンパイアステートビル。

ちなみにここでは日本人のカップルに話しかけられ、写真を撮ってあげた。
そしたら私の写真も撮ってもらったが「お一人ですか?」と言われてしまった。
「出張なので・・・」とは言えず、ナンカ寂しい感じになった。今度は嫁さん連れてこよう。と思う今日このごろ。
もう良い時間になったので、ここを出た後はタクシーを拾ってJFKへ。
夜中の飛行機に乗って、インチョンまで14時間。インチョンで4時間ほど待って関空へのフライトで最後となる。
到着がお昼前だったので、ここで日本最初の食事を「556蓬莱」のレストランで食す

そして一週間の出張からやっとこさ帰ってこれた。
今回の出張では、アメリカの食事やビールがなかなか良かったことに気づいた。
特にビールが美味しかったのはビックリ。次も試してみる。

NY観光など その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

アメリカに出張してきた
家から電車で新大阪へ
赤穂からローカルと新幹線で約1時間ほど。

朝早いのでホームには人が少なく自由席でも座れそう

関空に到着し、直ぐにチェックインした後は、関空で最後の日本食を食べる


関空でとんかつを食べるのは半年前のドイツ出張の時からの予定。あの時はボスの提案でラーメンを食べたが、今回は一人旅なので好きな様に食べる。
タレが好みでなかったが、トンカツは美味しかった
その後、仁川へ旅立った

今回の旅では、まず仁川で一泊する。そのホテルは空港内にあるトランジットホテル

韓国に入国しないですむのでとても簡単だし、朝に慌てなくても良い。
でも空港内にあるため、狭くて窓がない

休むことはできるので気にはしないが、テレビ番組はオリンピックの終わり付近なのに韓国のスケートしか放送がなかった。しかもほとんど再放送だし。NHKもあったが国際用だったので何の面白みもなし・・・
ちょっと休んだので、仁川空港内をうろつく。

そうすると民族衣装を着た人らが練り歩いてた。この後写真撮影もしておいいたので、宣伝であろう。
空港内に飽きたら、次は夕食だ。折角なので韓国料理にする

石焼ビビンバである。
辛さを調節しながら食べて行く。まあ美味しかった。
その後もちょっと練り歩き、NYまでに乗る飛行機を眺める。

エアバスA380 二階建て飛行機である。でかすぎる。
この二階部分に乗るなんて、なんて胸熱なんだ。
Korean Airのラウンジにも行ったが、食事がいまいちだった。
やはりトルコ航空のラウンジは良かった・・・。
US観光の様子はその2に続く

2年ぶりのドイツへ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

2年ぶりのドイツへ行ってきた
これまでは成田からミュンヘンまで直行便だったが、今回は関空からトルコで乗り換えてミュンヘンに行くパターン
まずは関空で最後の晩餐

本当はとんかつ食べたかったけど、飛行機に乗って直ぐの夜11時過ぎに夕ご飯(ほとんど夜食)だったので、簡単にラーメン「どうとんぼり神座」
変わった味で美味しかった
そして飛行機にのるのだが、この日は台風が関西方面へ向かってきていて、30分早めて出発
とても雨風が強かったけど無事出発
おそらく、逆の対応で出発時間を数時間遅らせていたら、出発できなかったと思う
そして機内食を食す。メニューはこれ

そして運ばれてくるものを順に食べていく





今回はトルコ航空だったので、トルコ料理っぽいラム肉を選んだが、これは失敗。
味と臭いが全く合わず、残してしまった
そして、同行者で誰も注文に成功しなかったトルココーヒー

英語に堪能な方がCAに言っても、決して届かなかったらしい
味は、とても粉っぽい。普通のコーヒーでもよかった
約13時間後、現地時間の朝5時にトルコ・イスタンブール空港に到着
何も店などは空いていないことを考えていたが、さすが24時間空港
人でいっぱいです

そして、ラウンジが最高。
今まで色んな所のラウンジに行っていた同行者も今までで最高と言っていた
雰囲気と食べ物が美味しかった

そして2時間後にまた出発し、離陸3時間後にミュンヘンに無事到着
トルコ-ミュンヘン間は意外と近かった。
そして、そこから更に車で1時間半のブルクハウゼンが今回の宿泊地
ここはドイツとオーストリアの国境の街で、ここにある城は欧州一長い城壁がある


ここが国境の川

川をわたったらオーストリア

川側から城を眺める

城からオーストリア側を見てみる

今回の旅ではほとんどの日で雨が降っていてとても寒く、風邪をひいてしまった
あるアメリカ人が来る時はいっつも雨が降っているようで、彼は皆から雨男(Rainmaker)と呼ばれていた。
そして、帰宅となった
今回の旅では移動時によく眠れるように秘密兵器を準備していた
「Bose QuietComfort20i」
昔から購入を考えていたノイズキャンセリングイヤホン
しかも、タイミングが良く8月末に発売されたばかり。
これがあることで、飛行機内での低音がかなり遮断され、静かな環境で本を読んだり寝ることが出来た。

高温領域は完全に消すことは出来ないので、電車や人の話し声は若干聞こえるが、とても満足できる製品だった。これがあることで移動中に体力を消耗することがなかった。
もうちょっと出張が増えたら、更にIT関係を充実させようかと・・・。

関東散策

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

久々に関東に行ったので、ちょっと散策してみた

まずはリニューアルした東京駅
7f454228.jpeg

 

 

 

 

 

他の県の駅と比較して、外観に趣がある。

そこから、日本橋に向けて歩く
42014db1.jpeg

3d5bd727.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近読んでいる「東野圭吾 加賀恭一郎シリーズ」に出てくる麒麟の翼
よくこんな場所で映画ロケしたなと感心。
来ることができて良かった。

そこから更に移動し、スカイツリーを見ることが出来る場所まで来た
15079899.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ近くで見るのも良いが、遠くから見るのも良い。

そして次は、学生時代には無かった「つくばエキスプレス」に乗る。
この電車に乗るためにつくばに行ってみる。これもまた久しぶり。
いろんな人から、つくばは変わったと聞く。

行ってみると、確かに駅付近の建物は増えているけど、雰囲気は昔のまんまという気がする。
ただ、時間の都合で大学付近には行っていないので、北に進めば違うところが見れると思う。
噂によると「かすよん」が変わったとも聞いているので、次回はもっと時間を増やして来てみたい。

つくばといえばこれです
96d08b09.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケート部の先輩には「来年には飛び立つ」とよく言われ、後輩にもそう言っていたエキスポセンターのロケット。

そしてこれは初めて見た。
394cb146.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に見てみたい。セグウェイが走っていることは聞いていたけど、ロボットが移動しているとは。

ここだけ見て、また東京にとんぼ返り。

いろいろ練り歩いたが、最後は築地でご飯を食べて散策は終了
90ce44a4.jpeg

06f6c6a7.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いだったけどなんとか食べました。