ちょっとアメリカへ

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: その他

先週に打ち合わせのため、アメリカへ出張してきた

飛行ルートは、関空〜インチョン空港〜NY JFK
インチョンでは一泊し、NYへのフライトに備える

しかし、インチョン空港はそうとう大きな空港でカウンターがたくさんあり、ホテルのバスが止まった場所からアシアナ航空のカウンターまでが距離ありすぎだった
カウンターがLまであるし、その距離も長かった
da3a4e06.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、日本語はもちろんのこと、英語や中国後(漢字)はなんとなく意味が分かるが、ハングルは全く分からない。

行きではボスと一緒に行ったので、ラウンジに入ることができた
6a171430.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシアナ航空のラウンジは、関空のANAラウンジとは異なり、広くて食べ物もたくさん。
しかも、シェフもいて目玉焼きを焼いている。美味しそうだった。

その後、飛行機に乗り約14時間を耐え忍ぶのだが、飛行機内の食べ物は意外と美味しい。
せっかくだから、韓国料理を食べる
230ba418.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NYに到着した日は時間に余裕があるので、自由の女神をフェリーに乗って見に行く
fb1fffe0.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jersey City側のフェリー乗り場は昔の駅舎を改造しているようで、中々趣きのある建物である
e81e17fe.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フェリー乗り場のハドソン川を渡った向こう側はグランドゼロである
現在は新しい建物を建設中であった。そしてその左側のかなり向こう側にエンパイアステートビルが見える
0ae2e148.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NYはビルが集合していて、綺麗に見える。5月に行った上海よりも好きな風景である

そうこうしているうちに、エリス島に到着
2b52ad31.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その昔、移民局が有ったところで、現在は博物館になっているようだ

エリス島には上陸せず次に進み、お待ちかねの自由の女神である
e8a591ca.jpeg

78b19afc.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間がなかったので、ここにも上陸せず、フェリー上からの眺めであったが、長旅の疲れを癒してくれるフェリー観光になった

NYでは打ち合わせを行い、その後は会社のあるメリーランド州に移動

ここでも打ち合わせを行い、帰国する前にご飯を食べに行く

その場所は、シーフードを食べたいとの私の要望を聞いてくれて、メリーランド州にある
「CHESAPEAKE INN」に行った
be73a1a8.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはヨットハーバーにもなっていて、レストランや釣りをする人たちなどで賑わっている

レストランの入口には、メリーランド州の花である
「メリーブラックアイズ(WikipediaではBlack-Eyed Susanと記述)」が咲いている
00750592.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランはこうなっている
3c4758c1.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜はエビやホタテ、もう一種類を注文
エビがプリプリしていて美味しい。
6dd772cd.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとはメインディッシュの「Crab Cake Sand」
ed9a17d3.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カニの身をこれだけ集めるには何杯のカニが必要なのか・・・?

とても大きくなんとか完食。ポテトにまぶしている赤いスパイスも絶品。

数日間のうちにこれだけの移動はつかれたが、久々のアメリカを楽しむことができた。
英語を堪能に話すことが出来れば、もうちょっと楽しめたと思うので、この意識が英語学習に活きれば良いと思う。

ちなみに帰国後に体重を測ったら、出張前と同じ値だったので、ひとまず安心。

ドイツにて

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

3月に出張でドイツ ミュンヘンに行ってきた。

実際にはミュンヘンから南東に車で40分くらいのところに行ってきたのだが、
ドイツはまだ寒いだろうという考えで衣服を用意していったが、ちょうどフェーン現象が発生し、気温は約15度と非常に暖かくなり、コートなどジャマにしかならなかった。

打ち合わせに出たアメリカの人らは半袖だったし、一人は更に半ズボンだった。
彼らにはいつもびっくりさせられる。

ドイツの古い町並みは非常にきれいで、趣のある建物がイッパイ
95f6f624.jpg

33dce0b2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは駅に関連する建物のようだが、中央に地名が書いてある。

行った場所は「シュリールゼー」という所で、観光地の様だ。

気温は暖かいのだが、さすがに標高も高いところなので、まだ湖はシャーベット状の所もあった
5ef92fdd.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真に見える山の更に向こうは、オーストリアだ。イタリアからオーストリアを越えて、暖かい風が送られている。

ドイツでは、食事が美味しくないとかよく言われるが、私の感想では、全くそんなことは無く、非常に美味しく食べることができた。特にパンは美味しく、好みの味である。
ホワイトソーセージは、何故かドイツ人は全く食べなかったが・・・。

そしてドイツと言えばビールである。
f3f705d1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァイスビールは昔から好みの味で、日本のビールよりもグイグイ飲むことができる。

毎晩、1.5リットル(3杯)は飲んでいたが、少ない方の部類で、他の人はもっと飲んでいた。

ホテルの近くに「シナプス(ドイツの蒸留酒)」を作っている所があり、そのシナプスを何度か飲んだが、相変わらず強い酒だった。6年前はシナプスを飲んで撃沈した記憶しか無かったが、今回は非常に美味しく、撃沈することは無かった。

日本に帰る前の日はミュンヘン市内に宿泊し、一人で過ごすことができたので(外国語から離れて心やすまる時間)、ちょっと地下鉄に乗ってミュンヘンの中央 「マリエンプラッツ」に行ってきた。
91a34759.jpg

e34b4ab8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここも相変わらず すごい迫力で、日本の古い町並みとは違った良い雰囲気を醸し出している。

最後に自転車乗りとして気になった所として、ドイツでは自転車乗りが多く見ることができた。
初めに宿泊したホテルの周りには、綺麗に舗装された道が多く、更に景色も申し分なく、ココで走ってみたいなと感じました。

ヨーロッパで自転車が流行る理由が分かった気がします。
(アメリカでも乗ってみたい気はしますが、ヨーロッパには雰囲気で負けますね)

そんな自転車乗りの為にも、可愛い信号が設置してあったので、撮ってみました
d7d4c721.jpg

0298bf2c.jpg