帰省ついでに由布院と別府まで

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

約四半世紀ぶりとなる高校の同級生と会うために大分まで帰ってきた

いつものごとく、それだけではもったいないということで自転車を積んで走ることを考えた。

 

今回のコースは実家のある大分市から国道210号を湯布院まで走る。その後は別府に抜けて、別大国道を走って実家まで走る道。

高校二年生の時に似たような道を走ったのだが、その時はママチャリでの走破だった。ちなみにその時に一緒に走った友達と同窓会で有ったが、自転車で走ったことは忘れていた・・・。

 

さて、晴れた日なら実家から由布岳が見えるので、「待ってろよ」的な意味も含み写真を撮ろうとしたのだが、その日は生憎の曇り模様で綺麗には見えなかった

P1030061

正面に由布岳と鶴見岳が綺麗に見えるはずだが、ちょこっとしか見えない

まあ、この道は由布院まで続いているがあまり面白くないので淡々と走る

P1030064

途中には3年前に久住方面に走っていった場所がある(当時はココを左折)。

 

更に淡々と走っていると由布院に到着です

P1030066

P1030071

ここまで来ると雲は若干晴れてて、綺麗な山が見える。

さて、更に駅に向けて走ると

P1030074

いろんな国の人々がごった返すところに到着。久々に来ると駅舎が小さく見えます。こんなだったっけ?でも、いつかはココをななつ星を乗って訪れたいです。

 

1人でこんなところにいてもなんか寂しいので次に進む。

次からは由布院と別府の間にある峠を超えなければならない。

P1030076

写真中央にある坂を上っていかなければならない

P1030078 P1030079 P1030081

写真と撮っては走り、撮っては走りとする

霧が出ている時だったら、この場所からの眺めは最高のはず。見たこと無いけど

 

P1030082

峠を過ぎてちょっと走ると正面に由布岳が近くに見える。

中学か高校の時にこの山を上ったんだが、何処から上ったのかの記憶が無い。結構苦労した気もするので中学の頃だったか・・・。

P1030084

更に進むと城島高原に到着。もちろん1人なのでなかに入ることはないのだが、高校の時に走った際の目的地の一つである。

木製コースターに乗った記憶がよみがえる

 

先に進むとやっとの下り坂

 

10代の頃にこの坂をママチャリで下っていたとは怖いもの知らずである

P1030087

そして、坂を下っていると硫黄の匂いがしてくる。そうです、やっと別府に到着です。

自動車で走っている時にはあまり気にならなかったけど、自転車ではもろに硫黄の匂いが鼻に入ってくる

P1030088

なかなか良い別府の写真が撮れなかったけど、ちょこっと湯気が出ているのが分かる。

 

さてココからは行きたかった場所の訪問

 

大分県でサッカーを嗜んでいた人には有名な場所「実相寺サッカー競技場」

特に高校の主要な試合はここで行われることが多く、大分駅から別府駅まで電車に乗り、それから歩いてここまで来ていたことを思い出す

当時は土のグラウンドだったけど、サッカー熱が盛り上がるときには芝生になっていたみたい。我々の時はまだ盛り上がっておらず観客もほとんどいなかった

P1030090

こちら側のゴールにマークしていたFWにCKからヘディングゴールを入れられた。

P1030091

その後チームは相手に追いついたが、その時には既に交代してしまっていたので、写真に見えるベンチに座っていた(ベンチは当時と変わっていないように見える)

そして、最終的にはPK戦で敗北し、高校サッカー生活が終了。

P1030093

ずっと来たかったけど来れなかった場所。

上にも書いたが、当時はサッカー熱もあまりなく、高校でのサッカー部の人気もあまり無かった。だが、最後の試合には何人かがわざわざ大分から試合を見に来ていた!!!

チームの皆もその応援が試合中の強みになっていたと思う。

今なら言える。ありがとう! m(_ _)m (覚えていたら良いのだが・・・)

 

今はもう脚の怪我によりサッカーは出来ないけど、またここでボール蹴ってみたい

 

さて、感傷に浸った後はお腹が空いてきた。

別府といえば、「冷麺」だそうだ。知らなかった。

と言うことで、事前に調べていてここから近くにある「天心軒」に向かう

 

まずは冷麺

P1030094

次にとり天

P1030095

とても美味しい。

でも、冷麺を注文した後に「スープが冷たい」事に気づいた orz…

この日は朝方に雨が降っていたので、前日に比べてちょっと冷え込んでいた。その状態なのに冷麺。周りの人も冷麺を注文していたので気にならなかったのだが、やはりちょっと寒かった。

でも美味しい。

次の機会には他の場所の冷麺を食べたい。そして、とり天や鶏の唐揚げも食べたい!

 

腹ごしらえも終り、別府らしいところを写真に収めたかったのだが、良い所が見つかる前に坂を下りきってしまっていた(どうせなら、自転車で地獄めぐりをするんだった)

と言うことで、別府といえば「別府タワー」を写真に撮り、別府を後にする

P1030099

その後は別大国道を大分に向けて走り

P1030105

P1030101

 

西大分から実家のある方面に向かう

P1030107

「かんたん」とは地名です。

途中にはこんなのぼりもあり(なんか大分チック)

P1030114

 

と言うことで、80kmを走り実家に帰ることが出来ました。

この次の日に同窓会に参加したところ、とても楽しく

「地元も良いなあ」と痛感した今日このごろ。

 

最高の景色!

P1030079-Edit-2

 

南こうせつと伊勢正三

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 猫達

何故か、南こうせつさんと伊勢正三さんの番組にグリが反応している。

大分出身者としては嬉しいが、グリが反応している訳を知りたい。さっきから鳴きっぱなし。
あと、「なごり雪」のイルカって彼らのカバーだったのね・・・。知らんかった。
大学時代にスケート部の後輩がなごり雪のロックバージョン(勝手に作った)をカラオケで歌っていた事を思い出す

大分への帰省 その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

山口県 湯田温泉に宿泊し、気持ち良い温泉を堪能した翌日
今度は山口県のもう一つの観光地(?)と考える「角島大橋」に向けて出発した
この橋はいろんなCMなどに使われているようで、かねてから行ってみたいと思っていた場所である。
湯田温泉からは殆どを下道を走り、約90分後に到着。
既に沢山の観光客でイッパイだった

橋の手前の小道を上ったところが一番の見晴らしポイントだった。ここは誰かのブログに書いてあった場所で、ここにも沢山の人が見に来ていた。
ここは本州から角島までの約1800mの橋であり、周りの海の色もとても綺麗で、海水浴にも「うってつけ」の場所であった(私は泳がないけど)
とりあえず角島まで走ってみたが、今回の目的は橋だったので、そのまま大分に向けてUターンした

途中「関門海峡」を通り、

実家に到着。
次の日には、日田方面に観光に出発(なんか車乗ってばっかし)
お昼には早かったので、朝倉にある「三連水車」を見に行く


この地域には、三隈川ー筑後川の流れを活用し、過去から水車の運用が盛んだったみたい。
でも、写真の水車は小さかったので、ちょっと拍子抜け。
でも、この地方のフルーツ(ぶどう、梨、マンゴーなど)は食べる価値ありです。
その後、日田まで戻り昼食となった
この日の昼食は「鮎料理」。三隈川沿いにある「鮎やな場」

ここで「鮎定食」を皆で食べる

鮎塩焼、鮎背ごし、鮎甘露煮、小鉢(鮎から揚げ)、鮎飯、鯉こく、漬物

全てが美味しかった。特に塩焼きは絶品。

他にも鮎寿司(こっち見んな)などもあり、鮎を堪能しました

ただ、日田は大分の中でも暑いところで、この日も38℃に達していて、嫁さんがダウンしてしまった。もっと涼しい日に行きたかった。
さらに、この日の夜の地方ニュースで、このやな場が取り上げられており、ちょっとの差で映らなかった様だった。残念・・・
この様に大分を堪能し、早いけどその次の日にはフェリーで四国まで渡り、兵庫まで帰ってきた

夏休み初日から、帰省を含めて1300kmの道のりを車で走り、とても忙しい日々だった。あと一日くらいは大分にいても良かったかと考える。

大分県 やまなみハイウェイを自転車で走ってみた

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 自転車

先週末、実家にヤボ用があった為に帰っていました。

ヤボ用だけ済ませてとんぼ返りではもったいないので、自転車を車に積み積みして大分県に車を走らせました。
さて、何処を走ろうかということなのですが、以前から考えていたやまなみハイウェイを走ることに決定。
実家は大分市と由布市の堺付近にあるので、家から由布院までも約30km。やまなみハイウェイもその近くということで、くじゅう連山を一周するルートを検討。

家に帰るまでに決めていたルートは、R210を西に進み、庄内あたりから芹川ダムへ抜ける道を走り、時計回りに山々を周る予定。

というルートを親に話したところ、芹川ダムの横よりも道が綺麗で幅の広いルートが有るとのこと。
「坂は?」
と聞いたところ、
「キツイところはない。ただ芹川ダムを上から見る事ができるよ」
との返事だったので、地元民の言う事をきちんと信用してそのルートに決定。

と言うことでスタート。ちなみに実家がある団地の標高は70m程度。

R210を走りだし、庄内に到着。
庄内は神楽で有名の様です。私が子供の頃はよく梨を買いに来ていました

久住高原方面へ進む

で、進んでいくと、急で長い坂が・・・

ハナシガチガウ

いつもは20km走るまでは力が出ないのに、この時の20km地点では標高600mの山の中にいます。
しかも、親との話に出てきた当初の予定の芹川ダム付近はかなり下(250mほど下)に見える

まあ、元気なうちに上っておけば、後のための貯金になると気を取り直して・・・
いたのだが、この後の20kmは標高600m付近で50から100mのアップダウンが続き、体力を削っていく。これはキツイ。どんどん気力がなくなっていくのが分かる

唯一、風景が癒してくれる。

正面に阿蘇山がちょっと見える(この日はPM2.5や花粉などで、綺麗に見えなかった)。

心折れながら進んでいくと、やっとくじゅう連山が見えた。

真っ直ぐが久住方面です。正面に見える山を回ります。

この時点でかなり疲れており、ある家の前で休んでいると、その家のおばちゃんにパンを2個もらいました。

りんごパイを2個

疲れた心が癒されていきます。目からなんか汗が・・・

直ぐに補給をし、更に進んでいくことでどんどん近づいて行き、その山々の大きさに感動

大分県人なら、一回は行ったことがあるのではないかと思います。
私は小学校から高校までキャンプなどで何度も登っており、そこに自転車でくることができるとは思ってもいませんでした。

と、考えているのですが、まだ到着していません。更に休みながら進んでいくと、やっとやまなみハイウェイまで到着

ここは瀬ノ本と言う所で、左に行けば阿蘇山、真っすぐ行けば黒川温泉、右に曲がればやまなみハイウェイの牧ノ戸峠に進むことができる。

家からここまでの距離は約55km
通常ならば、特に問題のない距離だが、この時点の獲得標高は約1600m。標高は約970mなので余分に600mも上っている。更にここから牧ノ戸峠までまだまだ上る。

心は既に折れているが、ここまで来て上らない訳にはいかない
えっちらおっちらと上っていく。足がついたらそこでおしまいなどとは考えない。どんどん足をついて休みながら上っていって、やっとこさ本日の最高地点である

牧ノ戸峠に到着

まさかここまで来るとは。

とりあえず家に電話だ。と思ったけれどもやはり圏外。
孫さん やまなみハイウェイは電波を通してください。

ここでは標高が高いこともあり、
冬の時期に自転車で走る所ではありません。
寒いので、肉まんだけ食べて直ぐに下る。

右手に星生山や三俣山を見ながら下るのは格別。余りにも感慨無量だったことと、自転車を止める場所が見当たらなかったことと、寒かったことで写真はなしです。

そして長者原まで下って、振り返ると

良い景色が見えます

ここ長者原でやっとレストランが有ったので、遅い昼食を食べる

やっぱりここでもカツカレー
自転車に乗っている時のカツカレー率が高すぎる。

ゆっくり食べて、この道を噛み締めながら先を進む

このままこの道を進み由布院まで行ってもよかったが、思ったより時間を使っていたので、最短で帰ることにした。

この交差点を右に回り、阿蘇野を通過して庄内に向かう。

途中には、俳優の榎木孝明さんの美術館があったり

木彫りのV3があったりと、この付近はいろいろと楽しめます

大分県に来ることがあったら、一度は通ってみてください。
四季を通じていろんな風景を見ることができます。

次は、夏にでも森部の人達と由布院や別府も含めて走りたいです

走行距離:約110km
獲得標高:約2300m

 

 

大分県 姫島産 車海老を食す

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

クリスマスプレゼントとして実家から「大分県姫島産の車海老」が送られてきた

大分県以外の人が知っているかどうかは分からないが、姫島は車海老で有名。
大分に住んでいる時には食べたことが無い(と思う)。
IMG_0723.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

オガクズに入っているなんて、なんて高級。

まだ生きているって言っていたので、箱のなかをさぐってみたら・・・
IMG_0728.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

いました。そして元気でした。

どのようにするのが良いか悩んでいたけど、新鮮なものは新鮮なうちにと言うことで、全て刺身で食べることに決定。
エビたちを冷たい水で洗い
IMG_0730.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

皿に並べていく。
IMG_0733.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の部分は「鍋焼きうどん」のダシにする。

このエビに合うようにハンガリー産の白ワインを買ってきた
IMG_0740.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

エビは弾力があり、臭みもなくとても美味しかった。

やはり刺身は最高。

夏休み中の出来事

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: その他

夏休みには実家のある大分に帰省してきました。

ちょうど帰ったその日に大分市の花火大会があり、夕ご飯だけ食べて親に送ってもらいました。
花火大会に行くのは、たしか高校生の時以来でかなり久々な感じがします。

今回の花火大会はちょうど何かの125周年記念大会だったようで、いつもの年よりも多くの花火が打ち上げられています。約10,000発で大分市にしては頑張っています
a75fad3b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花火の写真を撮るのは非常に難しかったのですが、何枚かは良い写真が撮れています。

そして変わった花火も多く打ち上げられていました。

<猫>
96f29393.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ハート>

3e090af9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<大分県として有名なしいたけ なのかこれ?
1dc125a0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は赤穂市の花火がなかったので、花火を見れてよかったです
774ebe48.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次の日には、海の方に行ってみようということになって、
「つくみ イルカ島」に行ってきました

ここは、津久見市の近くで網にかかったイルカを保護し、数匹に芸を仕込んでいるところのようです。
イルカショーを行ったのはその中の4頭のイルカたちでした
c6d3e0c6.jpg

a6d7f885.jpg

b28b05c6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではあるストーリーに沿ったショーを行い、観客をわかせていました。

今回のストーリは「海賊+手下のイルカたち から、子供たちが財宝を守る。」とモノです。
子供の中にはワンピースのTシャツを着ている子もいて、海賊にいじられていました。

この場所は別府市と大分市の間にある水族館「うみたまご」の別館のようなところです。
津久見市という大分市から離れた場所にあるにもかかわらず、人がたくさん来ていました。
ここではショーの他にも、イルカに餌をあげたり、クルージングしたりとイルカを満喫できるところでした。

最後にそのまま大分県を南下し、宮崎との県境である蒲江市にやってきました。
ここが今回の目玉である「蒲江 海鮮丼」です。
やはり食い気に負けるものはありません。しかも大分と言ったら海の幸が有名です。海の幸と言ったら蒲江でしょう。
7355e910.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで食べた物は
「りゅうきゅう:大分に来る直前にTVで紹介されていた料理です」
55da41e5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あわび海鮮丼:あわびは蒸しか刺身を選べます」
ca76ccd0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「雲丹重:メニューにある写真よりも雲丹が少なかったけど、美味しかったので良しとします」
a958032b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の帰省では大分県を満喫しました。

今度は、大分県最大の名所である温泉巡りでもしようかと思います。