岡山空港周辺 ヒルクライム練習

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 自転車

2週間後の日曜日に「乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム2014」をひかえ、会社のいつものメンバーで岡山空港周辺でヒルクライム練習に行って来た。

 

何故、この場所を選んだかというと、

・坂がある(コレがないと意味が無い)

・美味しいハンバーグ食べたい

・おいしいジェラート食べたい

と言う私の希望に叶う場所だったから(下の2つはヒルクライムと全く関係ない)

 

岡山空港の東側の坂の下に集まり、岡山空港らへんを最南端、建部を最北端とし、時計回りで坂をめぐる練習になった

全体を通していろんなチーム練習に遭遇し(みんな速い。もしくは速そうに見える)、今日が自転車日和だったことが分かる。

 

岡山空港から北上するルートでは

1

こんなところを通っていく。

これらの坂のダウンヒルの途中ではフロントのチェーンが外れ、それをダウンヒル中に調整しようとしたが、チェーン自体が前出の「ビッグプーリー」からも外れてしまう事象が発生。

今のビッグプーリー部分はディレイラーのガイド部分よりもプーリー直径の方が大きいため、フロントのチェーン落ちによりチェーンの走行位置がずれてしまい、ガイドのないプーリー部分でもチェーン外れしてしまったようだ。

フロントのチェーン落ち自体は修正が必要だが(その時はマイナスドライバーがなかった)、ディレイラー部分も何らかの改造が必要と考える

 

気を取り直して、それらの坂を下った場所にあるAコープで休憩

1 (1)

1 (2)

 

その後、R484を上っていき、峠に到着。

1 (3) 1 (4)

箱根駅伝に出てきそうな名前。

ココらへんではチーズの美味しいところがあるらしい。でも生なので自転車で持って帰ることは出来ないし、そもそも11時半には売り切れてしまうらしい。今度は自動車で来てみようと思う

 

その後は、森のなかをそのまま建部に進み

1 (5)

昼食の場所である「Yamada Deli」に到着

1 (6) 1 (7)

ここは精肉店が隣にあり新鮮な肉を使った料理を食べることができる

 

今日はハンバーグを食べることが目的だったが、他のメニューにも心を奪われかけている自分がいる・・・(タンシチューとか)

しかし、初志貫徹と言うことで、「チーズハンバーグ」を食すことにした

1 (8)

とても美味しい。見た目よりもあっさりしていたが、肉汁がジューシー。

しかも、ごはん大盛り無料。素晴らしいです。

 

次はハンバーグ以外の料理を食べてみたいです

 

おなかがいっぱいになった後は旭川を若干南下し、建部駅の南から「御津スポーツパーク」までショートカットする坂を上る(今日は坂練なので坂ばっかりです)

もう出発地点にも近いのですが、まだ目的のジェラートを食べていません。ここから目的地を「まつだ牧場」に設定し、最後の坂を上っていきます(全長約4km)。

初めの2km程度は4−6%の坂なので安心していましたが、残りの2kmにラスボスが待ち構えていました。

この疲れている体に10−15%の坂はこたえます。STRAVAのsegmentでは「裏まつだ牧場」と設定されており、ゆっくり走ったとはいえ8人中6番目。平均時速8.3km/hr。とても遅かった。

 

まあ、でも、なんとか上りきり、念願の松田牧場です

1 (12) 1 (10) 1 (13)

ここのジェラートは私好み(ダブル コーン:チョコレート & 甘夏)。

甘いモノをお腹に入れて今回の練習は完了です(後は下るだけ)

 

最後に、「ビッグプーリー」の感想ですが・・・、

足が回るようになった感じがするかもしれない(プラシーボ?)

楽に坂を上ることができるようになった様な感じもするかも(プラシーボ??)

と言う感じでした。楽になっているのは確かなのでちょっとは効果あるかも。だけれども、岡山空港を上る道では自己最高とはならなかったので(他の場所では自己最高あり)、まだまだよく分からんと言う状態ですね。

よく走る道を数回走ることで、その効果を検証したいと思います。

 

さあ後2週間

 

大分への帰省 その2

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

山口県 湯田温泉に宿泊し、気持ち良い温泉を堪能した翌日
今度は山口県のもう一つの観光地(?)と考える「角島大橋」に向けて出発した
この橋はいろんなCMなどに使われているようで、かねてから行ってみたいと思っていた場所である。
湯田温泉からは殆どを下道を走り、約90分後に到着。
既に沢山の観光客でイッパイだった

橋の手前の小道を上ったところが一番の見晴らしポイントだった。ここは誰かのブログに書いてあった場所で、ここにも沢山の人が見に来ていた。
ここは本州から角島までの約1800mの橋であり、周りの海の色もとても綺麗で、海水浴にも「うってつけ」の場所であった(私は泳がないけど)
とりあえず角島まで走ってみたが、今回の目的は橋だったので、そのまま大分に向けてUターンした

途中「関門海峡」を通り、

実家に到着。
次の日には、日田方面に観光に出発(なんか車乗ってばっかし)
お昼には早かったので、朝倉にある「三連水車」を見に行く


この地域には、三隈川ー筑後川の流れを活用し、過去から水車の運用が盛んだったみたい。
でも、写真の水車は小さかったので、ちょっと拍子抜け。
でも、この地方のフルーツ(ぶどう、梨、マンゴーなど)は食べる価値ありです。
その後、日田まで戻り昼食となった
この日の昼食は「鮎料理」。三隈川沿いにある「鮎やな場」

ここで「鮎定食」を皆で食べる

鮎塩焼、鮎背ごし、鮎甘露煮、小鉢(鮎から揚げ)、鮎飯、鯉こく、漬物

全てが美味しかった。特に塩焼きは絶品。

他にも鮎寿司(こっち見んな)などもあり、鮎を堪能しました

ただ、日田は大分の中でも暑いところで、この日も38℃に達していて、嫁さんがダウンしてしまった。もっと涼しい日に行きたかった。
さらに、この日の夜の地方ニュースで、このやな場が取り上げられており、ちょっとの差で映らなかった様だった。残念・・・
この様に大分を堪能し、早いけどその次の日にはフェリーで四国まで渡り、兵庫まで帰ってきた

夏休み初日から、帰省を含めて1300kmの道のりを車で走り、とても忙しい日々だった。あと一日くらいは大分にいても良かったかと考える。

大分への帰省 その1

投稿日: コメントを残すカテゴリー: その他

蒜山サイクリングの次の日、ちょっとダメージを受けている左足を引きずりながら実家のある大分へ帰省した
但し、今回は久々の途中で宿泊するパターン。
楽天トラベルのランキングでご飯の美味しい旅館を探して、予約していた。
場所は山口 湯田温泉。ここから約300kmの道のりである。
朝9時頃に赤穂を出発し、岡山を通過するまでは順調に進んでいたが、広島の本郷から西条の先までの約20kmの渋滞発生。
盆時期はここらへんでいつも渋滞する。
このまま待ってもストレスが溜まる一方なので、ナビとにらめっこしながら下道を走って行く。近くの国道2号は渋滞していることが予想されるので、最初は中国自動車道まで走ろうと思っていた。しかし、ちょっと遠すぎるので県道を選ぶ。
山の中を走って行き志和ICにて山陽自動車道に復帰した。その後は目立った渋滞もなく、山口市に15時に到着。旅館にチェックインするにはちょっと早いので、近くにある「秋芳洞」に行く。
前日のサイクリング時に、秋吉台に行くと言ったら、Yさんから「それなら鍾乳洞に行かねば」と言われ、カルスト台地の下にある秋芳洞を目的地に設定していた
外気温は35℃を超える猛暑。でも、鍾乳洞の中は17℃前後ととても涼しかった





鍾乳洞の中が非常に広くて、そして観光客が多くてびっくり。さすが山口にある有名な観光地の一つ。
また猛暑の中に戻り、旅館に向け出発。そして、温泉に入ったあとにおまちかねの夕食







量もちょうどよく、見た目も味も満足できる内容でした。
夕食も朝食も、両方共とても美味しかった。
大分への帰省 その2に続く。

若杉原生林 に行ってみた

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

仕事に疲れた心を癒しに嫁と「若杉原生林」に行ってきた。

ここは昔に行ったこともあるが、展望台までは登っていないので、森林浴をするために11時ころに赤穂を出発。

5月に鳥取砂丘往復をした時の往路である西粟倉村を車で走る。やはり車だと直ぐ到着
ちなみに、鳥取砂丘完全往復では往路120km、復路140kmを走り、最長到達距離を260kmに伸ばした。
写真は鳥取の河原城と鳥取砂丘


自転車で走っている時には、いつも朝早い時間にしか休憩しない西粟倉村「あわくらんど」で昼食を初めて食べる


美味しかった。
自転車で走るときにも良いかもしれない。

そして、原生林までは、ここからもうちょっと北に進み、鳥取の玄関「志戸坂トンネル」の手前を東に進んで坂を登り切ったところにある

車に木々が映って良い感じ

ここは岡山県の吉井川の源流がある

ここから約2kmほど山を登る。と思ったら・・・

出るみたいです。鹿や猿や猪は自転車で走っていたら遭遇することもあるけど、はない。
ちょっと二人でいつもより多く喋りながら山の中を進んでいく。

ここから気持ちのよい山の中を堪能







長い距離は歩いていないけど心地よい疲れがあり、そして目にも優しく、空気が綺麗でとてもよい場所でした。

相生 魚稚で海鮮親子丼を食す

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 地域

かな〜り前にもブログで紹介したのだが、GW中で天気が良かったので相生市にある「魚稚」さんに行ってきた。

ここは海鮮バーベキューも可能だが、前回と同様に「海鮮親子丼」を注文。

サーモンといくらが贅沢にのった鮭の親子丼である。

そして今回はカキフライも追加

この日は風が強かったが、天気がとても良く、気持ちのよい青空の下で食べることが出来た。

最近、日生や備前でも海鮮丼を食べ歩いでいたが、ここのがこのへんでは一番美味しいのではと思う。
ネタはもちろんのこと、御飯も美味しい。これ重要。

家からは車で20分くらいだし、自転車でもよく走る道のそばなので、また来ようと思う。

赤穂から瀬戸大橋へ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 自転車

まだ花粉が残っているけれどもロングライドに適した季節がやって来ました。

と言うことで、朝から瀬戸大橋に向けて走って来ました。
ちなみに道中の写真はありません。

まずは赤穂から備前に行きます。
備前から西大寺へは吉井川の横を黙々と走ります。
10年ぶりくらいに児島湾大橋を渡り、宇野港、そして児島、最後に瀬戸大橋付近へと到達です。
特に宇野港から児島までの海岸線と瀬戸大橋付近は走っていてとても気持ちよかった。

そして、瀬戸大橋

やはり瀬戸大橋は長くて綺麗ですね。
道の駅とか有ってくれたら良かったのだが、ここも10年以上ぶりに来たので道理がわかりません。
と言うことで、直ぐに帰ります。

復路は違う道を走りたくなって、地図を見ながらいろいろと走ったのですが、何故か児島の同じ道についてしまった。しかたがないので、無理やり違う道を行くと山の中を走ってしまい、無駄に力を使ってしまったorz…

でも、結構なショートカットにはなったので、最終的には良かったのかも。

そんなこんなで黙々と走っていたのですが、お昼ごはんを何処で食べようか悩んでいました。
悩んでいたらどんどんハンガーノック気味になってきたのだが、
そしてやっと見つけたのが、伊部の街中にあるお店を発見

特に備前バーガーの文字に惹かれ、早速注文(スペシャルセットで1000円です)

とても美味しかった。空腹に染みていきます

このスペシャルメニューには、「しょうゆぶっかけソフトクリーム」がついてきます

ソフトクリームに醤油の甘露煮みたいな物をかけて、更にわさびやきなこをトッピングして食べます。
和風なソフトクリームでこれもまた美味しかった。

と言うことで、180kmのロングライドが終了。
本当は、200kmを目指したのだが、途中でショートカットしたのとかで20kmほど足りませんでした。
まあでも満足。

次はやっぱり「鳥取砂丘往復ふたたび」か「京都嵐山リベンジ」だろうか・・・?